総合型転職エージェントと業界特化型の違いとは?メリットとデメリットを解説

総合型と特化型の違いとは

総合型の転職エージェントと業界に特化した転職エージェント、どちらを利用すべきか迷っていませんか?

業界特化型の転職エージェントは志望業界が決まっている人なら有効ですが、間違った選び方をしてしまうと転職失敗に繋がってしまいます。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が総合型と業界特化型の違い、両者のメリットとデメリットについて解説します。

もし、あなたがどちらの転職エージェントを利用すべきか迷っている場合は、ぜひこの記事を最後まで読んでいただきたいです。

そうすれば、両者の特徴を理解したうえで、正しい転職エージェントを選ぶことができるでしょう。

総合型と特化型の違いは業種・職種を絞っているかどうか

転職エージェントには大きく分けて『総合型転職エージェント』と『業界特化型転職エージェント』の2種類があります。
  • 総合型・・・幅広い業界・業種を網羅した転職エージェント
  • 特化型・・・各種業界・職種に特化した転職エージェント

代表的な総合型転職エージェントとしては、『リクルートエージェント』『doda』などが挙げられます。

一方、特化型転職エージェントでは、IT・Web業界に特化した『レバテックキャリア』やWeb・ゲーム業界に特化した『マイナビクリエイター』などがあります。

両者の違いをわかりやすく例えるならば、総合型転職エージェントは「大学」、特化型は「専門学校」といったところでしょう。

それぞれのメリットやデメリットを見ていきましょう。

総合型のメリット・デメリット
  • 対応している業界が広く、求人案件数が多い
  • さまざまな業界の情報を収集でき、業界同士の比較がしやすい
  • コンサルタントの質が高い傾向にある
  • 専門型に比べて業界知識に乏しい
特化型のメリット・デメリット
  • 実際の現場の情報など、業界のリアルな情報が手に入る
  • 業界出身のコンサルタントが多く、知識が豊富
  • 業界全体の動向を知ることができる
  • 企業とのつながりが深いため、企業ごとの対策がしやすい
  • 案件の幅が狭いぶん、求人数が少ない

総合型転職エージェントを利用する3つのメリット

総合型転職エージェントにはどんなメリットがあるのかな?

田中くん

さまざまな業界を見ながら検討できるのが魅力です。
  1. 対応している業界が広く、求人案件数が多い
  2. さまざまな業界の情報を収集でき、業界同士の比較がしやすい
  3. コンサルタントの質が高い傾向にある

対応している業界が広く、求人案件数が多い


総合型はほとんどすべての業種・職種を網羅しているため、案件数が非常に多いのが特徴です。
求人数を重視する人には魅力的なポイントだね。

田中くん

総合型転職エージェントの魅力は、幅広い業界に対応し保有案件数が多いという点です。

また、最大手の『リクルートエージェント』や『doda』は対応エリアも全国なため、地方の求人にも強いです。

求人数を重視する人や、地方での転職を考えている人には総合型転職エージェントがマッチするでしょう。

さまざまな業界の情報を収集でき、業界同士の比較がしやすい

総合型では業界ごとにを比較できるので、各業界の強みや弱点が見えやすいです。業界研究に役立つでしょう。/say]

前述しましたが、総合型転職エージェントは、幅広い業界に対応しています。

そのため業界同士の比較がしやすく、志望業界が定まっていないという人には便利です。

業界について客観的に見ることができるので、「今働いている業界ってどうなの?」と確認するには絶好の場ですね。

他業種に移りたいという場合にも総合型転職エージェントを利用すると良いでしょう。

コンサルタントの質が高い傾向にある

[say name="田中くん" img="https://creative-bible.com/wp-content/uploads/2018/10/tanaka_mu.png" from="right"]総合型のキャリアコンサルタントの質はどうなのかな?

経験豊富なコンサルタントもいますが、個人差が激しいです。

コンサルタントの質でいえば、総合型は利用者が多いぶん経験を積んでいると言えます。

ベテランで提案力があるコンサルタントもいれば、利用者の多さに忙殺されて事務的な対応になっているコンサルタントもいます。

これは運営会社の社風にもよるのですが、例えば若手に積極的に経験を積ませる『リクルートエージェント』、社員教育に熱心で担当者の質のムラが少ない『doda』など、各社の特徴が表れる部分です。

人によっては合う合わないがあって当然なので、リスクヘッジのためにも複数の転職エージェントを利用するのが望ましいでしょう。

各転職エージェントの特徴に関しては、「転職で失敗したくないあなたへ | 転職エージェントおすすめランキング」でご紹介しています。ぜひご覧ください。

総合型転職エージェントのデメリットは専門性の低さ

総合型エージェントのメリットはわかったけど、デメリットはある?

田中くん

主なデメリットは専門性が低いことですね。

総合型転職エージェントは幅広い業界をカバーし、多くのニーズを満たすサービスですが、そのぶん1つの業界・職種に関しての専門性は特化型と比べて低いです。

特に専門的な技術職(プログラマやデザイナーなど)を志望する人などは、キャリアコンサルタントの知識不足を感じるかもしれません。

特化型転職エージェントを利用する4つのメリット

特化型転職エージェントにはどんなメリットがあるのかな?

田中くん

総合型とは違って『狭く深い』転職活動ができます。
  1. 実際の現場の情報など、業界のリアルな情報が手に入る
  2. 業界出身のコンサルタントが多く、知識が豊富
  3. 業界全体の動向を知ることができる
  4. 企業とのつながりが深いため、企業ごとの対策がしやすい

実際の現場の情報など、業界のリアルな情報が手に入る

どうして業界に特化したエージェントを利用すると、リアルな情報が手に入るの?

