イラストレーターとは?平均年収や将来性を解説

イラストレーターとは_サムネイル

「イラストレーターとはどんな仕事?」と悩んでいませんか?

イラストレーターはその名のとおりイラスト制作に関わる仕事です。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、イラストレーターの仕事内容や今後の将来性などについて解説します。

イラストレーターとは?仕事内容を解説

イラストレーターは、書籍・雑誌・ポスターなどの媒体で、絵を使ってテーマに沿った表現する職業です。

画家とは違って、クライアントの要望に答えることが前提となるため、自分好みの絵が描けるわけではありません。

注意
会社に所属して描いたイラストというのは、基本的に会社が著作権を持ちます。

広告代理店や制作会社で働く場合が多いですが、最近ではフリーで活躍する人も増えていますね。

また、LINEのクリエイターズスタンプを作って有名になった人が多く存在します。(うさまる作者のsakumaruさんやカナヘイさんなど)

LINEスタンプのように、作風やキャラクターが人気になると、個人に直接依頼が来る場合もあります。

自分の作風やキャラクターで勝負したいという人は、業務外での活動が重要になってきますので、自主制作を積極的に行うと良いでしょう。

イラストレーターとキャラクターデザイナーの違いは?

イラストレーターってキャラクターデザイナーとはどう違うの?

田中くん

ゲームやアニメーションのキャラクターを描く場合はキャラクターデザイナーと呼ばれることがほとんどです。

各職種の違い

  • イラストレーター・・・ポスターやパンフレットなどのイラスト素材を制作する
  • キャラクターデザイナー・・・ゲームやアニメのキャラクターを描く

イラストレーターはどちらかといえばポスターやWebサイト制作のためにイラストを用いた「素材」を作ることが中心の職業です。

一方、キャラクターデザイナーはゲームやアニメといったキャラクターをデザインします。

キャラクターデザイナーは業界でも花形の職業ですが、そのぶん競争は厳しく、高いスキルが要求されます。
混同しやすい職業だから、自分はどちらを目指したいのか事前に考えておかなきゃね。

田中くん

イラストレーターの平均年収

イラストレーターの平均年収

年齢平均年収男性平均年収女性平均年収
20代314万円323万円312万円
30代395万円452万円356万円

データ参考 : マイナビエージェント

イラストレーター(グラフィックデザイナー含む)の平均年収は354万円と低い水準です。

イラストレーターの給与水準が低い理由としては主に以下の2点が挙げられます。

  1. イラストの単価が下がっている
  2. フリーランスで独立している人に多くの仕事が集まり、収入が多い

イラストレーターの職業は実力主義ですので、やはり有名な人に多くの仕事が集まります。

この場合は年収が1,000万円を超えることは普通で、多くの場合は会社に所属せずフリーで仕事をしています。

スキル次第では高年収が狙える職業だと言えるね!

田中くん

イラストレーターの将来性

イラストレーターの将来性はどうなのかな?

田中くん

活躍の場は増えていますが、目指す人も多いため実力次第だと言えるでしょう。

ソーシャルゲームが流行するにつれて、キャラクターデザインの専門学校やスクールが増えてきており、イラストレーターやキャラクターを志望する人が多くなりました。

そのため、イラストレーターの競争が激化しているのは事実です。

また、クラウドソーシングで格安でイラスト発注ができるようになったので、イラスト価格の低下も将来性に不安が残ります。

デジタル化が進んでイラストレーターの活躍する場は増えていますが、今後はさらに実力のある個人が仕事を獲得していくことが予想されます。

イラストレーターに必要な知識・スキル

イラストレーターが身につけるべきスキル

前述しましたが、イラストレーターはクライアントの要望に答える事が基本なので、場合によっては自分のタッチではない絵を描かなければなりません。

そのため、ヒアリングからクライアントのイメージを読み取り、何度も修正する柔軟な対応が求められます。

ですが、思い通りに描けないということは、表現の幅が広がるという大きなメリットでもあります。

もちろんアナログでの絵の上手さは必須ですが、最近ではデジタルで描く場面がほとんどですので、PhotoshopやIllustratorといったソフトを学んでおく必要があるでしょう。

イラストレーターになるために資格は必須ではありませんが、資格を取得しておくことで転職や業務上で大きなアピールポイントとなります。

アドビ認定エキスパート(ACE)』などのアドビ製品のスキルを認定する資格を中心に、『色彩検定』や『カラーコーディネーター』などカラー知識に関する資格を取得しておくと良いでしょう。

イラストレーターが取得しておきたい資格

まとめ

この記事のまとめ

  • イラストレーターはクライアントのイメージに沿った絵を描く仕事
  • キャラクターデザイナーと業務内容が異なるので注意
  • 案件は増加傾向だが、単価は安くなっているので将来性は薄い
  • 年収アップを狙うならスキルをつけてフリーになる方が良い

実際はキャラクターデザイナー志望だけど、イラストレーターからキャリアを積んでいくという人も多くいます。

イラストレーターの場合、得意なジャンルの絵だけではなく、さまざまな要望に応えながら絵を描いていくので、表現の幅が大きく広がります。

その経験はキャラクターデザイナーになってからも必ず役に立つスキルですので、まずは「仕事して絵を描く」ことに慣れていきましょう。

あわせて読みたいコンテンツ

キャラクターデザイナーとは_サムネイルキャラクターデザイナーとは?平均年収や将来性を解説

キャラクターデザイナーの仕事や平均年収について解説しています。

CGデザイナーになるには?_サムネイルCGデザイナーになるには?未経験や独学でもなれるの?

CGデザイナーの仕事や平均年収について解説しています。

グラフィックデザイナーとはグラフィックデザイナーとは?平均年収や将来性を解説

グラフィックデザイナーの仕事や平均年収について解説しています。