• 転職したいけど、なにから始めればいいかわからない・・・
  • 転職エージェントってどこがオススメなの?

こういった悩みを抱えていませんか?

日本には大小含めると18,000以上の転職エージェントがあり、転職サイトを含めるともっと数が多くなります。

人生の転機でもある転職活動は必ず成功させたいものですが、残念ながら悪質な転職サービスも存在するのが事実です。

そこで当サイトでは元キャリアアドバイザーの筆者が、転職初心者に向けておすすめの転職支援サービスをピックアップしてご紹介しています。

転職エージェントには年収や学歴などの状況によって相性があり、すべての人にマッチするサービスを紹介するのは難しいのですが、業界内での評判や利用者の口コミを元に徹底的に調査致しました。

ぜひ、転職支援サービスを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

現在は売り手市場で、求職者にとっては転職のチャンス!

2019年現在では求職者よりも求人件数が多く、転職を考えている人にとっては有利な状況です。

有効求人倍率
厚生労働省が全国のハローワークの求人数を求職者数で割り、1人あたりに何件の求人があるかを示した指標です。

倍率が1を上回れば人を探している企業が多く(人不足)、下回れば仕事を探している人が多い(職不足)を示します。

有効求人倍率

※ 厚生労働省「一般職業紹介状況」より

田中くん
2008年から一気に落ち込んでいるけど何があったのかな?
ねこくん
アメリカの大手投資銀行「リーマン・ブラザーズ」の破綻が原因で起こった金融危機「リーマン・ショック」ですね。

リーマン・ショックの影響で一時は急減に有効求人倍率が下がりましたが、2009年以降は右肩上がりとなり、2017年は44年ぶりの高水準となりました。

人材業界では2020年まで売り手市場が継続すると予想されています。

田中くん
なるほど!転職するには今がチャンスなんだね!
ねこくん
求職者にとっては選択肢が豊富で、高待遇な案件も多い今が最適なタイミングです!

あなたの転職する理由は?

転職理由

出典 : doda転職理由ランキング2018<総合>

ねこくん
大手転職エージェント「doda」の調査によると、転職理由の1位~10位は上記のようになっています。
田中くん
意外にも人間関係は転職理由の上位に入っていないんだね!
ねこくん
dodaの調査では人間関係の不満は14位です。この調査は回答数が78,169件と圧倒的に多いので、かなり信頼できるデータですね。

「働き方改革」や「売り手市場」の影響もあり、転職希望者がより高待遇を求めて転職活動をしていることがデータから読み取れます。

全21社を徹底比較しておすすめの転職エージェントを決定しました

田中くん
結局どの転職エージェントが1番良いのかな?
ねこくん
年齢や収入・業界、これまでのキャリアによって相性の良い転職エージェントは異なってくるので、全員が納得する順位をつけるのは難しいです。

しかし「自分に合ったエージェントがわからない」という人も多いと思いますので、ここでは元キャリアアドバイザーの客観的な視点から「総合型転職エージェント(幅広い業界の求人を扱っているエージェント)」のランキングを作成し、ご紹介します。

評価の際に重要視したポイントは「求人数」「求人の質」「提案力」「サービスの質」の4項目です。

項目について
求人数求人数は他社と比べて豊富か
求人の質正社員求人、待遇の良い求人は豊富か
提案力年収アップや交渉に強い担当者か
サービスの質サポートの丁寧さや独自のサービスなどがあるか

リクルートエージェント

  • 常時15万件以上の求人数
  • 転職成功実績No.1
  • スピード転職が可能

リクルートエージェントの特徴

当サイトがもっともおすすめするリクルートエージェントは、常時14万件以上の求人を保有する業界最大手の転職エージェントです。
担当者の質にムラがあるなどのデメリットはありますが、圧倒的な量の情報を得られるという点では全ての転職者にとって強い味方となるでしょう。

利用料金無料
対応エリア全国
評価5.0
備考社会人3年目以降におすすめ
一言コメント
転職エージェント選びに迷ったら、とりあえず登録しておくべきなのがリクルートエージェントです!転職を成功させるには情報収集が必要不可欠ですが、業界No.1の求人数を誇るリクルートエージェントでは、さまざまな業界・職種での情報を仕入れることができます。まだ転職の検討段階でも、情報収集のためだけでも利用して損はないでしょう!