田中くん

各企業との繋がりが深いことが第一ですね。長年同じ業界に人材を送り続けているというのもあります。

業界に特化した転職エージェントは、その業界に何年も人材紹介を続けています。

そのため、転職エージェントは各企業との信頼関係が築かれており、企業と太いパイプを構築することでしか知り得ない情報も多く保有しています。

だからこそ、特化型転職エージェントでは求人サイトなどには掲載されていない『生きた情報』が手に入りやすいのです。

業界出身のコンサルタントが多く、知識が豊富

特化型のコンサルタントは業界出身者が多いの?

田中くん

各エージェントにもよりますが、総合型よりは間違いなく業界知識が豊富だと言えるでしょう。

特化型の転職エージェントで働いているキャリアコンサルタントは、業界出身者であることが多いです。

そのため、利用者目線でのアドバイスが受けられるのが魅力的なポイント。

また、利用ソフトやプログラム言語といった専門用語でも十分に通用するので、総合型を利用して、まったく話が噛み合わなかったという人は利用してみると良いでしょう。

業界全体の動向を知ることができる

特にWeb・ITなどの業界は新しい技術がどんどん出てくるため、業界全体の動向を知ることは大切ですね。
会社では通用していた自分のスキルが時代遅れだった・・・なんてことも十分にあり得るね。

田中くん

特化型の転職エージェントを利用すれば、「業界全体の動き」を知ることが可能です。

例えば、海外ではスタンダードな開発環境やプログラム言語が日本に上陸する。なんてことはかなり多いですよね。

また、業界自体の求人数の変動や、職種別の需要などを詳しく知ることができます。

特にITやWebの分野などは移り変わりが激しいので、今後生き残るためにも注視しておかなければなりません。

業界の動向を知ることで、これから身につけていくべきスキルや、どのようなキャリアを積んでいけばいいかが明確になります。

企業とのつながりが深いため、企業ごとの対策がしやすい

特化型は各企業との太いパイプを活かし、それを内定へと繋げている傾向があります。
受ける企業がどんな人材を欲しいか詳しく分かれば、内定率も高まりそう!

田中くん

業界に特化した転職エージェントは、現場の情報を仕入れるために何度も企業訪問を重ねています。

前述しましたが、業界を絞ることによって、1つの企業の情報もより濃密なものを仕入れることが可能ですよね。

そのため、特化型転職エージェントは「この企業は近年こういった選考を行っている」「この企業にはこんなポートフォリオが好印象」といった情報を持っています。

その情報やノウハウを元に面接対策や各種書類を作成するので、企業ごとの対策がしやすい傾向があります。

特化型転職エージェントのデメリットは案件の幅の狭さ

特化型エージェントのメリットはわかったけど、デメリットはある?

田中くん

主なデメリットは求人数が少ないことですね。

業界特化型の転職エージェントは、総合型に比べて求人数が非常に少ないです。

業界を絞り込んでいるので幅が狭いのは仕方ありませんが、他の業界も見てみたいと言う方は特化型と総合型の併用をオススメします。

まとめ : 業界別のオススメ転職エージェント

最後に、総合型・特化型のメリット・デメリットをおさらいしましょう。
総合型のメリット・デメリット
  • 対応している業界が広く、求人案件数が多い
  • さまざまな業界の情報を収集でき、業界同士の比較がしやすい
  • コンサルタントの質が高い傾向にある
  • 専門型に比べて業界知識に乏しい
特化型のメリット・デメリット
  • 実際の現場の情報など、業界のリアルな情報が手に入る
  • 業界出身のコンサルタントが多く、知識が豊富
  • 業界全体の動向を知ることができる
  • 企業とのつながりが深いため、企業ごとの対策がしやすい
  • 案件の幅が狭いぶん、求人数が少ない

総合型を利用する場合は最大手で求人数が豊富な『リクルートエージェント』やコンサルタントの質が高い『doda』を利用すれば間違いありません。

また、すでに志望業界が定まっている人は特化型の転職エージェントを利用した方が質の良い案件を見つけることができるでしょう。

下記では各業界ごとにおすすめの特化型転職エージェントをご紹介します。

業界・職種転職エージェント特徴
IT・Webレバテックキャリアエンジニア・クリエイターにオススメ。20代~30代向け。
ゲームマイナビクリエイターゲーム業界大手多数。ポートフォリオ作成指導あり。
アパレルクリーデンスアパレルでは保有件数ダントツ。サポートも丁寧。
マスコミマスメディアン宣伝会議グループ運営。数少ないマスコミ系転職エージェント。
薬剤師薬キャリ求人の幅が広い。若手~ベテランまで。
看護師看護のお仕事国内最大級。全国12万件以上の事業所情報。

また、厳密には特化型ではないのですが、『JACリクルートメント』は管理職やグローバルポジションの転職に強いため、海外や外資に転職するなら非常にオススメです。

上記以外の転職エージェントに関する評判は、「転職で失敗したくないあなたへ | 転職エージェントおすすめランキング」でご紹介しています。ぜひご覧ください。

あわせて読みたいコンテンツ

総合型転職エージェントランキングプロが教える!転職エージェントおすすめランキング 【2018年最新版】

元キャリアアドバイザーの筆者が、総合型エージェントをさまざまな角度からランキング付けしています。

エージェント選びの参考になると思います。