【医局辞めたい】エージェントを活用して円満に辞めるための7ステップ

医局辞めたい_サムネイル

「医局を辞めたいけど、辞めて大丈夫なの?」「円満に辞めるにはどうすればいい?」

医局を辞めたいと思うとこのような不安や疑問が浮かんでしまいますよね。

医局を退局するというのは医師のキャリアでも重大な出来事なので、後悔しないように決断したいものです。

そのため、まずは本当に医局を辞めるべきか冷静に判断することが大切です。

ねこくん
このページでは転職アドバイザーの筆者が、退局のメリット・デメリットや円満に退局するまでの流れ、退局をサポートしてくれるおすすめのエージェントをご紹介します。

記事の前半では、医局を辞めることのメリット・デメリットを解説しますので、すでに退局の意思が固まっているという場合は、以下のボタンをタップしておすすめのエージェント紹介までジャンプしてくださいね。

医局のメリット・デメリット/辞めるタイミング

医者

ねこくん
まずは医局を辞めることが本当に正しいのか、メリットとデメリットを改めて確認しておきましょう。

所属する医局にもよりますが、一般的なメリット・デメリットは以下のようなものがあります。

医局のメリット
  • 学位(医学博士号)が取得できる
  • 専門医などの資格取得
  • 基礎研究・留学などの経験の幅が広い
  • 就職口は安定している

医局のデメリット
  • 年収が低い
  • 派閥が存在し、医師同士の競争や対立も珍しくない
  • 地方に配属されるなど定期的な異動がある
  • 医局以外のことがわからなくなりがち
  • 勤務負担が大きい
  • 症例数が少ない

医局を辞めると学位が取りにくくなるなどのデメリットもありますが、医局にメリットを感じない医師が増加傾向で、近年は医局の力は弱まっています。

退局というのはキャリアの中でも重要な出来事ですので、キャリアプランを考えたうえで決断しましょう。

ねこくん
ただ、今までの経験からお伝えすると、退局後は年収がアップしたり、休日・夜間の呼び出しが減るケースが多いです。

医局を辞めるタイミング・時期は?

田中くん
医局を辞めたいけど、どんなタイミングで辞めようか迷うな…
ねこくん
メリットよりデメリットが多いと感じた段階で早めに決断するほうが、自分にとっても医局にとっても良いですね。

よくあるタイミング

  • 妊娠・出産
  • 結婚・親の介護などによる転居
  • 教授交代や医局内の体制変更
  • 医局人事

「教授にどう話そう」と身構えてしまうのは理解できますが、ズルズルと引き伸ばしているうちに周囲と差をつけられたり、医局以外でのチャンスを逃す可能性もあります。

激務などで体調を崩してしまい、医局を辞めるどころではなくなってしまうと元も子もありません。

ねこくん
そのため、タイミングで悩んでいる場合はなるべく早く決断したほうが良いですね。

みんなが医局を辞めたいと思う理由は?

ねこくん
当サイトでは医局に在籍していた人にアンケート調査を実施し、特に多かった不満点をピックアップしました。
医局の不満点
  • 医局費が高い
  • 望まない人事異動
  • 給料が安い
  • 教授に逆らえない
  • 閉鎖的で医局外のことがわからない
  • ひいきがある、人間関係が悪い

医局費が高いといった点や給料が安いという金銭面の不満に加え、教授の力が強かったり、派閥などでひいきの人事異動があるなど人間関係の不満点も目立ちます。

田中くん
40歳前後で大体どれくらい出世できるか把握できるから、教授になれない可能性がある場合には医局を辞めるケースが多いみたいだね。

また、医局の場合は教授職になってようやく年収が1000万円代後半になるので、高待遇を求めて転職を希望する人が多いです。

医局を辞めると後悔する?不安に1つずつ解答【Q&A】

田中くん
でも、実際に医局を辞めたいと思っていても後悔したら嫌だなぁ・・・
ねこくん
医局を辞める際には以下のような不安を持ってしまいますよね。
不安なポイント
  • 今の地域では働けないのでは?
  • 生活が不安定になるのでは?
  • 留学できないのでは?