\ 登録時に履歴書・職務経歴書不要 /

無料でリクルートエージェントに相談する

業界最大手!求人数を重視する人におすすめ

詳細や評判は「リクルートエージェントの評判・口コミってどうなの?」で解説しています。

リクルートエージェントの評判リクルートエージェントの評判・口コミってどうなの?【2019年版】

doda

  • 担当者の質が高い
  • 求人数常時10万件以上
  • イベント・セミナー多数

dodaの特徴

dodaは、求人数10万件以上と豊富で、担当者の当たり外れが少ないため、求人数とサポートのバランスを重視したい人に向いている転職エージェントです。
給与交渉や内定率は担当者の力量で大きく差が出る部分ですが、dodaの担当者は高い提案力で多くの転職者を成功に導いています。

利用料金無料
対応エリア全国
評価4.5
備考正社員経験がある人におすすめ
一言コメント
求人数は重視したいけど、年収アップなどのためにサポートも重視したいという人におすすめなのがdodaです。これまではキャリア向きというイメージだったのですが、2018年にイメージを一新して若年層にも親しみやすくなったため、はじめて転職する人にもおすすめです。

\登録時に履歴書・職務経歴書不要/

無料でdodaに相談する

担当者の質が高く、求人数も豊富!

詳細や評判は「dodaは転職で利用すべき?たった5分でわかる評判と全知識」で解説しています。

転職エージェントdodaの評判dodaは転職で利用すべき?たった5分でわかる評判と全知識【2019】

マイナビエージェント

  • 20代の転職に強い
  • 転職初心者に親身
  • 夜間や土曜日も対応

マイナビエージェントの特徴

マイナビエージェントは、新卒採用市場に強いマイナビが運営する転職エージェントです。
新卒採用市場でのノウハウや実績をもとに、20代の転職では豊富な実績を誇ります。
求人数は最大手の2社には及びませんが、丁寧なサポートと優良な中小企業の求人を保有しているため、20代の人にはおすすめです!

利用料金無料
対応エリア全国
評価4.5
備考20代におすすめ
一言コメント
大手2社ほど利用者が多くなく、担当者が1人1人に多く時間を割けるのも魅力の1つです。若年層に強いエージェントですので、リクルートエージェントやdodaで登録を断られてしまった・・・という場合には利用してみましょう!

\登録時に履歴書・職務経歴書不要/

無料でマイナビエージェントに相談する

既卒・第二新卒・20代の転職に強い

詳細や評判は「マイナビエージェントは第二新卒に強い?専門家が評判・口コミから分析」で解説しています。

マイナビエージェントの評判マイナビエージェントは第二新卒に強い?専門家が評判・口コミから分析

パソナキャリア

  • サポートが親身で丁寧
  • 女性の転職に強い
  • 転職後年収アップ率67.1%

パソナキャリアの特徴

パソナキャリアは1976年から人材事業を行うパソナグループの転職エージェントです。
丁寧で親身なサポートが特徴的で、寄り添うようなサポートを受けたい人とは相性がいいでしょう。
また、パソナグループ自体が女性の社会進出に力を入れていることから、女性の転職にも強いです。
転職に自信がない人や、女性には特におすすめの転職エージェントです!

利用料金無料
対応エリア全国
評価4.5
備考女性におすすめ
一言コメント
パソナの魅力は、大手転職エージェントでありながらも親身な対応が受けられるところです。他の転職エージェントの対応が悪いと感じたり、サポートが足りないと感じた場合はパソナを利用するのが良いでしょう。

\登録時に履歴書・職務経歴書不要/

無料でパソナキャリアに相談する

サポートが丁寧で親身。女性の転職に強い

詳細や評判は「パソナキャリアは利用するべき?たった5分でわかる評判と全知識」で解説しています。

転職エージェントパソナキャリアの評判パソナキャリアは利用するべき?たった5分でわかる評判と全知識

迷ったらリクルートエージェントがおすすめです

リクルートエージェントは求人数がダントツに多いので、情報収集という意味でも登録しておいて損は無い転職エージェントです。

ねこくん
おすすめする理由を簡単にまとめてみました!

