【脱ニート】ニートから就職を目指す人におすすめのエージェント5選

ニートにおすすめの就職エージェント_サムネイル

この記事でわかること
ねこくん
キャリアアドバイザーのねこくん @biblecareerです。

長年ニートをしてきたけど、だんだん焦ってきた・・・という人は意外にも多いものです。

総務省統計局の発表によると、2018年の若年無業者数は71万人にものぼります。

そういった背景もあり、近年は就職を希望しているニートの人を支援するためのサービスが充実してきています。

とはいえ、いざニートから就職を目指すといっても「どんなサービスを使えばいい?」「就業経験がないけど大丈夫なの?」と不安になってしまいますよね。

ねこくん
そこで今回は、キャリアアドバイザーの筆者が、ニートから就職する際におすすめのエージェントと、選び方や注意点について解説します。

記事の前半ではエージェントの選び方やニートから就職する際の注意点について解説しますので、すぐにおすすめのエージェントが見たい!という人は下のボタンをタップしてくださいね。

ニートから就職を目指す場合に知っておきたい基礎知識

ねこくん
まずはニートから就職を目指す前に知っておきたい知識を解説していきますね!

あなたはニート?フリーター?

田中くん
そもそも、ニートとフリーターって何が違うのかな?
ねこくん
わかりやすく言えば、まったく働いていない人は「ニート」に分類されますね!厚生労働省によると、ニートは以下のように定義されています。

ニートの定義

  • 仕事をしていないこと
  • 職業訓練を受けていないこと
  • 学生ではないこと
ニート
働いておらず、職業訓練もしていない。
フリーター
バイトでも、社会で働いている人。
ねこくん
それぞれ定義はありますが、実際の区別は曖昧ですね。

最近ではフリーターでもバイトを多くして自分で生計を立てている人も多いです。

とはいえ、世間ではどちらも「大差ない」と考えている人も多いのが事実です。

バイトで収入を得ていても、正社員に比べると安定性や年収の面では劣ってしまい、いざ家庭を持つ場合はダブルワークなどをしなければならなくなるでしょう。

また、年齢を重ねるごとにアルバイト採用や正社員採用にも受かりづらくなってしまうので、できれば20代のうちに正社員を目指すのが良いですね。

ニートのままだとどうなるのか客観的に知ろう

田中くん
就職面倒だな・・・ニートのままじゃダメかな?
ねこくん
ダメという訳ではありませんが、将来的にどんなデメリットがあるかは理解しておくべきですね。
ニートのままでいるデメリット
  • 家族や親戚に心配をかける
  • 友人と疎遠になる
  • 収入がないため結婚や出産が難しい
  • 一人暮らしができないため、親に依存する
  • 親が亡くなった場合、路頭に迷う
  • 長期化すると就職に不利になる
  • 社会的な信用を得られないため、賃貸契約やローンが組めない

ニートは時間的な自由は得られますが、お金の自由はありません。

上記のデメリットをまったく気にしないという人はニートのままでも良いと思いますが、ニート期間が長期化すると就職することが難しくなってしまいます。

ねこくん
若ければ若いほど就職は簡単なので、まずは自分がどうしたいかを考えてみましょう!

ニートが企業にアピールできるポイントは?

田中くん
今までニートだったから、これといってアピールするポイントが無いんだけど・・・
ねこくん
まずは企業側がニートを採用する際にどんなことを重視しているか考えてみましょう。

企業が心配なポイント

  • 働く意欲があるかどうか
  • 何らかの疾患があって仕事ができないなどの事情はないか
  • 成長できるポテンシャルはあるか

企業側はニートやフリーターといった状況の人を採用する際、即戦力とは考えていないことがほとんどです。

そのため、企業側はあなたを今後成長できそうな人かポテンシャルを見ています

ねこくん
ニートやフリーターの採用では、人柄が重視されることがほとんどです。また、ニートになってしまった理由も企業側は知りたいポイントなので、正直に伝えるようにしましょう!