ここからは、それぞれの不安点に関してQ&A形式で解説していきます。

医局を辞めると、今の地域では働けなくなってしまうのでは?

活躍できる病院や企業はたくさんあります。

医局人事に頼ってきた人ほど、どうしても視野が狭くなってしまい「医局を辞めたら働き口が無い」と考えてしまいます。

確かに、大学医局の息がかかっている病院もありますが、それ以上に「こんなに病院があるのか」と感じる人も多いです。

医局では考えられないような好条件の病院は実際に存在するので、視野を広げてみることが大切です。

医局を辞めると生活が不安定になるのでは?

時代は変わってきているので、医局にいることがリスクになる可能性もあります。

昔は医局人事がメインだったこともありますが、近年では医師に特化したエージェントなどの登場で転職先を探しやすくなっています。

アルバイトでも『医師バイトドットコム』などを利用してすぐに見つけられるので、医局のメリットは薄れています。

そのため、医局にいるから安定という訳ではありません。

留学ができなくなるのでは?

留学の民間プログラムも増えています。

東京海上日動メディカルサービスが提供している「Nプログラム」のように、米国の教育病院における臨床医学レジデンシー・プログラムに日系の若手医師を派遣する民間のプログラムがあります。

また『リクルートドクターズキャリア』など、医師の留学やキャリアアップを支援し、相談に乗ってくれるエージェントもありますので、医局を辞めたからといって必ずしも留学ができなくなるというわけではありません。

医局を辞める際に転職エージェントを活用すべき5つの理由

ねこくん
結論から言えば、医局を辞める場合は必ず医師に特化した転職支援サービスを利用すべきです。
その理由は以下の3つになります。

ここからは、各項目についてそれぞれ詳しく解説していきます。

1.トラブル発生時の対応に慣れている

コミュニケーション

田中くん
医局を辞めるときにトラブルにならないか心配・・・
ねこくん
トラブルが起きないように気をつけていても、発生してしまうこともありますよね。そんなときに転職エージェントは心強い味方になりますよ!

医師に特化した転職エージェントは過去に何人もの医師の転職を手掛けているため、経験則からトラブル対応の最適解を導き出してくれます。

また、医局を辞める場合は1人ぼっちと感じてしまいますが、医師転職のプロがバックについていれば心理的にも心強く、引き留めの圧力に強くなれます。

2.引き留め対応や転職時期の調整がスムーズ

断る

田中くん
医局を辞めるって言っても、引き留められそうだな・・・
ねこくん
医局の退局と転職先での入職の時期調整はトラブルになりやすいので、ここもエージェントに任せてしまいましょう!

教授や医局長から『次の人事異動まで待ってくれ』と言われるパターンはとても多いです。

医局側と対立しないためにも、医局側と転職先の病院の希望をすり合わせ、双方の納得のいく時期を調整しなければなりません。

とはいえ、この作業は転職者本人だと難しいので、転職のプロであるエージェントに調整してもらいましょう。

引き留められた場合の対処も相談できるので、エージェントは心強いです。

3.転職先の病院の情報収集や情報の提供をしてくれる

田中くん
医局を辞めても、自分で転職先が探せるか心配だ・・・

医局を辞めて困るのが新しい働き口を探すことです。

医師が転職する場合は主に「医局人事やコネ」「自分で探す」「転職エージェントの利用」の3つがあります。

出典:マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORの調査によると医局の紹介(医局人事)がもっとも多く、医師がいかに医局人事に頼りがちかわかります。

