マークアップエンジニアとは?仕事内容と将来性を転職のプロが解説

マークアップエンジニアとは

「マークアップエンジニアとはどんな仕事?」「どうすればなれるの?」と悩んでいませんか?

マークアップエンジニアは主にHTMLやCSSでのマークアップを行う職種です。

ニャージェント

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、マークアップエンジニアの仕事内容や今後の将来性などについて解説します。

マークアップエンジニアとは?仕事内容を解説

マークアップエンジニアの仕事内容

マークアップエンジニアとは、Web制作において、コンテンツの内容を理解しながらコーディングができる人材のことです。

「コンテンツの内容を理解する」とは、そのコンテンツがどのように使われるのか、どうすれば見やすいのかを理解するということです。

マークアップエンジニアの業務は基本的にHTMLやCSSのコーディングをすることですが、ただコーディングをするだけでなく、ユーザビリティやアクセシビリティ、SEOを考えてWebサイトを制作していきます。

マークアップエンジニアとコーダーの違いは?

田中くん

マークアップエンジニアってコーダーとはどう違うの?

ニャージェント

マークアップエンジニアに明確な定義はありませんが、コーダーの上位に位置する職種と考えればわかりやすいです。

各職種の違い

  • マークアップエンジニア・・・デザインとユーザビリティを両立させるべく、柔軟なコーディングを行う
  • コーダー・・・デザイン設計に対し忠実にコーディングを行う
  • フロントエンドエンジニア・・・JavascriptやCMSでの構築や実装をする。プログラマ寄り。

似たような職種として、HTMLやCSSのコーディングをする「コーダー」がありますが、コーダーはWebデザイナーから受け取ったデザインを基に忠実にサイトを作っていきます。

一方マークアップエンジニアは、ユーザーが使いやすいように配慮したり、SEO対策、高齢者や障害者が見やすいユニバーサルデザインなどを考えながらコーディングを行います。

ユーザーの利便性とデザインを両立させるような柔軟性がマークアップエンジニアには求められます。

マークアップエンジニアの平均年収

マークアップエンジニア_平均年収

年齢平均年収男性平均年収女性平均年収
20代313万円317万円295万円
30代457万円489万円383万円

データ参考 : マイナビエージェント

マークアップエンジニア(フロントエンドエンジニア含む)の平均年収は385万円と、IT業界の中では少々低めな年収となっています。

しかし、給与の伸び率が良いことから、スキルに応じて収入も上がると考えられるでしょう。

スキルを磨いて転職を重ねることで、大手企業へのキャリアアップを目指したいですね。

ニャージェント

あくまで平均年収なので参考程度にしておこう。

マークアップエンジニアの将来性

田中くん

マークアップエンジニアの将来性はどうなのかな?

ニャージェント

コーディングのスキルに加えて、各種プログラム言語やデザインスキルを身に着けていきたいですね。

クラウドソーシングが普及していく中で、HTMLやCSSのコーディングを外注に頼む企業も増えてきました。

その中でマークアップエンジニアが生き残り、キャリア構成をしていくためにはプログラミングやデザインの知識を深めていくことが必須でしょう。

マークアップエンジニアはデザインとプログラムの知識を身に着けよう

JavascriptやCMSなど、プログラム関連の知識を身につければフロントエンドエンジニアとして様々なフィールドで活躍できますし、デザインの知識を身につければデザイン~コーディングまで幅広いWeb制作業務に取り組むことができます。

企業にとって代えの効かないような存在になれば、フリーのWeb制作者として独立しても問題ないほどのスキルが身についていると言えるでしょう。

スキルを身につけることで今後のキャリア形成の幅は大きく広がります。

マークアップエンジニアに必要な知識・スキル

身につけるべきスキル

マークアップエンジニアになるために資格は必須ではありませんが、スキルの証明にも役立つため、Web制作関連の資格を取得しておくと転職時にも有利でしょう。

中でもオススメなのは「HTML5プロフェッショナル認定試験」と「Webクリエイター能力認定試験」の2つです。

Webクリエイター認定試験は、基礎的なデザインやコーディングのスキルを測定する試験です。

HTML5プロフェッショナル認定試験はHTML5やCSS、Javascript、APIなどWebに関する幅広い知識と技術を評価する試験で、フロントエンドエンジニアとしても活躍していきたい人は取得しておくべき資格でしょう。

マークアップエンジニアが取得しておきたい資格

  • HTML5プロフェッショナル認定試験
  • Webクリエイター能力認定試験
  • ウェブデザイン技能検定
  • ITパスポート
  • 基本情報技術者

マークアップエンジニアへの転職におすすめの転職エージェント4選

田中くん

マークアップエンジニアの転職事情はどうなのかな?