そのため、ニートの場合は自分の性格的な強みや働く意欲をアピールすることが就職につながります。

もし、自分のことがまったくわからないという人は一度自己分析をしてみるといいですね。

ニートから就職を目指す際の3つの注意点

1.ハローワークはなるべく避ける

ハローワーク
厚生労働省が設置する行政機関で、全国にある無料で利用できる職業紹介所のこと。
田中くん
ハローワークでも仕事を紹介してもらえるけど、どうなの?
ねこくん
ハローワークは気軽に利用できますが、デメリットもありますね。

企業が転職サイトやエージェントで求人募集をかけると、かなりの金額のコストがかかってしまいます。

一方、ハローワークでは無料で求人掲載ができるため、必然的に資金力の無い会社や離職率が高い企業が集まりがちです。

ねこくん
ハローワークの求人がすべてダメという訳ではありませんが、ブラック企業が多いのも事実です。そのため、ハローワークは最終手段で利用するのがいいですね。

2.転職サイトではなく就職エージェントを利用する

ねこくん
ニートやフリーターは書類選考で落とされる可能性が高いので、転職サイトを利用するのはオススメしません。

「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」といった転職サイトは気軽に応募することができますが、基本的には社会人経験がある人が転職で利用するものです。

書類をばらまく
ニートやフリーターの場合は書類で落とされてしまう可能性が高く、何度も書類落ちをすることで時間のロスになるだけではなく、自信も失ってしまいます。

一方、ニートやフリーターといった未経験からの就職をサポートする「就職エージェント」を利用すれば、担当のキャリアアドバイザーが応募書類の添削や面接指導を行ってくれるため、就職率が格段にアップします。

ねこくん
就職エージェントに求人を依頼している企業も応募者がニートやフリーターという状況を理解しているので、選考が進みやすいですよ!

3.状況によって就職の難易度が変わる点を理解しておく

ねこくん
ニートと一概に言っても、就職がすんなりできるケースとそうではないケースがあります。

ニートから就職を目指すことは可能ですが、ニート以前の経験値によって就職難易度は異なります。就職に1番有利なものから順番に並べてみました。

就職が簡単な順番
  1. 正社員として働いた経験がある
  2. 専門的な資格やスキルがある
  3. アルバイトをしていた経験がある
  4. 20代のニート
  5. 30代のニート
  6. 30代後半以降のニート

専門学校などを出ていてスキルがあるという人は有利ですし、もしアルバイトの経験がなくても年齢が若ければ若いほど選択肢は増えます。

最近では30代前半までサポートしてくれるエージェントもありますが、35歳以降だと就職は難しいというのが現状です。

ねこくん
ニートの期間が長いことを好意的に捉える企業はほとんどありません。手遅れになる前に行動するのが大切です。

就職エージェントの選び方【年齢制限・対応エリアに注意】

田中くん
ニートから就職を目指す場合は、エージェントを利用すればいいんだね!でも就職エージェントはどう選べば良いのかな?
ねこくん
就職エージェントを選ぶポイントは主に以下の3つになりますね!
選ぶポイント
  1. 対応している年齢
  2. 対応エリア
  3. 入社前に研修を受けたいかどうか
ねこくん
各エージェントによって対応エリアと対応年齢が違うので注意が必要です。簡単に表にまとめると以下のようになります!

年齢・学歴制限

年齢制限学歴
ハタラクティブ18~29歳中卒以上
就職Shopなし中卒以上
ジェイック17~34歳高卒以上
第二新卒エージェントneo18~28歳中卒以上
DYM就職18~35歳高卒以上

対応エリア

対応エリア
ハタラクティブ関東近郊・大阪・愛知・福岡
就職Shop首都圏・大阪・京都・兵庫
ジェイック首都圏、大阪、愛知、福岡
期間限定で地方も
第二新卒エージェントneo全国
DYM就職全国

基本的に首都圏や都市に求人は集中するので、全国対応しているエージェントでも地方求人は少なめです。

もし、就職エージェントに登録して希望勤務地の求人が少なかった場合は、地域密着型のエージェントやハローワークを利用しましょう。

転職のプロが厳選!ニートの就職におすすめのエージェント5選

田中くん
ニートでも安心して利用できる就職エージェントってある?
ねこくん
もちろんです!ここからはニートでも利用できるエージェントを詳しく紹介していきますね!まずはざっと比較したいという人のために表にまとめてみます。
ざっくり比較
  1. ハタラクティブ|就職エージェントでは最大手
    https://hataractive.jp
  2. 就職Shop|リクルート運営で安心
    https://www.ss-shop.jp/
  3. ジェイック|研修後に就職したい人向け
    https://www.jaic-college.jp/
  4. 第二新卒エージェントneo|サポート重視の人に
    https://www.daini-agent.jp/
  5. DYM就職|求人の質を重視する人に
    https://talk.dshu.jp/

各社に特徴がありますが、就職エージェントを利用する際は担当者との相性も重要です。

そのため、もしも相性が悪かった場合に備えて複数のエージェントに登録することをオススメします。

ねこくん
自分に合ったエージェントをメインで使っていくのが効率よく進めるポイントです。ここからは各エージェントを詳しく見ていきます!

