これで間違えない!クリエイティブ職の面接時の服装とは?

デザイナーやエンジニアなどのクリエイター職志望の場合、面接では私服を指定されることが少なくありません。

一般の企業なら、もちろんスーツで臨む面接ですが、少し特殊なのがクリエイティブ業界です。

私服で働いている人も多い業界なので、面接時の服装にも悩んでしまいますよね。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、クリエイティブ業界の面接時の服装について解説します。

前提 : TPOを考えた服装はマスト

TPOを考えよう

基本的には応募先の企業にて行うのが一般的ですが、ベンチャー企業ではカフェでの面接やパワーランチ(昼食会)のような形式を取る場合もあります。

そのため、面接の場所や形式によって柔軟に服装を変えていくことを前提にしておきましょう。(社長や役員面接の際はスーツが好ましいですね)

特に老舗企業の場合はスーツ面接が当然と考えている場合もあるので、事前に確認しておきたいですね。

TPOを考えることは、ビジネススキルでも重要な部分です。

基本的には企業の指示に従う。指定がない場合はスーツで可

指示がない場合はスーツが無難

服装の指定がある場合は必ず企業の指示に従いましょう。

特に具体的な指示が無い場合は、電話やメールで問い合わせると安心です。

私服でも可、服装自由と言われた場合は無難にスーツで問題無いでしょう。

スーツだと個性が無い・・・と思われるかもしれませんが、面接ではハズさない格好をするのが基本です。

私服が指定されている場合でも、面接にふさわしい格好をする

特に悩んでしまう場合のが「私服」「普段着」「あなたらしい服装」といった指定ですよね。

企業にはどういう意図があるのかな?

田中くん

普段のあなたが見たいという意図や、服装から人柄を探りたいなど様々です。

ここで必ず守らなければいけないことが「面接にふさわしい格好をする」ことです。

いくら私服OKといっても、アクセサリーをジャラジャラ着けていったり、短パンにサンダルというのはありえません。

あくまで面接ということを忘れないようにしましょう。

クリエイターの面接ではどんな服装をすればいい?

基本的にはオフィスカジュアルで、清潔感を意識しましょう。

クリエイティブ職なので、多少の個性は出しても構いませんが、派手な柄などは避けた方が良いですね。

ここからは、男女別に服装の参考を紹介していきます。

男性 : ジャケットとシャツ、チノパンに革靴

男性の場合は基本的に襟付きシャツにジャケット、チノパンまたはスキニーパンツというのが無難です。

  • ジャケットまたはカーディガン(ネイビーや黒、グレーなど)
  • 襟付きシャツ
  • チノパンまたはスキニーパンツ
  • 革靴
この服装はNG
デニムやジーンズ、ダメージ加工のもの、スニーカーや短パン

女性 : ジャケットにブラウス、スカートに革靴

女性の場合はジャケットやブラウスが無難ですが、差し色で明るい色を入れると女好印象を与えるでしょう。

スカートを履く場合は丈が短すぎないように注意してください。

立った時に膝が隠れ、座ったときには膝の上に来るくらいの丈がベストです。

  • ジャケットまたはカーディガン
  • ブラウス
  • チノパンまたはスカート
  • 落ち着いた色のパンプス
この服装はNG
露出度が高いもの、デニムやジーンズ、ダメージ加工のもの、スニーカー、高いヒール

体験談 : 服装に関しての意味不明な質問

私が広告業界で面接を受けた際に「今日の服のコンセプトは何ですか?」と質問された事があります。

こういった変な事を質問してくる企業もありますので気をつけましょう。

ちなみにその面接は通過したのですが、辞退しました。笑

一応「今日はなぜこの服装で来たのか?」と自分で考えられているといいですね。

王道パターンは「面接試験という場なので、ビジネスに適したスタイルを選びました」です。

まとめ

私服面接に臨む場合の理想的な服装は以下の通りになります。

男性の場合

  • ジャケットまたはカーディガン(ネイビーや黒、グレーなど)
  • 襟付きシャツ
  • チノパンまたはスキニーパンツ
  • 革靴

女性の場合

  • ジャケットまたはカーディガン
  • ブラウス
  • チノパンまたはスカート
  • 落ち着いた色のパンプス

服装は第一印象を決める重要なポイントですので、気を抜かずに準備しておきましょう。

あわせて読みたいコンテンツ

苦手な人も多い面接で緊張しない方法を解説しています。面接でうまく自分を表現できないという人には役立つと思います。

面接で緊張しないコツ転職のプロが教える!転職活動の面接で緊張しないコツ!