ここでは、医局人事や紹介の場合と、転職エージェントを利用する場合を比較してみましょう。

医局と転職エージェント
気軽さ・スピード感

エージェント

◎

エージェントが希望条件に合った
求人を厳選してくれるため、スムーズに進む

医局

△

意に沿わない異動があることも。
マイペースには活動できない

求人数

エージェント

◎

求人数は多い
非公開求人がある場合がほとんど

医局

△

医局限定の求人があるが
選択肢は少なめ

キャリアカウンセリング

エージェント

◎

さまざまな情報をもとにスキルや経験から
市場価値を提案してくれる

医局

△

カウンセリングは受けられない
医局内での経験や評価が重視される

情報収集

エージェント

◎

さまざまな医療機関とつながりがあるため
リアルな情報が手に入りやすい

医局

△

自分で見つけられる範囲でしか収集できない

交渉

エージェント

◎

担当者が面接日程や入社時期・給与交渉をしてくれる

医局

△

希望が言いにくいことも多い

長年医局人事に身を任せていた場合は特に悩んでしまうケースが多く、コネクションなどが無い限り自分で求人を探さなければなりません。

一方、医師に特化した転職エージェントは様々な企業や病院と繋がりがあり、希望条件(年収・勤務地・当直の有無など)を伝えれば、条件にあった求人をピックアップしてくれます。

4.転職先の病院と待遇面の交渉や入職条件を交渉してくれる

田中くん
転職先では待遇が良いところに行きたいな・・・。でも年収上げたいとは言いづらいし・・・
ねこくん
転職エージェントを利用すると、転職先の病院と給与や入職時期といった条件面の交渉を担当者がしてくれますよ!

もちろん希望条件に沿って交渉してくれますし、面接の場にも同行してくれるので、交渉や面接が苦手な場合というのも心強いです。

交渉してくれる

  • 給料
  • 勤務形態
  • 雇用形態
  • 職務内容
  • 当直回数や有無

5.医局を辞めるべきか、キャリアプランを相談できる

相談

ねこくん
もし医局を辞めるか迷っている場合は、キャリアアドバイザーが一緒にキャリアプランを考えてくれますよ!

医局を辞めたいというのは上司や同僚に相談しづらいですが、転職エージェントを利用すればキャリアアドバイザーが客観的なアドバイスをしてくれます。

相談した結果、医局を辞めないという決断になったとしても、それはそれで医局に在籍する目的がハッキリしているので不安感は少なくなるでしょう。

円満に医局を辞めるまでの7つのSTEP

ねこくん
将来のキャリアのためにも円満に退局することは大切です。ここからは医局を円満に辞めるまでの流れを7STEPに分けて解説していきますね!
どのタイミングで動き出すべき?
急に医局を辞めますと言うと、人事調整がつきにくく引き留められるケースが多いです。そのため、可能であれば辞めたい時期の半年〜1年ほど前から動き出しましょう。
STEP.1
転職エージェントに登録する
キャリアアドバイザー

医師に特化した転職エージェントを活用して、先に転職先を探しましょう。

その後、比較検討して医局を辞めるべきか決断します。

「医局に残る」という選択肢もありますので、まずはコンサルタントに相談するのが大切です。

STEP.2
キャリアカウンセリングを受ける
キャリアカウンセリング

医師に特化したエージェントの場合は電話面談や、自分の希望地・時間帯で面談をすることが可能です。

この際に希望条件や、そもそも退局すべきかなど不安な点を相談できます。

STEP.3
求人の情報提供を受ける
求人紹介

コンサルタントは希望条件に合った勤務先を厳選し提案してくれます。

面接の前にコンサルタントが医療機関と細かい条件交渉をし、より希望に沿った条件を提示してくれる医療機関を探してくれます。

STEP.4
面接日程の調整と対策
担当者からの連絡

応募したい医療機関が決まったら、コンサルタントが面談日の調整に入ります。

履歴書の作成サポートはもちろん、面接で想定される質問や先方が気になっている点などの情報共有があります。

面接に行く前に医療機関を見学することも可能です。

STEP.5
面接
面接

面接にはコンサルタントが同行してくれることが多いです。

事前の提示条件との相違が無いか、その場で一緒に確認してくれるので安心です。

給与、役職、勤務条件など、直接言いにくい交渉はコンサルタントが代行してくれます。

STEP.6
内定・退局手続き
会話する医者

無事に内定をもらったら、なるべく早く退局の旨を伝えましょう。(退局日の半年〜1年前が望ましい)