タップでジャンプ

ハタラクティブ|未経験からの正社員就職では最大手

ハタラクティブ
求人対応エリア
希望勤務地が関東近郊(東京・神奈川・千葉・埼玉)・大阪・愛知・福岡の場合は地方在住でも利用可能
サービス名ハタラクティブ
公式サイトhttps://hataractive.jp
運営会社レバレジーズ株式会社
対象年代18~29歳
対象者中卒以上
利用料金無料
公開求人数-
非公開求人数2,300件
書類添削あり
面接指導あり
面談可能時間平日(10:00~19:00) 土(10:00~16:30)※不定期
各拠点の詳細な住所などは以下の記事にまとめています。 ハタラクティブの面談場所ハタラクティブの面談場所・拠点一覧【就職エージェント】 ※ 掲載データは2019年8月時点のものです。
対象者
中卒・高卒・大卒・専門卒・中退者・ニート・フリーターでも利用可能

ハタラクティブ』は主に20代のニート・フリーターや既卒・第二新卒といった若年層をターゲットとした就職エージェントです。

ハタラクティブにはキャリアアドバイザーが実際に足を運び厳選した求人が3,000件以上あり、全求人のうち80%以上が正社員未経験でOKなのが魅力です。

ねこくん
ハタラクティブのメリット・デメリットは以下のとおりです。
メリット
  • 低学歴や第二新卒に特化したエージェントの中では最大手
  • 中卒でも利用できる
  • カウンセリング場所が多い
  • 内定率が高い(80%以上)
  • 対応業種が幅広い
デメリット
  • 対応エリアが狭い(関東近郊・関西・中部(名古屋)・九州(福岡)のみ)

ハタラクティブ_面接通過率

企業ごとの面接対策を実施することで、内定率80%以上と優れた実績を誇ります。
ねこくん
ハタラクティブのこれまでのカウンセリング実績は60,000人以上と、多くの学歴に自信のない人の味方となってきました。

20代ならニートでも利用できるので、これから正社員を目指す場合に最適です。

登録後は担当のキャリアアドバイザーから電話がきますので、その際に就職に関する不安を気軽に相談してみてくださいね。

注意
ハタラクティブに登録後は「0120-979-185」から確認の電話があるため、あらかじめ電話に出れるようにしておきましょう。

就職Shop|リクルート運営で安心

就職Shop
求人対応エリア
首都圏(東京・さいたま・神奈川・千葉)、関西(京都・兵庫・大阪)
サービス名就職Shop
公式サイトhttps://www.ss-shop.jp/
運営会社株式会社リクルートキャリア
対象年代20代メイン(18歳~30歳)
対象者正社員での就業を希望する若者
利用料金無料
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
書類添削あり
面接指導あり
電話面談なし
面談可能時間平日(10:00~18:30)
各拠点のアクセスや詳細は以下の記事にまとめています。 就職Shopの面談場所【2019】就職Shopの面談場所・拠点一覧【就職エージェント】
対象者
中卒・高卒・大卒・専門卒・中退者・ニート・フリーターでも利用可能

就職Shop』は、人材事業で国内最大手のリクルートキャリアが運営する就職エージェントです。

学歴や年齢制限がなく、期間限定(7月末~3月末まで)ですが学生でも利用可能なのが魅力的なポイントです。

ねこくん
就職Shopのメリット・デメリットは以下のとおりです。
メリット
  • 未経験から正社員になりたい若者なら誰でも利用可能
  • 学生でも7月下旬~翌年3月末までなら利用可能
  • 未経験歓迎の求人がほとんど
  • 書類選考なしで面接に進める
  • 8,500社以上が登録しており、求人数が多い
デメリット
  • 求人の勤務地が首都圏と関西
  • 土日・祝日は利用できない

大手が運営しているだけあって登録企業が8,500社以上と圧倒的ですが、メインの求人対応エリアは首都圏(東京・埼玉・神奈川・千葉)と関西(京都・大阪・兵庫)と狭いのがデメリットです。

