新卒で入社したブラック企業で過労死しかけたので実態を書く

ブラック企業に務めた実態

みなさんは、「自分の会社はブラック企業だ」と考えたことがありますか?

某D社の社員が亡くなったことも記憶に新しいですが、実際に私も過去に広告業界で働いており、長時間労働で過労死しかけた経験があります。

このページでは、当時はどのような思いで勤務していたか、どのように身体に不調が表れたかなどを書いていきたいと思います。

今現在ブラック企業に務めている方や、転職を考えている人の参考になれば幸いです。

なぜ、ブラック企業に入社してしまったのか?

私はクリエイティブ系の専門学校に在籍していたため、ゲーム業界や広告業界に入るのがスタンダードでした。

専門卒なので高学歴ではありませんが、選考でいい成績を残せたようで、かなりの倍率を勝ち抜いて業界でも名前の知れた会社(広告の制作会社)に内定を頂くことが出来ました。

資本金も多くて経営基盤がしっかりしていそうだと新卒ながらに考えていましたね。笑

新卒にしては給料も悪くないため内定を承諾、入社を決めました。

何しろ有名企業なので、母校の先生たちも喜んでいましたね。

業務内容など

身バレをしそうなので多くは語れませんが、一般的なところを少しお話したいと思います。

広告代理店と仕事をすることがほとんど

広告業界の制作会社では、ほとんどが広告代理店から仕事が降りてきます。

私の在籍していた企業は老舗なので、繋がりの深い企業からは直受けしていましたが、80%以上が代理店を介した案件です。

このような仕組みだと、クライアント > 広告代理店 > 広告制作会社という構図が出来上がりますよね。

この構造上仕方が無いのですが、クライアントの要望に対応するしわ寄せは広告制作会社に来ます。

修正依頼などに即座に対応するべく、代理店とのやり取りは深夜にも及びます。(普通に3時とかにもメールや電話のやり取りがあったり・・・)

つまり、労働時間で考えると、代理店とほぼ同じかそれ以上になります。

下請けになればなるほど、労働時間が多くなるのはどこの業界でもそうかもしれません。

入社して3ヶ月もすれば、帰れなくなる

最初の1ヶ月は研修やらなんやらで定時で帰ることができていました。(友人の制作会社では入社後即帰れなくなったらしいので、私はマシかもしれません)

しかし、新入社員以外は誰も定時で帰らないんですね。←この辺で異変を感じ始める

というか定時が無いといった雰囲気ですね。誰も帰らなさすぎて逆に帰るのが申し訳なくなってしまいます。

ちなみに昼休憩の時間も決まっていないので、休憩が無かったりします。休憩できる時にはするといった感じですね。

新入社員は清掃などのため出勤時間が早いのですが、朝行くと机や床で寝ている人がいたり、何日も同じ服装の人がいたりしたんですね。

研修が終わると、それぞれのプロジェクトに配置され、先輩に付いて回ります。

つまりは、先輩と同じスケジュールで生活していくということです。

常に帰らない先輩の下に配属されると・・・後はわかりますね?

ちなみに私の場合は7時出勤、翌朝4時退社などがありました。

残業時間や給与について

参考までに、入社一年目の時点でのスケジュールを載せておきます。

  • 6:00 起床
  • 7:00 出勤
  • 7:30 出社
  • 1:00 退社
  • 2:00 帰宅(タクシーで)
  • 3:00 晩ご飯, 風呂など
ざっとこんな感じです。

正直、行き帰りの時間があるくらいなら睡眠を取りたいので、あまりにも遅い時間に終わった場合(3時とか4時)は、着替えを購入して会社で寝ます。(ロッカーに3日分くらいの着替えは常にストックしていました)

風呂はボディペーパーを使ったり満喫などで済ませます。

土日祝は基本的に無い

広告の撮影などは、キャスト(芸能人など)のスケジュールに合わせなければ行けないため、土日でもおかまいなしで仕事が入ります。

1ヶ月連続で休み無しなんてのは普通です。

ちなみに休日出勤の日当は2,000円です。(これでも出るだけマシだと思います)

そのぶん代休が溜まっていくのですが、直属の上司だった8年目の先輩が「入社して初めて代休取るわ―」と言っていて驚きましたね。

このように、老舗なので代休などの制度はしっかりしていますが、何せ仕事量が多いので休むヒマが無いんですね。

代休には時効があるので、取らないと消えていきます。でも取れません。

みなし残業という最悪の制度

気になるのが残業代に関してだと思うんですが、在籍していた会社では「みなし残業」という制度が採用されています。

「みなし残業80時間」だとしたら、残業代として80時間分は確実に支給されます。(80時間以内の残業だとしても)

