キャラクターデザイナーとは?平均年収や将来性を解説

キャラクターデザイナーとは_サムネイル

「キャラクターデザイナーとはどんな仕事?」と悩んでいませんか?

キャラクターデザイナーは、主にゲーム・アニメといったキャラクターをデザインする職業です。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、キャラクターデザイナーの仕事内容や今後の将来性などについて解説します。

キャラクターデザイナーとは?仕事内容を解説

キャラクターデザイナーは、企業や公共団体のキャラクターや、ゲーム・アニメなどのキャラクターを生み出す職業です。

ゲーム・アニメだけでなく、「ゆるキャラ」などのご当地キャラクターをデザインしたりと、活躍できる分野が幅広いのが特長です。

人気のあるキャラクターは長く愛されるため、あなたが考えたキャラは「自分の子ども」のように感じられるかもしれません。

キャラクターデザイン

キャラクターデザイナーの仕事は『イラストレーター』や『CGデザイナー』が担当することもあり、明確な線引はされていません。

キャラクターデザイナーがCGデザイナーやイラストレーターを兼任している場合もあります。

人気キャラクターを生み出すことができれば、キャラクターの商品化がされたりと、やりがいのある職業です。

キャラクターデザイナーとイラストレーターの違い

キャラクターデザイナーとイラストレーターはどう違うのかな?

田中くん

キャラクターデザイナーは、何もないところからキャラクターを生み出さなければなりません。

基本的に、イラストレーターは決まった設定や条件からイラストを描く仕事です。

一方、キャラクターデザイナーはユーザーに受け入れられるようなキャラクターをイチから作り上げなければなりません。

キャラクターの設定はキャラクターデザイナーやディレクターが行い、実際の制作はイラストレーターが担当することもありますが、業務範囲は企業によって異なります。

どちらも高度な絵のスキルが必要になる職業です。違いをまとめると以下のようになります。

各職種の違い

  • イラストレーター・・・設定や企画に沿ってイラストを描く職業
  • キャラクターデザイナー・・・キャラクターの設定やストーリーを考え、絵に落とし込む

キャラクターデザイナーの平均年収

キャラクターデザイナーの平均年収

データ参考 : 東京コミュニケーションアート専門学校

キャラクターデザイナーの平均年収はおよそ300万から500万円だと言われており、一般的なサラリーマンと同程度か、多少低い水準です。

キャラクターがヒットすれば大きな利益になりますが、ヒットしないキャラも多いのが現実です。
確かにゆるキャラでも全然知名度がないキャラもいるしね・・・

田中くん

ヒットするキャラクターを作れる売れっ子デザイナーは独立して、フリーで活躍している人も多いです。

その場合はグッズ販売のロイヤリティ契約などで高収入が見込めるため、年収1,000万円超えも珍しくありません。

有名になればお金持ちになれる夢のある職業でもありますね。

キャラクターデザイナーの将来性

キャラクターデザイナーの将来性はどうなのかな?

田中くん

本人の実力次第、というところが大きい職業ですね。

キャラクター文化は日本文化の1つと言っていいですし、日本のアニメや文化に対する関心は深くなっており、東京オリンピックに向けてこの傾向は続くでしょう。

しかし、会社所属ではなく個人でキャラクターを作成し、人気が出ている人も増えています。

LINEスタンプやInstagram、Pixivなど、個人が作品を世に送り出せる環境が整っているので、キャラクターで一発当てたい!という人は積極的に利用するといいでしょう。

注意
会社に所属して作ったキャラクターの版権は会社が持つことになるので注意しましょう。

キャラクターデザイナーに必要な知識・スキル

システムエンジニアが身につけるべきスキル

キャラクターデザイナーは絵やデッサンの知識に加え、IllustratorやPhotoshopのスキルも必要でしょう。

プロジェクトによって描く対象も変わるので、人物・動物・建物などさまざまなモチーフを元にキャラクターを発想できる想像力も必要です。

イラストレーター同様、クライアントの意向を汲み取るヒアリング力とそれに対応できる柔軟性、画力が求められます。

どういったキャラクターがどの世代にウケるのか?一般的にどういうキャラが受け入れられやすいか?といった分析力も非常に大事です。

キャラクターデザイナーになるためにはスキルが重視されるため、資格は必須ではありませんが、取得しておくことで転職や業務上で大きなアピールポイントとなります。

アドビ認定エキスパートをはじめとした、アドビ製品に関する資格を所持しておくと良いでしょう。

キャラクターデザイナーが取得しておきたい資格

まとめ

この記事のまとめ

  • キャラクターデザイナーは何もない状態からキャラクターを生み出す仕事
  • イラストレーターやCGデザイナーがキャラクターデザインを兼任する場合もあり
  • 有名キャラクターを生み出せば高年収が狙える職業
  • 企業によって業務内容が異なるので応募の際は注意する

キャラクターデザイナーは、作品の売上を大きく左右する職業でもありますので、クリエイティブにおいては花形の職業です。

独立する場合はヒットメーカーとして実績が必要なので、会社での貢献はもちろん、個人的な活動も積極的に行うと良いでしょう。

あわせて読みたいコンテンツ

CGデザイナーになるには?_サムネイルCGデザイナーになるには?未経験や独学でもなれるの?

CGデザイナーの仕事や平均年収について解説しています。

3DCGアニメーターとは3DCGアニメーターとはどんな仕事?オススメの転職サービスもご紹介

3DCGアニメーターの仕事や平均年収について解説しています。

イラストレーターとは_サムネイルイラストレーターとは?平均年収や将来性を解説

イラストレーターの仕事や平均年収について解説しています。