とはいえ、大手のリクルートが運営している安心感があるので、希望勤務地が対応エリア内ならぜひ利用を検討したいエージェントです。

\簡単60秒、履歴書・職務経歴書不要/

無料で就職Shopに相談する

ジェイック(就職カレッジ)|じっくり学んで就職したい人に

ジェイック
求人対応エリア
東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡(※ 北海道(札幌中心)、宮城、兵庫、京都、広島などは期間限定)
サービス名ジェイック(就職カレッジ/女子カレッジ/セカンドカレッジ)
公式サイトhttps://www.jaic-college.jp/
運営会社株式会社ジェイック
対象年代17~34歳
対象者高卒以上
利用料金無料
公開求人数-
非公開求人数-
書類添削あり
面接指導あり
受付時間平日(9:00~18:00)
各拠点の詳細な住所などは以下の記事にまとめています。 ジェイック(就職カレッジ)の面談場所・拠点一覧まとめ【2019最新版】
対象者
中卒・高卒・大卒・専門卒・中退者・ニート・フリーターが利用可能。(17~34歳)

ジェイックは、既卒・第二新卒・大学中退者・ニート・フリーター向けの就職支援サービスです。

未経験からの正社員就職という点が魅力で、保有求人のすべてが正社員求人です。

これまでの正社員支援実績は14,000人以上と豊富な実績を誇り、特に営業職での就職に強みを持っています。

ねこくん
ジェイック(就職カレッジ)のメリット・デメリットは以下のとおりです。
メリット
  • すべてが正社員求人
  • 入社後定着率が94.3%と高い
  • 就活講座で基本的なビジネスマナーを身につけられる
  • 就活講座を受ければ集団面接会で書類選考免除
  • 就職成功率が高い(80.3%以上)
デメリット
  • 7日間の就活講座を受けなければならない
  • 業界・職種の幅は狭め(最近は徐々に拡大中)
  • 中卒でも利用可能だが、中卒利用者はほとんどいない

社会人未経験だと不安に思ってしまう「ビジネスマナー」も就活講座で身につけることができ、就活講座を受講していれば集団面接会での書類選考が免除され、20社もの企業と面接ができるのは大きな魅力です。

この就活講座は7日間の時間拘束が発生してしまうというデメリットがありますが、就職前にしっかりと社会人の基礎知識を身に着けたいという人とは相性の良いエージェントです。

第二新卒エージェントneo|親身な対応を受けたい人に

第二新卒エージェントneo
求人対応エリア
全国
サービス名第二新卒エージェントneo
公式サイトhttps://www.daini-agent.jp/
運営会社株式会社ネオキャリア
対象年代18~28歳
対象者中卒以上
利用料金無料
公開求人数168件
非公開求人数5,000件以上
書類添削あり
面接指導あり
受付時間平日(9:00~19:00)
各拠点の詳細な住所などは以下の記事にまとめています。 エージェントneoの面談場所・拠点一覧_サムネイル【就職・転職・第二新卒】エージェントneoの面談場所・拠点一覧【2019】
対象者
中卒・高卒・大卒・専門卒・中退者・ニート・フリーターでも利用可能(18~28歳)

第二新卒エージェントneo』は「転職エージェントneo」などの転職サービスや採用支援の事業を展開する株式会社ネオキャリアが運営するサービスです。

ねこくん
第二新卒エージェントneoのメリット・デメリットは以下のとおりです。
メリット
  • どの学歴でも利用OK
  • 掲載企業からブラック企業を排除
デメリット
  • 求人数が少なめ

対応エリアは全国で、どの学歴でも利用がOKと受け口が広いのが魅力的。

また、掲載企業からは「長時間労働」「社会保険未加入」「残業代なし」「離職率が高い」といったブラック企業を排除しているので、安心して企業を選ぶことができます。

1人あたり平均8時間の手厚いサポート、企業担当による面接対策など親身な対応をしてくれるため、不安が多い人にマッチする就職エージェントでしょう。

\就職成功者15,000名以上!/

無料で第二新卒エージェントneoに相談する

サポート重視の人におすすめ

DYM就職|求人の質を重視したい人に

DYM就職
求人対応エリア
全国
サービス名DYM就職
公式サイトhttps://talk.dshu.jp/
運営会社株式会社DYM
対象年代18~35歳
対象者高卒以上
利用料金無料
公開求人数61件
非公開求人数2,000件以上
書類添削あり
面接指導あり
面談可能時間平日・土日(10:00~20:00)
面談場所の詳細は以下の記事で解説しています。 DYM就職の面談場所・拠点一覧_サムネイル【2019】DYM就職の面談場所・拠点一覧【就職エージェント】
対象者
高卒・大卒・専門卒・中退者・ニート・フリーターでも利用可能

