【転職初心者必見】プロが教える!書類選考を突破する履歴書の書き方

履歴書の書き方_サムネイル

履歴書をどのように書けばいいか悩んでいませんか?

提出書類のマナーを守れていないと、面接まで進めずに書類選考で落とされてしまうということもありえます。

そのため、転職活動において履歴書を軽視するのは禁物です。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、採用担当に好印象を与える履歴書の書き方について解説します。
もし、あなたが履歴書の書き方について困っているならば、ぜひこの記事を最後まで読んで頂きたいです。

そうすれば、履歴書の正しい書き方が理解でき、採用担当に好印象を与えることができるでしょう。

そもそも履歴書は手書き?PCで作っちゃダメなの?

そもそも、履歴書ってデータ提出じゃ駄目なの?手書きって効率悪くない?

田中くん

確かに、近頃ではデータ提出でOKという企業も増えてきていますね。

IT・Web業界では、Web上のエントリーシートでOKという企業も増えてきていますが、まだまだ手書きの履歴書が求められる企業も多いです。

特に昔ながらの老舗企業は手書きで提出が多いですね。

そのため、志望企業から特別な指定がない限りは手書きで書くことを前提にしておきましょう。

履歴書を書き始める前に用意しておく4つのアイテム

まずは履歴書作成に必要な道具を用意しておきましょう。具体的には以下のものが必要になります。

履歴書制作に必須なアイテム

  • 履歴書のフォーマット
  • ボールペン
  • A4白封筒
  • 証明写真

履歴書は封筒付きのものを買っておくと便利

まず、用意すべきなのは履歴書のフォーマットですが、転職エージェントを利用している場合は担当者からもらえる場合があります。

市販のものを利用する場合は、表面に「履歴書在中」と書かれた封筒が付属しているものを選ぶと、封筒を購入する手間が省けます。

あなたのペンは大丈夫?フリクションは絶対に利用しない!

履歴書を書き始める前に、必ず筆記具をチェックしましょう。

筆記用具は万年筆またはボールペンを使用すべきですが、フリクションのようなこすると消えるペンの使用は厳禁です。

注意
フリクションは熱によって透明になるインクを使用しています。直射日光やコピー機のライトに反応して文字が消えたり、薄れたりする場合があります。また、ラミネート加工をするとすべての文字が消えてしまいます。
じゃあどんなボールペンがおすすめなのかな?

田中くん

まず、履歴書は正式な書類のため必ず黒いインクにしましょう。中でもゲルインクのボールペンがおすすめです。

ボールペンに用いられるインクの特徴を簡単に解説すると、以下のようになります。

各インクの特徴

  • 油性・・・耐水性は良いが、書き味が重め。文字がかすれることが多い
  • 水性・・・なめらかな書き味で、かすれにくい。にじみやすく、濡れると文字が消えてしまう
  • ゲルインク・・・なめらかな書き味で、かすれにくい。さらに耐水性も高く、にじみにくい。

油性と水性のいいとこ取りのような機能を持つゲルインクは、水濡れなどの事故でも文字が消えにくいのでオススメです。

また、ボールペンの太さは0.3~0.7mmなどがありますが、履歴書・職務経歴書などの応募書類を書く際に効果的なのが0.7mmのボールペンです。

MEMO

履歴書のように欄が大きい書類に書く場合、0.3mmや0.5mmだと線が細くバランスが取りにくいです。

また、線が細いと弱々しい印象を与えてしまうので、0.7mmで力強く書くのがオススメです。

証明写真は第一印象を決める重要なポイント!

証明写真は履歴書の重要ポイント

履歴書において、証明写真は第一印象を決める重要なポイントです。

ルックスに自信がなくても清潔感さえあれば大丈夫です。

普通の証明写真機で撮影しても良いのですが、やはり写真スタジオで撮影したものの方がかなり写りがいいです。

少し値は張りますが、写真は重要なポイントなのでお金を掛けるべきでしょう。

証明写真の具体的な注意点に関しては『履歴書の証明写真で押さえておくべき基本的なマナー』にて解説しておりますので、あわせてご参考ください。
履歴書の証明写真マナー転職初心者必見!履歴書の証明写真で押さえておくべき基本的なマナー

採用担当に好印象を与える履歴書の書き方

学歴欄は義務教育以降から書く

学歴ってどこからどこまでを書けばいいの?