おすすめ理由

  • 求人数が常時14万件以上と圧倒的に多い
  • 転職成功実績No.1(累計41万1,000名以上)
  • 各職種ごとに専任のキャリアドバイザーが在籍
  • 面接対策セミナーの開催
  • アプリで担当者との連絡や求人情報のチェックが楽にできる

注目したいのはやはり圧倒的な求人数という点です。転職成功のカギとなるのは「どれだけ情報収集できるか」にかかってくるので、情報が豊富なリクルートエージェントを利用するメリットは大きいです。

求人数が豊富ということは選択肢が広がるということでもありますから、他業種も含めて検討したいという人とは特に相性が良いでしょう。

転職成功実績No.1というのも豊富な求人数があるからこそですので、他社では手に入らない情報を手に入れることができる転職エージェントだと言えるでしょう。

\ 登録時に履歴書・職務経歴書不要 /

無料でリクルートエージェントに相談する

業界最大手!求人数を重視する人におすすめ

転職のよくある質問

転職するべきか迷っているんだけど…

実は、転職するか迷っている段階でも、転職エージェントは利用することができます。

転職するか否かは、プロの客観的なアドバイスを受けた上で判断すると良いでしょう。大手転職エージェントでしたら、無理に転職させたりなどはもちろん無いので安心して相談に行くことができます。

ねこくん
転職エージェントとしては相談は大歓迎です。以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください!
今すぐの転職じゃなくてもエージェントは利用できる?今すぐの転職じゃなく相談だけでも転職エージェントは利用できる?

転職すると年収が下がるって本当?

基本的にはキャリアアップでの転職では年収がアップするケースが多いですが、状況によっては下がってしまう場合もあります。例えば、以下のような場合です。

年収が下がりやすいケース
  1. 異業種(未経験業種)への転職
  2. 40台後半以降の転職
  3. 外資系企業から国内企業への転職

年収アップを狙うなら今までのキャリアやスキルを活かせる仕事に就くというのが大前提です。

また、入社時期によってボーナスが全額支給されなかったりということもあるので、入社1年目は年収が下がってしまうこともあります。

そのため、転職で年収が上がったか下がったかは2年目に判断しましょう。

ねこくん
転職で年収が下がらないコツは以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください!
転職で年収が下がる_サムネイル転職で年収が下がるって本当?下がるケースと下がらないコツを解説

転職エージェントと転職サイトの違いは?どっちを使うべき?

転職エージェントと転職サイトのどちらを使うべきかというのは状況によって異なります。それぞれの特徴を簡単にまとめると以下のようになります。

  • 転職エージェント・・・プロによるサポートが受けられる。担当者が間に入るため、動きが遅め
  • 転職サイト・・・自分で転職活動を進めるため、自分次第で素早く転職できる。情報が手に入りづらい

転職サイトはブラック企業に引っかかってしまう可能性も高いので、当サイトでは基本的に転職エージェントのサポートを受けることをオススメしています。

ねこくん
より細かい違いなどは以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください!
転職エージェントと転職サイトの違いとは?転職エージェントと転職サイトの違いとは?初めての転職でも失敗しないために!

転職エージェントを複数掛け持ちで利用するのって良いの?

転職エージェントを複数利用するのは問題ありません。むしろ、1社のみを利用して転職活動を進めるのは大きなリスクでもあります。

複数の転職エージェントを利用してみないと、その転職エージェントが自分に合っているかどうか、他社と比較して求人数はどうなのか、などの判断ができません。

ねこくん
転職エージェント側としても、複数社を併用する人がいることは理解しています。

転職活動は人生の大事なイベントですから、後悔がないように自分に合った転職エージェントを選ぶのが転職成功へのコツです。

転職エージェントの面談ではどんなことを話すの?

転職エージェントの面談では、これまでのキャリアについてや、目指す業界・希望年収などを担当者と確認していきます。

「面談」というと緊張してしまう人も多いのですが、どちらかといえばカウンセリングに近いのでリラックスして臨みましょう。

ねこくん
基本的に服装の指定はありませんが、面接時に着ていこうと思っている服装で行けば、担当者の人にチェックしてもらうことも可能です。

おすすめ記事

転職エージェント

転職活動の進め方

転職の基礎知識

応募書類

新着記事

気になる転職サービスの情報をチェック

リクルートエージェント_ロゴ
doda_ロゴ
ワークポート_ロゴ
パソナキャリア_ロゴ
マイナビエージェント_ロゴ
JACリクルートメント_ロゴ
マイナビクリエイター_ロゴ
ギークリー_ロゴ
レバテックキャリア_ロゴ
ハタラクティブ_ロゴ
type転職エージェント_ロゴ
アールストーン_ロゴ
ジェイック_ロゴ
Spring転職エージェント_ロゴ
転職エージェントneo_ロゴ
シンアド転職エージェント_ロゴ
MASSMEDIAN_ロゴ
エンエージェント_ロゴ