非公開求人とは?非公開にする3つの理由やメリット・デメリットを解説!

非公開求人とは?

非公開求人ってどんな求人なの?と悩んでいませんか?

非公開求人とは、読んで字の通り「非公開になっている求人」ですが、非公開になっている理由がわからないと不安ですよね。

実際、悪い意味で社名を出したくないという企業もあります。

誤ってそのような企業に入ってしまわないためにも、事前に非公開求人について学んでおきましょう。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、企業が非公開求人にする理由と、非公開求人を利用するメリットとデメリットについて解説します。

非公開求人は一般の求人サイトに掲載されていない案件

そもそも非公開求人ってどんな求人?

田中くん

「非公開求人」とは、転職サイトや求人情報誌に掲載されていない求人のことを指します。

非公開求人は、一般の転職サイトや求人情報誌に掲載されておらず、不特定多数が見ることのできない求人と捉えていいでしょう。

非公開求人は転職エージェントによって取り扱われ、各転職エージェントは独自の非公開求人を保有しているところがほとんどです。

転職エージェントの保有案件数のうち、8割が非公開求人と言われています。

企業が非公開求人にする3つの理由

企業が非公開求人にする理由ってどうしてなの?

田中くん

理由は企業によって様々ですが、代表的な例を見ていきましょう。

企業が非公開求人で募集をする場合、以下の3つの理由が挙げられます。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.新規事業立ち上げ・極秘プロジェクトの場合

企業が募集を行う場合、求人情報に応募資格や業務内容を掲載しなければなりません。

しかし、その求人情報からどのような事業を展開しようとしているかを競合他社に知られる可能性があります。

もしあなたが経営者ならば、ライバル企業に新規事業や極秘のプロジェクトについて知られたくありませんよね。

公開求人には人を集めやすい一方で、こういったデメリットもあります。

2.人気企業の場合は採用コスト削減のため

大手有名企業にありがちなのですが、採用活動を行うと何千人もの応募が集まることがあります。

一般求人だと質の低い求人が集まりやすく、すべての選考を行うとなると時間や事務コストも多くかかります。

しかし、非公開求人にして転職エージェントの時点でフィルターをかけることで、応募者の質を上げることができます。

そのため、大企業ほど非公開求人を採用し、経験やスキルがマッチする応募者のみ選考を行うケースが多いです。

大企業ほど採用コストがかかる傾向にあるので、転職エージェントを利用していることが多いです。

3.役員クラスの募集など、事業戦略に関わる人材採用の場合

役員クラスの募集となると、流石に一般求人で行うことはほとんどありません。

理由としては、取引先や株主・自社の社員に不信感や不安を与える可能性があるからです。

また、競合の企業に事業計画や経営方針が流出してしまう恐れがあります。

役員クラスの募集はほぼ100%非公開求人と考えた方がいいでしょう。

非公開求人を利用するメリット2つ

企業が非公開求人にする理由は納得できることばかりだね。

田中くん

ここからは非公開求人を利用するメリットを見ていきましょう。非公開求人を利用するメリットは具体的に以下の2点です。

1.求人サイトにない優良求人に出会える

転職エージェントなどでは、一般の転職サイトには無い非公開求人に応募することが可能です。

特にゲーム業界などはローンチ前のタイトルの開発人員を募集するため、非公開求人として求人をすることが多いです。

特定の言語を扱えるエンジニアのピンポイント募集など、大量募集されないような職種を希望する際は非公開求人を利用した方がいいでしょう。

2.質の高い企業に出会える可能性が高く、条件が合えば内定も得やすい

一般的な転職サイトに常に求人を出しているような企業は、頭数さえ揃えれば良いという「使い捨て」思考が蔓延している企業が多いです。

一方、非公開求人の場合は高いスキルが求められる案件が多く、その分待遇や年収も良い傾向にあります。

企業は非公開求人にすることで、自社の求人にピンポイントでマッチする人材の応募を望んでいます。

自分のスキルと企業の欲しい人材がマッチすれば、スピーディに転職することができるでしょう。

非公開求人を利用するデメリット

非公開求人のメリットは分かったけど、デメリットもあるの?

田中くん

ほとんど無いと言っていいですが、気をつけた方が良いこともあります。

非公開求人には多くのメリットがありますが、1点だけ気をつけるべきポイントがありますので、詳しく見ていきましょう。

社名や業績を伏せている求人がある

社名や業績を伏せているなんてあるの!?

田中くん

まれにですが存在します。こういう企業は避けたほうが無難ですね。

非公開求人の中には、評判が悪いため社名や業績を伏せている企業が存在することもあります。

判断材料があまりに少ない場合は、担当の転職エージェントに相談した方が良いですね。

面接まで進んでも具体的な情報の開示がない場合は、ほぼブラック企業といっていいでしょう。

まとめ

この記事のまとめ

  • 非公開求人は企業が情報を伏せたいときに使う
  • 非公開求人は転職エージェントで取り扱いがある
  • 非公開求人には高待遇な優良案件が多い

転職エージェントが取り扱っている非公開求人には公開求人には無いニーズが有るため、語学やスキルに自信がある人は積極的に利用するといいでしょう。

社名や業績を伏せている企業に気をつけながら、非公開求人にもどんどん応募していくのが良いですね。

また、転職エージェントごとに独占求人などもあるため、複数の転職エージェントを併用すると案件の選択肢が大きく広がります。

あわせて読みたいコンテンツ

総合型転職エージェントランキングプロが教える!転職エージェントおすすめランキング 【2018年最新版】

元キャリアアドバイザーの筆者が、転職エージェント各社を比較しランキング形式で紹介しています。