CGデザイナーになるには?未経験や独学でもなれるの?

CGデザイナーになるには?_サムネイル

「どうすればCGデザイナーになれるの?」と悩んでいませんか?

一概にCGデザイナーと言っても、業界や求められる成果物によって仕事内容はさまざまです。

3Dオブジェクトを作成するモデラーや、3Dモデルに動きを付ける3DCGアニメーターも大きなくくりで言えば「CGデザイナー」と言えるでしょう。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、CGデザイナーへのなり方やCGデザイナーを目指す上でうえで身に付けておきたいスキルについて解説します。

CGデザイナーの仕事内容はどのくらい分業されているかで異なる

まず知っておかなければならないのは、CGデザイナーという職業は業界や会社によって大きく役割が異なるという点です。

CGが使われる分野は、TV、広告、アニメ、映画、遊技機(パチスロ)など多岐に渡り、非常に需要が多い職業です。

CGデザイナーといっても、その中でさらに業務が細分化されていることがほとんどです。

日本では中小企業にCGデザイナーとして採用されると、CG業務全般に取り組むことが多く、大手の場合はかなり分業されている傾向があります。

CGデザイナーの中でも細分化すると多くの職種があります。その中で一般的なものは以下のものです。

  1. 3Dモデルを作る『3Dモデラー』
  2. 3Dモデルに動きをつける『3DCGアニメーター』
  3. CG全般作業を高いレベルでこなす『ジェネラリスト』

以下では、それぞれの職業について簡単に解説していきます。

1.3Dモデルを作る「3Dモデラー」

3dモデラー

3Dモデラーは3DCGソフトを駆使して、3Dモデルを作る職業です。

MEMO
3Dモデルを作る作業のことを「モデリング」といいます。

3Dモデラーは『Maya』や『3dsMax』というソフトを用いて立方体や円から物体を作ったり、粘土をこねるように作っていたりと手法は様々ですが、空間把握力とデッサン力(造形力)が求められる職種です。

モデラーの中でも、キャラクターに特化したキャラモデラーや、背景モデリングに特化した背景モデラーというように細分化されている場合もあります。

2.3Dモデルに動きをつける「3DCGアニメーター」

3DCGアニメーター

モデラーが作成した3Dモデルに対して、動き(アニメーション)をつける人を3DCGアニメーターと言います。

更に細分化されているところでは、3Dモデルに対して動きをつけやすいように調整するセットアップアーティストと呼ばれる人もいる場合があります。

アニメーターの中でも、表情のアニメーションに特化した「フェイシャルアニメーター」など様々な職種が存在します。

3DCGアニメーターの仕事内容の詳細は『3DCGアニメーターとは?』にて解説していますので、あわせてご覧ください。

3DCGアニメーターとは3DCGアニメーターとはどんな仕事?オススメの転職サービスもご紹介

3.CG全般作業を高いレベルでこなす『ジェネラリスト』

映像クリエイターの中でも、CG制作に加えて編集など、映像全般の作業を高いレベルでこなす人のことを『ジェネラリスト』と呼びます。

将来的に映像ディレクターを目指している人は、ジェネラリストの方が多いですね。

ジェネラリストは出来る分野が多岐に渡るので、企業にとっては非常に重宝されますが、どのスキルも中途半端の器用貧乏になってしまわないように注意が必要です。

CGデザイナーになるには美術大学や専門学校を出るのが一般的

CGデザイナーに学歴や資格は必要あるのかな?

田中くん

CGデザイナーになるためには学歴や資格などは必須ではありません。しかし、デザインやCGの基礎を学んでおくことで業界には入りやすくなります。

CGデザイナーになるには、一般的に以下の3つのパターンがあります。

  1. 美術大学を出る
  2. 専門学校・スクールを出る
  3. 未経験から派遣社員などで業界に入る

美術大学出身の人はデザイン事務所などに就職する人が多いので、CGデザイナーになるには専門学校や各種スクールに通っておくといいでしょう。

3DCGの学科を設置している専門学校は『HAL東京』『日本工学院』などがあります。

CGデザイナーには独学・未経験でもなれるの?

CGデザイナーを独学で目指すことは可能なの?

田中くん

専門学校などに通わないで独学でCGデザイナーになることは可能です。ですが、かなり少数だと言えるでしょう。

結論から言えば、独学でCGデザイナーになることは可能です。

しかし、自分でCG制作のソフトを購入したりするのがまず大変ですし、就職の際に作品を見てもらうには、どんどん自分のスキルを売り込んでいかなければなりません。

専門学校などに通っていると企業とのつながりがあったり、卒業生の就職先から声が掛かったりと、就職の間口はとても広いです。

そのため、独学からCGデザイナーを目指す場合は相当な努力が必要だと言えるでしょう。

CGデザイナーになるために学んでおくべきこと

テキストなどで3DCGソフトの基礎知識を学ぶ

CGデザイナーは「Autodesk Maya」「3ds Max」「MAXON CINEMA4D」などの3DCGソフトを駆使して作品をつくっていきます。

ソフトのオペレーションは実際に手を動かして作品作りをするのが上達への近道ですが、どんなソフトがあるか、それぞれのソフトの特徴などは知っておいて損はありません。

実際に手を動かす前にテキストなどを読み込んでおくと、ソフトへの慣れも早くなるでしょう。

デッサンを練習して空間認識力を鍛える

CGデザイナーにデッサン力って必要なの?

田中くん

CGデザイナーは必ずしも絵が上手い必要はありませんが、デッサンは3D空間上でCGを作る良いトレーニングになります

3Dモデラーの場合は特にそうなのですが、3D空間でCGを作るのには空間認識力が必要です。

空間認識力を鍛えるために有効なのがデッサン。デッサンでは物を注意深く観察するため、観察力も磨かれるのでオススメです。

「自分は絵が下手だから・・・」と諦める人も多いのですが、これが第一歩だと思って練習してみると良いでしょう。

素晴らしいCG作品にたくさん触れる

いい作品を作るには、いい作品を知らなければいけません。

そのため、なるべく多くの映像作品に触れておくといいでしょう。

良質な作品を多く脳にインプットしておくと、いざ自分がCG制作をするときのアイデアや目標になったりします。

CG作品で特にファンが多いのは『Pixar』やミニオンシリーズを作っている『イルミネーション・エンターテインメント』でしょう。

私もこれらの映像作品の大半は観ましたが、なかでもPixarのショートムービー集は知る人ぞ知る名作揃いです。

CGデザイナーを志すならぜひ一度は見てみると良いでしょう。

まとめ

この記事のまとめ

  • CGデザイナーになるには専門学校経由が一般的
  • 独学・未経験でもなれるが厳しい努力が必要

CGデザイナーは、映像制作やデザインに関しての基礎的な知識があり、3DCGソフトを使用したことがある方なら業界未経験でもなれる職業です。

一般的には専門学校やスクールを経て就職をするのですが、学歴や資格は必要ありませんので、独学で目指してもいいかもしれません。

ほとんどの映像作品ではCGが使用されていて、今後も技術が進歩していくのは確実です。

そのため、最先端技術にチャレンジしたい方にこそオススメの職業です。CGの本場アメリカを目指すのも夢があって良いですね。

あわせて読みたいコンテンツ

コンポジターとはどんな仕事コンポジターとはどういう職業?オススメの転職サービスもご紹介

実写とCGを合成する職業「コンポジター」について解説しています。

映像エディターとは?【2018年版】映像エディター(編集者)へ転職するには?映像業界を目指す全知識

映像を編集する職業「エディター」について解説しています。