いきなり教授ではなくまずは上司や医局長に相談し、教授にどのように伝えるべきかアドバイスをもらいましょう。

引き留めに合うケースが多いので、強く意思を決めておいてブレないことが大切です。

あまりにも強引な場合はコンサルタントに相談して、トラブルにならないようにしましょう。

STEP.7
入職・アフターフォロー
レントゲンを見る医者

書類の準備など、入職までの手続きや退職のサポートがあります。

また、入職後に困ったことがあった場合や不安な点はアフターフォローをしてくれます。

退局の際に心がけたいこと
  • 自分が所属する医局の退局事例を情報収集しておく
  • 先延ばしにならないよう、退局の話を積極的に進める
  • 困った場合はコンサルタントや転職先の院長に相談する

医局を辞めたい人におすすめの転職エージェント5選

田中くん
医局を辞めたいと思っている場合、どんなエージェントを使えばいいのかな?
ねこくん
医師転職のノウハウが豊富な、医師に特化したエージェントを利用しましょう!以下にオススメの転職エージェントの特徴をまとめてみました!
各エージェントの特徴
エムスリーキャリアエージェント知名度最大級。実績を生かした交渉力が魅力
医師転職ドットコム求人数が約4万件以上
リクルートドクターズキャリア人材最大手のリクルート運営。
独自の非公開求人がある
マイナビDOCTOR人材大手のマイナビ運営。
求人数とサポートのバランスが良い
MC-ドクターズネット全国23拠点で地方ニーズにも対応
田中くん
どれがいいか迷ってしまうな・・・
ねこくん
医師に特化したエージェントは非公開求人が多いので、チャンスを逃さないためにも、できれば2~3社は併用して比較したいところです。常勤を希望する場合は以下の3社をとりあえず利用するのが良いですね!
まず登録すべき3社
  1. エムスリーキャリアエージェント|知名度抜群で実績が豊富
    https://agent.m3.com/
  2. 医師転職ドットコム|求人数が4万件以上と豊富
    https://www.dr-10.com/
  3. リクルートドクターズキャリア|リクルート運営で安心
    https://www.recruit-dc.co.jp/
ねこくん
エージェントによっては非常勤やスポットアルバイトの求人が少なかったり、取り扱いがないこともあります。常勤以外を希望する場合は以下のエージェントを追加で利用するのがおすすめです。
常勤以外を希望する場合
  1. マイナビDOCTOR|1都3県に強い
    https://agent.m3.com/
  2. 民間医局|スポットや定期アルバイトが豊富
    https://www.doctor-agent.com/
ねこくん
ここからは各エージェントの詳細を解説していきますね!

エムスリーキャリアエージェント|日本最大級の知名度

エムスリーキャリアエージェント
求人対応エリア
全国
サービス名エムスリーキャリアエージェント
公式サイトhttps://agent.m3.com/
運営会社エムスリーキャリア株式会社
対象年代年齢制限なし
対象者医師免許がある人(研修医を除く)
利用料金無料
公開求人数19,982件
非公開求人数非公開
書類添削あり
面接の同席あり
電話やメールでの相談もOK
忙しい場合はメールや電話での相談も可能です。

エムスリーキャリアエージェント』は、エムスリーグループが運営する医師に特化した転職エージェントです。

エムスリーグループは28万人以上の医師が登録する日本最大級の医療従事者専門サイト「m3.com」も運営しており、医師の中での知名度が特に高いサービスだと言えるでしょう。

ねこくん
エムスリーキャリアエージェントのメリット・デメリットは下記のとおりです。
メリット
  • 知名度が高いため多くの情報が集まっている
  • コンサルタントは全員が医療経営士の資格を持っている
  • コンサルタントの交渉力が高く、年収アップに強い
  • 良質な非公開求人が多い(約90%の医師が非公開求人を利用して転職している)
デメリット
  • 非常勤やスポットの公開求人数が少なめ

非常勤の公開求人数は他社と比べて少なめというデメリットはありますが、転職希望医師の登録実績は7年連続第1位で、満足度も96.1%と高く、常勤医師の求人数もトップクラスで弱点が少ないエージェントです。