田中くん

履歴書の学歴欄というのは長くなりがちです。省略する為にも、義務教育は卒業年次だけでいいでしょう。

留学・留年などさまざまなパターンが考えられるので、学歴欄の詳しい書き方は別記事にて解説しています。あわせてご参考ください。

【転職者向け】履歴書の学歴はいつから書くべき?プロが正しい書き方を伝授

職歴は原則として全ての入社・退社歴を記入しましょう。

配属部署まで明記する必要はありませんが、能力をアピールしたい場合は記載してもOKです。

持っている資格はすべて書いておくのが吉

運転免許とかは必要ないから書かなくてもいいよね?

田中くん

それは機会損失を被る可能性もあります。

業務に関係なさそうだから資格は書かないという人も多いのですが、持っているすべての資格を書いたほうが良いですね。

関係なさそうな資格でも書いておくと「こういう能力も持っている人なんだな」という理解をしてもらえます。

もしかしたら別の事業を行うときに声を掛けてもらえるかもしれませんよ。

取得に励んでいるものがあれば、それを記入し、向上心を強調しましょう。

特技や志望動機は箇条書きにしない

自分になにができるかを明記し、自己アピールしましょう。

他人と差を付けられる場所なので、箇条書きではなく文章で将来の抱負や熱意をしっかりと書きます。

どっちのパターンが良い?
  1. 特技 : サッカー
  2. 特技はサッカーで、小学生の頃から現在までプレイしています。その中で忍耐力や継続性が身につきました。

上の2つではどちらが良い印象を残すでしょうか?
もちろん②の方だね。

単純に特技を述べるだけじゃなくて、そこから何を得たかがわかるし。

田中くん

特技の欄はもしかしたら読まれないかもしれません。

それでも、自分の考えを整理する上でとても役立ちますし、面接のときにも話しやすくなります。

書き終えたら必ず添削してもらおう

よし!これで無事に提出できるぞー!

田中くん

その前に、一度ほかの人にチェックしてもらいましょう。

個人的に満足ができる履歴書でも、他人から見ると違った印象かもしれません。

特に転職する企業や業界によって好まれる履歴書も異なります。そこでオススメなのが、誰かに添削してもらうこと。

家族や知り合いでも良いのですが、一番効果的なのは転職エージェントに添削してもらうことです。

各企業とのつながりが深い転職エージェントほど、各企業ごとの「選考を通りやすい履歴書」を熟知している場合が多いです。

おすすめの転職エージェントに関しては以下の記事で詳しく解説しています。
総合型転職エージェントランキングプロが教える!転職エージェントおすすめランキング 【2018年最新版】

まとめ

この記事のまとめ

  • 履歴書は手書きで書くことが前提(ITやベンチャーを除く)
  • 学歴は義務教育以降を記入
  • 職歴・保有資格はすべて記入
  • 趣味・特技欄はそこから何を学んだかまで書く
  • 書き終えたら必ず第三者の意見をもらう

履歴書は転職活動をするうえで必ず必要となるものです。

作り方のマナーを守って転職活動をスムーズに進めたいですね。

当サイトでは他にも書類作成に関してのコンテンツを用意しているので、あわせて参考にしてくださいね。

あわせて読みたいコンテンツ

履歴書と職務経歴書の違いは?転職初心者必見!履歴書と職務経歴書の違いをプロが解説!

履歴書と職務経歴書の役割の違いについて解説しています。

封筒の書き方・郵送方法これさえ読めば安心!履歴書(応募書類)の封筒の書き方と郵送方法・マナー

応募書類の封筒の書き方や郵送マナーについて解説しています。