デザイナーやエンジニアなどのクリエイターは資格が必要ない?

クリエイターに資格はいらない?

クリエイターに資格はいらないとよく聞くけど、それって本当なの?と悩んでいませんか?

たしかにクリエイターというのは、資格でスキルが証明しにくい職業でもありますよね。

このページでは元キャリアアドバイザーの筆者が、クリエイター職の資格の有無に関して解説します。

クリエイターに資格は必要ないって本当なの?

クリエイターには資格がいらないって本当なの?

田中くん

業務経験や確かなスキルがあれば、資格は不要という求人は多い傾向にあります。しかし、職種によっては取得しておいたほうがいい場合もありますね。

ここからはクリエイターを「デザイナー系」「エンジニア系」の2つに分類し、それぞれ解説していきます。

デザイナー系(グラフィックデザイナーや映像クリエイターなど)

デザイナー

結論からいうとデザイナー系は、ほとんど資格は必要ないでしょう。

デザイナー職の場合だと、資格よりはどういう作品を作ったかが評価される傾向にあります。

そのため、転職活動でもポートフォリオが重要視されるのです。

howtomake_portgfolio転職で好印象を与えるポートフォリオの作り方をプロが解説【完全保存版】

デザイナーの場合は資格を頑張って取得するよりも、多くの作品を作り、手に職をつけるほうがキャリアアップに繋がります。

ただ、資格がまったく意味の無いものという訳ではありません。

他の職種よりも重要度は低いものの、資格があることはそのジャンルの知識が身についているという証明にもなります。

デザイナーは知識を身につけるついでに資格取得といったスタンスがいいかもしれません。

デザイナーにおすすめの資格

  • ウェブデザイン技能検定
  • Photoshopクリエイター能力認定試験
  • Illustratorクリエイター能力認定試験
  • アドビ認定エキスパート(ACE)
  • DTPエキスパート認証試験
  • 色彩検定
  • カラーコーディネーター検定試験

エンジニア系(システムエンジニアやWebエンジニアなど)

エンジニア

エンジニア系は、分野によっては資格が非常に重要視されるでしょう。

一般的に「基本情報技術者試験」はエンジニアの登竜門と言われており、ほとんどのエンジニアが取得しています。

また、『ネットワークエンジニア』や『サーバーエンジニア』などの専門的な知識を必要とされる職種の場合は、シスコ認定やマイクロソフト認定などのベンダー試験の取得が必須となっている求人案件も少なくありません。

資格取得が直接給料の値上げやキャリアアップに繋がる事も多いのが、エンジニア職の特徴です。

注意
IT分野は技術の発展が速いので、習得した知識が数年で使われなくなるということもあります。そのため、一度取得した資格でも数年ごとに再試験を受けると良いでしょう。

エンジニアにおすすめの資格

  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • Microsoft Office Specialist(MOS)
  • マイクロソフト認定資格
  • シスコ技術者認定 ←ネットワークエンジニア向け
  • LPIC ←サーバーエンジニア向け
  • オラクル認定資格 ←データベースエンジニア向け

まとめ

この記事のまとめ

  • デザイナー系・・・資格よりはポートフォリオ重視(資格はあくまでプラスアルファ)
  • エンジニア系・・・専門職ほど資格が重要視される。基本情報技術者は必須のことも多い。

新しい職種に挑戦する際に「資格を取得したら転職しよう・・・」と考える人は多いものです。

現職に務めながら資格取得に向けて勉強するというのはなかなか難しいですし、転職のタイミングを逃してしまう可能性もあります。

求人案件の中には、入社後に学びながら資格取得を目指しましょうという会社も多くあるので、まずは転職エージェントに相談することをオススメします。

あわせて読みたいコンテンツ

以下の記事では、元キャリアアドバイザーの筆者が、求人数・求人の質、サポート力などを考慮し、オススメの転職エージェントをランキング形式でご紹介しています。転職エージェント選びの参考になると思いますので、あわせてご覧ください。

総合型転職エージェントランキングプロが教える!転職エージェントおすすめランキング 【2018年最新版】