アートディレクターとは?平均年収や将来性を解説

アートディレクターとは

「アートディレクターとはどんな仕事?」と悩んでいませんか?

アートディレクターは主にクリエイティブ全体を統括する職業です。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、アートディレクターの仕事内容や今後の将来性などについて解説します。

アートディレクターとは?仕事内容を解説

アートディレクターは広告制作などの際にリーダーとなり、デザイナー、コピーライター、プランナーなどをまとめ、全体を指揮する職業です。

クライアントの意向に沿う必要はありますが、自分のアイデアを作品に反映させることができ、作品がどのようにユーザーに影響したかが見えるため、多くのデザイナーがアートディレクターを目指します。

そのぶん責任は重いですが、コンセプトづくりから完成まで携われることが魅力です。

以下では具体的な業務の流れを見ていきます。

アートディレクターの業務の流れ

  • STEP.1
    訪問・ヒアリング
    要求分析

    クライアントを訪問し、要望などをヒアリングします。

  • STEP.2
    コンセプトメイキング
    ヒアリングを元に、クリエイティブでクライアントの課題をどのように解決するのか、大まかなコンセプトを作成します。
  • STEP.3
    スタッフ選定(スタッフィング)

    制作物に応じて適切なデザイナーやフォトグラファー、コピーライターといったスタッフを配置します。

  • STEP.4
    企画作成
    コンセプトメイキング

    スタッフと相談しながら、具体的な制作の方法やイメージビジュアルを明確にします。

    制作の方向性が決まったら、クライアントに企画意図などをプレゼンして承認を得ます。

  • STEP.5
    制作
    企画の承認が得られたら、制作に入ります。

    アートディレクターは、制作物がコンセプトから外れないように常に一貫した姿勢で現場を統括しなければなりません。

    スケジューリングやコスト管理もアートディレクターの仕事ですので、制作現場全体を俯瞰して見るスキルが必要になります。

  • STEP.6
    修正~納品
    制作が終了したら、クライアントによるチェックと修正を繰り返していきます。

    最終的にクライアントの合意が得られたら完成となります。

業務の流れを見ると、アートディレクターはクライアントと現場の橋渡しのような存在であり、予算やスケジュールを管理しつつも、制作スタッフのパフォーマンスを最大限に引き出さなければなりません。

アートディレクターが統一した見解を持つことで、制作物にも一貫性が生まれてクオリティがアップします。

アートディレクターはクリエイティブのトップにいる存在なので責任が大きいですが、クリエイティブの全工程に携われるので、達成感ややりがいを感じられる職業でしょう。

アートディレクターの平均年収

アートディレクターの平均年収

データ参考 : doda

アートディレクターの平均年収は経験に応じて大きく差があり、制作会社勤務でも400万〜800万とバラつきが見られます。

自分でデザイン事務所を開くほどの知名度があれば、年収1,000万円を超えることも珍しくないでしょう。

デザイナー関連職の中では高収入が見込める職業ですが、そのぶん多くのクリエイティブな仕事を熟知している必要があります。

アートディレクターに必要な知識・スキル

Weデザイナーが身につけるべきスキル

まず、アートディレクターになるにはデザイナーとしての実務経験が必須です。

制作の全体を把握する職業ですので、デザイン知識はもちろん、写真やタイポグラフィ、コピーライティング、映像、インスタレーションなど幅広い分野の知識が必要とされます。

また、クリエイティブチームをまとめるためのマネジメント力やコミュニケーション能力、予算管理などディレクターやプロデューサーとしてのスキルも必要になります。

アートディレクターになるために資格は必須ではありませんが、前述のように幅広い知識が必要なので、資格を取得しておいて損は無いでしょう。

アートディレクターが取得しておきたい資格

  • 色彩検定
  • カラーコーディネーター検定試験
  • レタリング技能検定試験
  • DTPエキスパート
  • Photoshopクリエイター能力認定試験
  • Illustratorクリエイター能力認定試験
  • アドビ認定エキスパート(ACE)

アートディレクターの将来性

アートディレクターの将来性はどうなのかな?

田中くん

アートディレクターになるには大変な下積みが必要ですが、実績を残し続ければ、指名で仕事が来ることもあるでしょう。

しかし、責任の重い職業ですので、常に素晴らしい作品を作りつづけて信頼を獲得することが大切です。

まとめ

この記事のまとめ

  • アートディレクターはクリエイティブ全体を統括する仕事
  • 高年収が狙える職業だが、なるためには経験と実績が必要
  • デザインだけでなく、幅広い知識が求められる

アートディレクターという職業は、多くのスキルが求められ、大きな責任を問われる職業ですが、そのぶんやりがいや達成感を大きく感じられる職業です。

アートディレクターになるためには実務経験が必須なので、まずは「グラフィックデザイナー」などからキャリアをスタートすると良いでしょう。

あわせて読みたいコンテンツ

グラフィックデザイナーとはグラフィックデザイナーとは?平均年収や将来性を解説

グラフィックデザイナーの仕事や平均年収について解説しています。

パッケージデザイナーとはパッケージデザイナーとは?平均年収や将来性を解説

パッケージデザイナーの仕事や平均年収について解説しています。

エディトリアルデザイナーとはエディトリアルデザイナーとは?平均年収や将来性を解説

エディトリアルデザイナーの仕事や平均年収について解説しています。