Webデザイナーとは?平均年収や将来性を解説

Webデザイナーとは

「Webデザイナーとはどんな仕事?」と悩んでいませんか?

Webデザイナーは主にWebサイトのデザインに関わる仕事です。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、Webデザイナーの仕事内容や今後の将来性などについて解説します。

Webデザイナーとは?仕事内容を解説

企業によって違いはありますが、基本的にWebデザイナーはクライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当する職業です。

Webデザインの基本的な流れ

  • STEP.1
    構成・レイアウト決め
    要求分析

    クライアントの要望をもとにWebサイトの大まかなレイアウトや配色、キービジュアルなどを決めます。

  • STEP.2
    クライアントに確認
    Webサイトの大まかなレイアウトが決まったら、実制作に入る前にクライアントに確認します。
  • STEP.3
    素材作成
    構成に関してOKが出たら、次はIllustratorやPhotoshopを用いてバナー画像やアイコンなどを作成します。
  • STEP.4
    コーディング
    プログラミング

    HTMLやCSS、JavaScriptなどを用いてWebサイトを構築していきます。

    分業が進んでいる会社だと『マークアップエンジニア』や『フロントエンドエンジニア』がこの作業を担当する場合があります。

  • STEP.5
    クライアント確認・納品

    基本的には完成までに何度かクライアントのチェックが入ります。

    Webデザイナーは1ピクセル単位での修正を求められるので、正確な作業が求められます。

業務内容は企業によって異なる場合が多く、レイアウトや構成は『Webディレクター』が担当し、Webデザイナーは素材の作成のみといった場合もありますので注意が必要です。

Webデザイナーの仕事

  • クライアントの要求をヒアリングする
  • ヒアリングを元にWebサイトの設計・レイアウトを行う
  • 画像などの素材制作をする
  • コーディングをする

WebデザイナーとUIデザイナーの違いは?

WebデザイナーってUIデザイナーとはどう違うの?

田中くん

どちらもデザインをするという点は共通していますが、専門性が異なります。
UI (User Interface)
ユーザー・インターフェースの略。製品とユーザーが触れる部分(アプリの画面など)を指します。

各職種の違い

  • Webデザイナー・・・基本的にはWeb媒体のデザインをする
  • UIデザイナー・・・アプリのUIデザインも行う。

Webサイトの見た目も「ユーザーとの接点」なのでUIと言えますが、WebデザイナーはアプリのUIを担当しないことも多いです。

定義は企業によって異なりますし、曖昧なので注意しましょう。

Webデザイナーの平均年収

Webデザイナーの平均年収

年齢平均年収男性平均年収女性平均年収
20代349万円350万円349万円
30代550万円465万円643万円

データ参考 : マイナビエージェント

Webデザイナーの平均年収は低い水準ですが年収アップ率は高く、30代での平均年収は550万円となっています。

Webデザイナーは女性の平均年収が高いことが特徴的ですが、理由としては、男性の場合『Webプロデューサー』や『Webディレクター』へとキャリアアップしていくことが挙げられます。

一方、女性の場合は色彩感覚などを活かしてデザインの現場でキャリアを積む傾向があります。

化粧品や美容系のサイトなど、女性ならではの感性が活かせる場面が多いので、女性はWebデザインの現場で活躍できます。

しかし、Webデザイン自体の低価格化が進んでいるため、企業によって給与に差があるのは確かです。

平均年収に比べて明らかに低いと感じる場合は積極的に転職を考えるべき職種でしょう。

【2018】IT・Web業界への転職で利用すべき転職エージェントランキング

Webデザイナーの将来性

Webデザイナーの将来性はどうなのかな?

田中くん

将来性に不安が残りますが、よりマルチなスキルを身につけることで長期的な活躍ができる職業です。

Webスクールなどが増えるにつれて、Webデザイナーになる敷居は大きく下がり、競争も激化しています。

また、無料でそれなりのWebサイトが作れるサービス(Wixなど)が出てきたため、案件の単価は低下傾向にあります。

そのため、Webデザイナーとして年収アップを目指す場合はプログラミングの知識を身に着けて『フロントエンドエンジニア』に転向するなどが必要でしょう。

近年はWebサイトに動画を用いることも増えてきたので、映像の知識を持っておくと今後役立つかもしれません。

Webデザイナーに必要な知識・スキル

Weデザイナーが身につけるべきスキル

WebデザイナーはPhotoshopやIllustratorといったアドビ製品の基本的なスキルに加え、コーディングまで行う場合はHTMLやCSS、JavaScriptの知識が求められます。

また、レイアウトや配色などのデザイン知識ももちろん必要で、細かな修正に対応する集中力と根気も必要な職業です。

Webデザイナーになるために資格は必須ではありませんが、資格を取得しておくことで転職や業務上で大きなアピールポイントとなります。

アドビ認定エキスパート(ACE)』などのアドビ製品のスキルを認定する資格を中心に、『ウェブデザイン技能士』などWebデザインに関する資格を取得しておくと良いでしょう。

Webデザイナーが取得しておきたい資格

  • ウェブデザイン技能士
  • Webクリエイター能力認定試験
  • Photoshopクリエイター能力認定試験
  • Illustratorクリエイター能力認定試験
  • アドビ認定エキスパート(ACE)

まとめ

この記事のまとめ

  • WebデザイナーはWebサイトのデザインをする仕事
  • 案件は増加傾向だが、単価は安くなっているので将来性は薄い
  • 年収アップを狙うならフロントエンドエンジニアやWebディレクターへの転向も考慮する
  • 企業によって業務内容が大きく異なるので応募の際は注意する

Webデザイナーの将来性は薄いと言われがちですが、ホームページのリニューアル案件など、案件自体は増加傾向です。

しかし、今後生き残っていくためにはデザイン力に加えて他のスキルも重要になっていくでしょう。

例えば、写真やカメラの知識があれば商品素材の撮影やフォトレタッチなどの業務にも携わることができます。

幅広い知識があることで参加できるプロジェクトも増えるので、重宝されるWebデザイナーになれるでしょう。

あわせて読みたいコンテンツ

WebディレクターとはWebディレクターとはどんな仕事?オススメの転職エージェントもご紹介

Webディレクターの仕事内容や年収について解説しています。

WebエンジニアとはWebエンジニアとは?平均年収や将来性を解説

Webエンジニアの仕事内容や年収について解説しています。

WebプランナーとはWebプランナーとは?平均年収や将来性を解説

Webマーケターの仕事内容や年収について解説しています。