ニャージェント

求人は多数ありますが、プログラムの知識があればさらに幅は広がります。

マークアップエンジニアの求人は比較的多いですが、最近はフロントエンドエンジニアとしての求人も目立ちます。

そのため、JavascriptやjQuery、CMSの実装などの知識があれば選択肢は広くなるでしょう。

ニャージェント

マークアップエンジニアに明確な定義がされていないこともあり、企業ごとに業務内容は大きく異なります。応募の際は注意しましょう。

志望業界が定まっているならば、業界に特化した転職エージェントの方が専門的なアドバイスを得やすいです。

そこで、マークアップエンジニアへの転職を目指すならば、求人数が最も多い最大手の『リクルートエージェント』や『doda』を利用しつつ、IT・Web業界に強い転職エージェントのいずれかを併用する形が最も効率がいいでしょう。

各エージェントの特徴
レバテックキャリア
IT・Web業界に特化、エンジニアの人におすすめ
ワークポートIT・Web業界に強い。スピーディな転職が可能で中小企業も網羅
ギークリーIT・Web・ゲーム業界に特化。未経験可の求人もあり、転職初心者向け
リクルートエージェント特化型ではないが、15万件を超える圧倒的な求人数。転職者は登録必須。

各転職エージェントにはそれぞれ長所と短所があるため、なるべく複数の転職エージェントに登録して、自分にマッチしているか見極めるようにしましょう。

求人数求人の質サポート力
レバテックキャリア
ワークポート
ギークリー
リクルートエージェント

ここからは、マークアップエンジニアを目指すうえでオススメの転職エージェントを厳選してご紹介します。

レバテックキャリア / 首都圏のIT技術者におすすめ

総合評価
(4.0)
求人数
(4.0)
求人の質
(4.0)
担当者の質
(4.0)
提案力
(4.0)
対応エリア
東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、奈良、兵庫、福岡、滋賀

拠点一覧

  • 東京本社
  • 横浜支社
  • 大阪支社
  • 名古屋支社
  • 福岡支社

各拠点の詳細な住所などは以下の記事にまとめています。

レバテックキャリアの面談場所レバテックキャリアの面談場所・拠点一覧まとめ【2019最新版】

レバテックキャリアは、IT・Web業界に特化した転職エージェントです。

転職業界内でも評判がいい質の高いサービスが魅力で、4,000社以上の転職支援実績を誇ります

よくある職種検索だけでなく、PHP、javaなどといったスキル別に求人を探せるのがとても便利ですね。

非公開求人も多いため、ゲーム業界志望の中でも、エンジニアやデザイナーの方に特に向いているエージェントでしょう。

ニャージェント

レバテックキャリアのメリット・デメリットは以下のとおりです。

デメリット
  • エンジニア・クリエイター以外の求人数が少ない
  • 熱心な担当者が苦手な場合は合わない
メリット
  • コンサルタントの業界知識が豊富
  • エンジニアの転職に強い
  • 一人ひとりを大事にする転職支援
  • IT・Web業界とのつながりが深い

レバテックキャリアのコンサルタントは業界知識が豊富なので、言語や開発環境と言った技術的な話も通用しやすいでしょう。

一方で、求人数は他社に劣る部分があるので、求人数を重視する方は同じくIT・Web業界に強い『ワークポート』を利用するべきですね。

とはいえ、サポートがしっかりしているため、転職初心者の方や、サポート力を重視する方にはオススメできる転職エージェントです。

\ 登録時に履歴書・職務経歴書不要 /

無料でレバテックキャリアに相談する

エンジニア・クリエイターにおすすめ

ニャージェント

より詳しいサービス紹介は以下の記事をご覧ください。

レバテックキャリアの評判をプロがわかりやすく解説

スピード転職をしたい人にオススメ「ワークポート」

総合評価
(4.0)
求人数
(4.0)
求人の質
(4.0)
担当者の質
(3.5)
提案力
(4.0)
対応エリア
全国

拠点一覧

  • 東京本社
  • 五反田オフィス
  • 埼玉オフィス
  • 横浜オフィス
  • 仙台オフィス
  • 大阪オフィス
  • 福岡オフィス
  • 名古屋オフィス
  • 神戸オフィス

各拠点の詳細な住所などは以下の記事にまとめています。

ワークポートの面談場所ワークポートの面談場所・拠点一覧まとめ【2019最新版】

ワークポートは、「株式会社ワークポート」が運営する転職エージェントです。

ワークポートは10年以上に渡ってIT分野専門の転職エージェントを行ってきましたが、2014年に総合型に幅を広げました。

そのため、IT・Webといった分野では圧倒的な取引実績を誇ります。

ワークポートは、リクナビNEXT主催『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア主催『doda Valuable Partner Award2017』にて、数ある転職エージェントの中から「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれており、マッチングに優れたエージェントだと言えるでしょう。

