リクルートエージェントとマイナビエージェントはどちらを使うべき?転職のプロが徹底比較

リクルートエージェントとマイナビエージェントはどちらを利用すべき?

転職エージェントの「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」のどちらを使うべきか迷っていませんか?

どちらも認知度が高く、新卒のときには「マイナビ」や「リクナビ」にお世話になったという人も多いのではないでしょうか。

運営母体のリクルート、マイナビともに新卒市場に強い企業ですが、転職市場ではどうなのでしょうか?

このページでは元キャリアアドバイザーの筆者が、転職活動でリクルートエージェントとマイナビエージェントのどちらを使うべきか比較・解説します。

もし、どちらのエージェントを使うべきか悩んでいる場合は、この記事を最後まで読んでいただきたいです。

そうすれば、リクルートエージェントとマイナビエージェントのどちらを使うべきか判断でき、転職成功への近道となるでしょう。

リクルートエージェントとマイナビエージェントの基本データを比較

まずは両エージェントの基本的なスペックを比較していきましょう。

比較する内容は以下の3点です。

  • 求人数
  • 国内拠点数(地方でも利用可能か)
  • サポート期間 / 対応可能日時

なお、掲載データは全て公式サイトからの出典、2018年8月現在のものになります。

担当者の質や具体的な評判に関しては当サイトがアンケートを実施し、利用者から集めた口コミを後述しますので、そちらも合わせてご参考ください。

求人数はリクルートエージェントが圧倒的

求人数はどちらが多いのかな?

田中くん

リクルートエージェントは業界最大手だけあって圧倒的ですね。マイナビエージェントは求人数で大きく差をつけられています。
 リクルートエージェントマイナビエージェント
公開求人37,589件7,911件
非公開求人190,372件24,610件
合計227,961件32,521件

リクルートエージェントとマイナビエージェントの求人数を比較すると、約7倍も求人数に違いがあります。

やはり求人数を重視する場合は業界最大手のリクルートエージェントが良いでしょう。

国内の拠点数はリクルートエージェントの方が多い

地方転職に関してはどうなのかな?

田中くん

どちらも複数の拠点を持ちますが、その数はリクルートエージェントの方が多いですね。

リクルートエージェントは全国に16拠点

  • 北海道支社(札幌)
  • 東北支社(仙台)
  • 東京本社(東京・丸の内)
  • 宇都宮支社(宇都宮)
  • さいたま支社(大宮)
  • 千葉支社(千葉)
  • 西東京支社(東京・立川)
  • 横浜支社(横浜)
  • 静岡支社(静岡)
  • 名古屋支社(名古屋)
  • 大阪支社(大阪)
  • 京都支社(京都)
  • 神戸支社(神戸)
  • 中四国支社 岡山オフィス(岡山)
  • 中四国支社 広島オフィス(広島)
  • 福岡支社(福岡)

マイナビエージェントは全国7拠点

  • 札幌オフィス(札幌)
  • 東京(京橋第一)オフィス
  • 東京(京橋第二)オフィス
  • 横浜オフィス(横浜)
  • 名古屋オフィス(名古屋)
  • 大阪オフィス(大阪)
  • 福岡オフィス(福岡)

どちらも主要都市のほとんどには拠点があります。

しかし、拠点数で言えばリクルートエージェントの方が多いので、特に「静岡」「宇都宮(北関東)」「四国」での転職を考えている人はリクルートエージェントの方が向いているでしょう。

サポート期間はどちらも3ヶ月が目安

どのくらいの期間サポートしてくれるのかな?

田中くん

リクルートエージェントマイナビエージェント
サポート期間3ヶ月明記なし
面談可能曜日いつでも平日・土曜
営業時間10:00-19:30, 土(10:00-18:30), 日(10:00-17:00)9:30-20:30, 土(9:30-17:30)