DYM就職』は、人材事業や研修事業を手がける株式会社DYMが運営する就職エージェントです。

高卒以上が利用可能で、年齢制限は35歳までと若年層向けの就職エージェントにしては年齢制限がゆるいです。

ねこくん
DYM就職のメリット・デメリットは以下のとおりです。
メリット
  • 年齢制限が35歳までと広い
  • 就職率が96%と高い
  • 上場企業など大手の求人がある
  • 書類選考なしで面接に進める
デメリット
  • 中卒だと利用できない
  • 面談できる場所が少ない(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌)
  • 熱血系でちょっと強引という口コミも

就職率96%という数字は圧倒的ですが、口コミでは熱血・強引といったコメントもちらほら見られました。

そのため、熱心な対応が合う人には素晴らしい就職エージェントだと言えるでしょう。

\簡単60秒、履歴書・職務経歴書不要/

無料でDYM就職に相談する

熱心なサポートを受けたい人におすすめ

迷った場合におすすめなのはハタラクティブ

田中くん
いろいろなエージェントがあって結局決められない・・・
ねこくん
迷った場合におすすめなのは「ハタラクティブ」ですね!

ハタラクティブ」は未経験者の就職では最大手で、これまでの支援実績は累計15万人以上です。

多くの未経験者を就職成功に導いたノウハウがありますので、もし迷ってしまう場合は多くの人に選ばれているハタラクティブを利用してみるのがいいですね。

ねこくん
とはいえ、30代だと利用できないので30代の場合は35歳まで対応しているDYM就職を優先的に利用しましょう。
公式サイト
  1. ハタラクティブ|就職エージェントでは最大手
    https://hataractive.jp
  2. DYM就職|35歳まで対応
    https://talk.dshu.jp/

就職エージェントで就職成功するまでの流れ

ねこくん
実際に就職エージェントを利用する前に、どんな流れで就職活動が進んでいくのか把握しておきましょう。

各エージェントによって多少の違いはありますが、基本的には以下の流れで進んでいきます。

注意
ジェイックのみ登録後に就職講座を受ける必要があります。
STEP.1
公式WEBサイトから登録

各エージェントの公式サイトにアクセスして、連絡先などの基本情報を入力します。
入力内容に間違いがないように注意しましょう。

STEP.2
担当者と面談日程の調整
エージェントの担当者から電話やメールで連絡が届きます。
その後は案内に従い、面談の日程を決めましょう。
STEP.3
担当者とキャリアカウンセリング
これまでの経歴やスキル、希望条件などのヒアリングがあります。
STEP.4
求人紹介を受ける
求人紹介
ヒアリングをもとに、希望条件にあった求人が紹介されます。(早ければ面談当日、もしくは後日メールや電話)
STEP.5
履歴書・職務経歴書など応募書類の添削
応募したい企業が決まったら、まずは書類の作成です。
志望企業に好印象を与える応募書類のアドバイスを無料でしてもらえます。
STEP.6
面接対策
面接でどのようにアピールすれば効果的か指導してもらえます。
STEP.7
希望企業への応募(書類選考)
実際に企業へ応募します。遅くとも2週間程度で選考結果が出ます。
STEP.8
担当者に日程を調整してもらい、希望企業での面接

希望日程に沿って担当者が企業側と面談日程の調整をしてくれます、

STEP.9
内定獲得。担当者に給与交渉や入社日の調整をしてもらう

担当者が希望条件をもとに給与交渉や入社日の調整をしてくれます。

STEP.10
入社
もし入社時にトラブルがあったり、入社後に不安なことがあれば担当者に相談することも可能なので最後まで安心です。

まとめ:ニートの就職は早ければ有利!

田中くん
ニートでも若ければ若いほど就職には有利になるから、早めに行動したいね!
ねこくん
そうですね!ニートの場合は働く意欲があれば可能性は高まるので、まずは就職エージェントを利用してカウンセリングを受けてみましょう!最後に、今回ご紹介したエージェントをおさらいします。
就職エージェント
  1. ハタラクティブ|就職エージェントでは最大手
    https://hataractive.jp
  2. 就職Shop|リクルート運営で安心
    https://www.ss-shop.jp/
  3. ジェイック|研修後に就職したい人向け
    https://www.jaic-college.jp/
  4. 第二新卒エージェントneo|サポート重視の人に
    https://www.daini-agent.jp/
  5. DYM就職|求人の質を重視する人に
    https://talk.dshu.jp/
ねこくん
あなたの就職が成功することを祈っています!
もしなにか不安なことや質問がございましたら、 LINEから気軽にご質問くださいね。