コンサルタントは全員が医療経営士の資格を保持しており、特に勤務条件の交渉で強みを発揮しますので、常勤を希望する場合は必ず利用したい転職エージェントです。

公式https://agent.m3.com/

医師転職ドットコム|求人数が豊富

医師転職ドットコム
求人対応エリア
全国
サービス名医師転職ドットコム
公式サイトhttps://www.recruit-dc.co.jp/
運営会社株式会社メディウェル
対象年代年齢制限なし
対象者医師免許がある人
利用料金無料
公開求人数33,673件
非公開求人数非公開
書類添削あり
営業時間平日(9:30~18:00)
電話やメールでの相談もOK
忙しい場合はメールや電話での相談も可能です。また、都合の良い日時や地域を指定することで希望の場所で面談をすることが可能です。

医師転職ドットコム』は株式会社メディウェルが運営する医師に特化した転職エージェントです。

メディウェルは医師の転職だけでなく、医師のアルバイトに特化した「医師バイトドットコム」や薬剤師に特化した「薬剤師転職ドットコム」などの医療系人材事業を展開しています。

そのため医療機関とのコネクションが深く、公開求人だけで3万件以上と圧倒的な求人数を誇ります。

ねこくん
医師転職ドットコムのメリット・デメリットは下記のとおりです。
メリット
  • 公開求人数が多い
  • 良質な非公開求人が豊富
  • コンサルタントの交渉力が高く、年収アップに強い
  • 良質な非公開求人が多い(約90%の医師が非公開求人を利用して転職している)
デメリット
  • スポットアルバイトの取り扱いは別サービス

スポットアルバイトの取り扱いはこちらのエージェントでは無く、メディウェルが運営している「医師バイトドットコム」での対応となるので注意が必要です。

とはいえ、公開求人数が医師に特化したエージェントの中でも特に多いので、常勤を希望する場合は情報収集のためにも必ず登録すべきエージェントだと言えるでしょう。

公式https://www.dr-10.com/

リクルートドクターズキャリア|リクルートグループで安心

リクルートドクターズキャリア
求人対応エリア
全国
サービス名リクルートドクターズキャリア
公式サイトhttps://www.recruit-dc.co.jp/
運営会社株式会社リクルートメディカルキャリア
対象年代年齢制限なし
対象者医師免許がある人
利用料金無料
公開求人数17,562件
非公開求人数非公開
書類添削あり
営業時間平日(9:30~18:00)
電話やメールでの相談もOK
忙しい場合はメールや電話での相談も可能です。また、都合の良い日時や地域を指定することで希望の場所で面談をすることが可能です。

リクルートドクターズキャリア』は人材事業最大手のリクルートグループが運営する医師に特化した転職エージェントです。

リクルートといえば常時15万件以上の求人があるリクルートエージェントが有名ですが、意外にも医師の転職をサポートして37年と実績があります。

公開求人数は約1万7000件、加えて非公開求人が1万件以上と、求人数に関しては強みを持ちます。

ねこくん
リクルートドクターズキャリアのメリット・デメリットは下記のとおりです。
メリット
  • 人材事業最大手の安心感と認知度がある
  • 人材事業を展開しているため、企業との繋がりも深い
  • リクルートの営業力とコネクションで求人数が豊富
デメリット
  • 不定期(スポットアルバイト)の求人取り扱いがない

デメリットは不定期(スポットアルバイト)の求人取り扱いが無い点です。

しかし、リクルートは企業への採用支援をしているため企業側との繋がりが深く、産業医や健診など一般企業での求人を探している場合も効果的です。

そのため、常勤を希望する場合は優先して利用したいエージェントの1つです。

公式https://www.recruit-dc.co.jp/

マイナビDOCTOR|日本最大級の知名度

マイナビDOCTOR
求人対応エリア
常勤 : 全国
非常勤・スポット : 東京、神奈川、埼玉、千葉
サービス名マイナビDOCTOR
公式サイトhttps://doctor.mynavi.jp/
運営会社株式会社マイナビ
対象年代年齢制限なし
対象者医師免許がある人
利用料金無料
公開求人数14,906件
非公開求人数53,921件
書類添削あり
面談可能時間平日(9:30~20:30)
電話やメールでの相談もOK
忙しい場合はメールや電話での相談も可能です。また、面談を希望する場合は自分が指定した場所・時間で受けることも可能です。