ニャージェント

ワークポートのメリット・デメリットは以下のとおりです。

デメリット
  • スピード感を重視するあまり、質より量になっている
  • 事務的なやりとりが多い
メリット
  • IT・Web系の転職に強い
  • スピード感のある転職活動が可能
  • 他社に比べて登録が簡単

スピード感に関しては賛否両論ですが、IT・Web業界を志望している方の満足度は非常に高い傾向にあるので、IT・Web業界を目指すなら必ず利用するべきエージェントです。

\ 登録時に履歴書・職務経歴書不要 /

無料でワークポートに相談する

ソーシャルゲーム業界志望の人におすすめ

ニャージェント

より詳しいサービス紹介は以下の記事をご覧ください。

これだけ読めば安心!ワークポートの評判を初心者向けに1から解説

親身なサポートで転職初心者にオススメ「ギークリー」


対応エリア
首都圏中心

ギークリー』は、株式会社ギークリーが運営する、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

ギークリーは、リクルートキャリア社が主催する転職エージェントランキング「リクナビNEXTエージェントNetwork」において、総合満足度部門で第3位を獲得した実績を持ちます。

求人の質やマッチングの精度、サポート体制にこだわりがあり、顧客満足度が非常に高いのが特徴です。

ギークリーのメリット・デメリットは下記の通りです。

  •  紹介求人の満足度が高い
  •  転職初心者への手厚いサポート
  •  業界未経験者でも利用可能
  •  地方求人が少ない

また、未経験からの業界転職支援も充実しているため、未経験から業界を目指す方にも親身に相談を受けてくれるでしょう。

業界経験者にはキャリアアップの提案を行う一方で、未経験から業界を目指す方にとっては強い味方となる存在です。

Web・IT・ゲーム業界を志望しており、丁寧なサポートを期待するなら利用すべきでしょう。

\ 登録時に履歴書・職務経歴書不要 /

無料でギークリーに相談する

未経験からの業界転職を目指す人におすすめ

ニャージェント

より詳しいサービス紹介は以下の記事をご覧ください。

ギークリーの評判を転職初心者向けに1から解説

転職を考えるすべての人にオススメ『リクルートエージェント』

リクルートエージェントのメイン画像

対応エリア
全国
リクルートエージェントは「株式会社リクルートキャリア」が運営する、求人案件数・内定決定数ともに業界NO.1の総合型転職エージェントです。

広告・マスコミ業界に特化しているという訳ではありませんが、2016年は3万2000名もの転職成功を実現しており、転職活動を始めるならば必ず利用すべきエージェントでしょう。

転職業界内でもリクルートエージェントの求人保有数は定評があり、幅広い業種・職種に対応しているため、ポジションに関わらず受け皿がとても広いのが特徴です。

求人数や求人の質は「他社と圧倒的な差がある」という声も多く、利用者の満足度は非常に高いです。

広告業界でも職種によっては特化型よりも多いことがあるので、情報収集のためにリクルートエージェントに登録しつつも、サポートが不安であれば他のエージェントを併用するのが望ましいですね。

\ 登録時に履歴書・職務経歴書不要 /

無料でリクルートエージェントに相談する

業界最大手。20万件を超える圧倒的求人数

まとめ

この記事のまとめ
  • マークアップエンジニアはコンテンツの内容を理解した上でコーディングを行う仕事
  • JavascriptやCMSの知識も身につければフロントエンドエンジニアとしても活躍できる
  • 仕事に明確な定義がないため、応募の際は業務内容を必ず確認すること

どの職業にも言えることですが、特にIT業界の職種は常に勉強し続けることが大切です。

IT業界の発展スピードはとても速いので、技術者として生き残っていくには常に新しい技術に関してアンテナを張り、習得していくことが重要になります。

※ 上記以外の転職エージェントに関する評判は、「IT・Web業界への転職で利用すべき転職エージェントランキング」でご紹介しています。ぜひご覧ください。

あわせて読みたいコンテンツ

フロントエンドエンジニアとは?フロントエンドエンジニアとは?平均年収や将来性を解説

フロントエンドエンジニアの仕事や平均年収について解説しています。

システムエンジニアとはシステムエンジニアとは?平均年収や将来性を解説

システムエンジニア(SE)の仕事や平均年収について解説しています。

サーバーエンジニアとはサーバーエンジニアとは?仕事内容と将来性を転職のプロが解説

サーバーエンジニアの仕事や平均年収について解説しています。