まぁ、みなし残業時間以内だったことは一度も経験がないですね。だいたい+100時間くらいでしょうか。

でも、同業で知り合いの会社は残業代がほぼ無いってのもありますし、残業代が出るだけありがたいことですね。

労働時間を時給換算すると・・・恐ろしいので辞めましょう。

普通に東京都の最低賃金以下です。

激務で起こった身体の不調

私は運動部出身だったので体力にはかなり自信がある方です。

しかし、結果としては激務を続けて半年ほどで身体に不調を起こしてしまいました。

なぜか帰宅途中に涙が出る

私は正直「心の病になる人は甘えているだけ」という考えの持ち主でした。

毎日深夜まで続く激務や、理不尽な上司の圧力、迫る締め切り、弱音を吐いてしまう自分の情けなさ。

いろいろな事が一気に押し寄せ、なぜか帰宅途中に泣きながら帰った記憶があります。笑

後々考えれば、このときにはもう心を病んでいたのだと思います。

しかし、それも放置して働き続けました。

まずは身体にストップがかかった

そんな感じで働き続けたある日、突如40度近い高熱が出ました。

その時は1ヶ月以上休んでおらず、土日も出勤した後の月曜日だったことを覚えています。

会社に休む連絡を入れて病院へ行きましたが、携帯には上司からの怒号の留守電が何通も…

会社用の携帯を見るのも怖くなってしまいました。

病院でさまざまな検査を行っていくうちに、自分の身体のボロボロ具合に気づきました。

体重は10kgも落ちていましたし、手の震えから握力がほとんど無く、寝ても寝ても疲れが取れない状態。

結局、これといった原因は見つからず、精神的なものだと判断され、心療内科を紹介して頂きました。

「うつ」だったということを初めて知る

心療内科に行き、まずはカウンセリングを受けました。

経緯を話すと「辛かったですね」「ゆっくり治していきましょう」と言われ、再び涙が止まらなくなりました。

私の駄目なところは、誰にも相談しなかったことですね。

診療を受けていく中で自分が「うつ」ということに初めて気が付きました。

「あぁ〜これがうつなんだなぁ」といった感じで、あまり当事者意識はありませんでした。←これが怖い所ですよね。

休職するために診断書を書いてもらい、しばらく休職。

ここで休職を決断したのは、重要なポイントだったと思っています。

休職からそのまま退職へ

休職期間中は、自分について見つめ直す良い時間が取れました。

というのも、ベッドから起き上がる気力も無いので、思考を巡らせることくらいしかやることがありません。笑

ここで自分にとって大切なことや、仕事との付き合い方について考えられたことで、退職を決意することができました。

そして休職中に、退職の旨を伝えました。

「高い倍率を勝ち抜いて入社したのにもったいないよ」と上司には言われましたが、正直自分の身体の方が大事ですし、自分の代わりはいくらでもいます。

なぜブラック企業を辞められないか?

周囲から見ると明らかにおかしいので、「辞めればいいじゃん」という言葉が飛んできます。

確かにその通りですが、実際にブラック企業に務めていると激務で思考停止しているんですね。

実際に私は1年で退職しましたが、その時点で20人ほどいた同期は誰ひとりとして辞めていませんでした。

無職になるのが怖い

私は1年という短い期間で退職しましたが、ブラック企業で貴重な時間を搾取され続けなくて良かったと思います。

当時は今後のことを不安に思っていましたが、以外になんとかなるもんです。

金銭的理由で辞められない

この理由でブラック企業を辞められない人は多いですね。

実際に私もそうでしたが、生活の不安から辞めずに放置していた結果、病気になってしまいました。

医療費で10万円近くかかりましたし、そもそも健康な身体がなければ働くこともできません。

金銭的理由で辞められない人は、自分の身体がダメになる前に対策を打つべきでしょう。

こういった時に友人や家族のサポートがあると助かりますよね。

なぜ、退職しようと思えたか?

私が辞めようと決意できたポイントは3つあります。

  1. 「この状態はおかしい」と会社への疑問を持ち続けた
  2. 病気になったことで、自分について考えることが出来た
  3. 「とりあえず3年」「やりがいがあるから」などの精神論のバカバカしさに気づいた
ブラック企業を辞められない一番の理由は「辞めると経済的や精神的に不安」になってしまうという点だと思います。

しかし「自分にとって最も大切にしたいことはなにか」を考えてみると、思考がクリアになります。

私の場合は、激務で友人・家族との時間がほとんど取れていませんでしたし、個人的に将来のキャリアを考えて勉強したいことも山程あったのですがそれも手付かずでした。

その全てを犠牲にして、何年もこの企業で働くことに価値が見い出せませんでした。

「仕事上で自分の代わりはいくらでもいる」そう割り切るのは大事ですね。

今現在、ブラック企業に務めている人はどうすればいいか?

まず大切なのは、身体に異常をきたす前に辞めることです。

現在、仕事が原因で体調を崩されている方は早急に退職するべきです。

正直に言って、自分の身体以上に大切なものはありません。(健康でさえいれば辞めてもなんとかなるので)

今している仕事は死ぬほど価値がある仕事なのでしょうか?

できれば誰かに相談するのが良いでしょう。

私のように心療内科のカウンセラーに相談してみるのも手段の1つです。

仕事はいくらでもありますが、家族・友人・恋人にとって「あなたという存在は1人しかいません」

相談する相手がいないのであれば、私が相談に乗りますし愚痴も聞きます。

ぜひ問い合わせフォームからご連絡を下さい。

本当に少し勇気を出すだけで、世界が変わります。

まずは自分について考えることから少しずつ始めていきましょう。