マイナビDOCTOR』は幅広い人材事業を手掛けるマイナビが運営している、医師に特化した転職エージェントです。

マイナビ系列のエージェントは親身で丁寧な対応が魅力ですが、求人数も公開・非公開あわせて約7万件と豊富なのでサポートと求人数のバランスが良いエージェントと言えるでしょう。

ねこくん
マイナビDOCTORのメリット・デメリットは下記のとおりです。
メリット
  • 幅広い転職サービスを手掛けているため、ノウハウが蓄積されている
  • 看護師転職なども強く、病院との繋がりが深い
  • 人材事業を展開しているため、企業との繋がりも深い
  • コンサルタントの対応が親身で丁寧
デメリット
  • 非常勤やスポットの場合は、東京・神奈川・埼玉・千葉の求人がほとんど

非常勤やスポットの場合は、地方の求人が少なめというのがデメリットですが、常勤の場合は全国に幅広く求人があります。

リクルートが運営している「リクルートドクターズキャリア」と被る部分もありますが、マイナビは40年以上も企業への採用支援をしているため企業側との繋がりが深く、産業医や健診など一般企業での求人を探している場合も効果的です。

とはいえ、リクルートドクターズキャリアと特徴が被るので、どちらか一方を利用するのがおすすめです。

公式https://doctor.mynavi.jp/

民間医局|非正規雇用も検討したい場合におすすめ

民間医局
求人対応エリア
全国
サービス名民間医局
公式サイトhttps://www.doctor-agent.com/
運営会社株式会社メディカル・プリンシプル社
対象年代年齢制限なし
対象者医師免許がある人
利用料金無料
公開求人数21,035件
非公開求人数非公開
書類添削あり
営業時間平日(9:00~18:00)
電話やメールでの相談もOK
忙しい場合はメールや電話での相談も可能です。
各拠点の詳細な住所・アクセスは以下の記事で解説しています。 民間医局の拠点一覧_サムネイル【2020】民間医局の面談場所・拠点一覧【医師の転職】

民間医局』は1997年創業の老舗「株式会社メディカル・プリンシプル社」が運営する転職エージェントです。

転職支援だけでなく、医学生や研修医向けの情報ポータルサイト「レジナビ」を運営していたり、医師向け専門誌「ドクターズマガジン」を発行するなど知名度は抜群に高いです。

ねこくん
民間医局のメリット・デメリットは下記のとおりです。
メリット
  • 登録ドクター約124,000人、契約医療機関13,000施設。年間成約件数50,000件と実績が豊富
  • 全国に17拠点があり、面談がしやすい
  • 非正規雇用の求人が豊富
デメリット
  • 常勤の公開求人数が少なめ

常勤の公開求人数は約1万件と他社に劣りますが、アルバイトなどの非正規雇用の求人数は豊富です。

そのため、常勤だけではなく定期アルバイトやスポットアルバイトも含めて探したいという人にはおすすめの転職エージェントです。

公式https://www.doctor-agent.com/

まとめ|医局を辞めたい場合は必ずエージェントを活用すべき

ねこくん
医局を辞める場合はトラブルが起こりやすいため、円満に退局するためにも必ずエージェントを利用しましょう。最後に、今回ご紹介したエージェントをおさらいします。
まず登録すべき3社
  1. エムスリーキャリアエージェント|知名度抜群で実績が豊富
    https://agent.m3.com/
  2. 医師転職ドットコム|求人数が4万件以上と豊富
    https://www.dr-10.com/
  3. リクルートドクターズキャリア|リクルート運営で安心
    https://www.recruit-dc.co.jp/
常勤以外を希望する場合
  1. マイナビDOCTOR|1都3県に強い
    https://agent.m3.com/
  2. 民間医局|スポットや定期アルバイトが豊富
    https://www.doctor-agent.com/

医師の転職では非公開求人が多いので、優良案件を見逃さないためにも上記の中から2~3社選んで登録しておけば安心です。

ねこくん
あなたの転職が成功することを祈っています!
もしなにか不安なことや質問がございましたら、 LINEから気軽にご質問くださいね。

あわせて読みたいコンテンツ

医師におすすめの転職エージェントを紹介しています。

医師におすすめの転職エージェント_サムネイル医師(ドクター)におすすめの転職エージェント7選【常勤・非常勤】