サポート期間はリクルートエージェントが3ヶ月となっています。

マイナビエージェントは特に明記されておらず、納得がいくまでサポートとありますが、3ヶ月を目安に考えておくと良いですね。

とはいえ、相談次第でサポート期間の延長は可能なので、どちらも柔軟に対応はしてくれるでしょう。

リクルートエージェントの場合は曜日にかかわらず面談が可能なので、平日になかなか時間が取れない方には便利です。

一方、マイナビエージェントは平日が20:30までと遅くまで営業しているので、夜しか行けない場合はこちらも利用したいですね。

口コミからリクルートエージェントとマイナビエージェントを比較

基本的な情報は理解できたけど、実際に利用してみた感想が気になるね。

田中くん

ここからは当サイトに寄せられたやSNSでの口コミを見ていきましょう

リクルートエージェントの高評価・低評価口コミ

年収が上がって大満足

口コミ・評判

[営業] 30代後半・男性/年収400万台
総合評価:★★★★★5

転職前の会社では毎月かなり残業や休日出勤をして目標を達成賞しても、なかなか給料が上がっていかず転職を決意しました。

リクルートエージェントで紹介してもらった企業に転職したら残業や休日出勤はほとんどなく、年収も30万円ほど上がってとても満足しています。

いいね! (2)
見当違いな紹介案件があった

口コミ・評判

[営業] 20代後半・男性/年収300万台
総合評価:★★★☆☆ 3

少なくとも10社は応募してくださいとノルマを課されてプレッシャーを感じた。(多分経歴やスキル的に内定獲得が難しいからだと思う)

紹介案件数は多いのだが、見当違いなのもチラホラ。この辺りは自分自身でしっかりと判断する必要がある。

いいね! (1)
求人数は評判通りの多さ

口コミ・評判

[プランナー] 20代後半・女性/年収300万台
総合評価:★★★★☆4
新卒で入社した会社は下請けで限界があり、もっと大きなプロジェクトに携わりたいと思い転職を決意しました。
リクルートエージェントを選んだ理由は、求人数が多いと評判だったのもありますが、やはり知名度ですね。
蓋を開けてみれば想像よりも遥かに多い求人数で、逆に選別に困るほどでした。笑
結果としてキャリアアップに成功したので、リクルートエージェントを利用してよかったと感じています。

マイナビエージェントの高評価・低評価口コミ

初めての転職活動に利用しました

口コミ・評判

[マーケティング] 20代前半・女性/年収300万台
総合評価:★★★★☆4

初めての転職活動で不安でしたが、担当者の方が丁寧に教えてくださって助かりました。

特に職務経歴書などは書いたことがなかったので、相談してみて正解です。

ひとりで転職活動をしていたら絶対失敗してしまっていたと思います。

リクルートエージェントよりはグイグイ来ない感じなので、女性の方にこそオススメしたいですね。

いいね! (1)
大手に比べると求人数はイマイチ

口コミ・評判

[販売管理] 20代後半・男性/年収400万台
総合評価:★★★☆☆ 3

大手2社と同時に登録していたが、やはりこちらは案件数が少ない。

だが、こちらにしか無い求人は多かったので、登録しておくと何かと便利なエージェントかもしれない。

最終的には別のエージェントで転職が決定した。

いいね! (1)
ハッキリと言ってくれるところが良い

口コミ・評判

[広報担当] 20代後半・女性/年収300万台
総合評価:★★★★★5

入社した会社を激務が原因で1年で辞めてしまい、転職活動をしていました。

私の希望条件はとにかく残業が少ないこと!それを担当者に伝えると、ここはOK、ここはダメとハッキリ言ってくれたので良かったです。

転職エージェントは胡散臭いと思っていた私がバカでした。最終的に満足の行く転職ができて、マイナビエージェントには本当に感謝しています。

いいね! (1)

リクルートエージェントは求人数を重視する人におすすめ

求人数
(5.0)
求人の質
(4.5)
担当者の質
(5.0)
提案力
(4.0)
総合評価
(5.0)

圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェントは、求人数を重視する人にオススメです。
土日に利用できるのも忙しい人には便利だね!

田中くん

口コミを見るとリクルートエージェントは求人数の満足度が非常に高いので、幅広い選択肢の中から転職先を探したいという人は向いているでしょう。

一方、担当者が事務的で淡々としているという意見もあるため、親身なサポートを期待する人との相性はイマイチです。

土日でも利用できるのは魅力的なので、平日に忙しくて時間が取れない人は積極的に利用すべきでしょう。

リクルートエージェントで無料相談

マイナビエージェントは20代でサポート重視の人におすすめ

求人数
(4.0)
求人の質
(4.5)
担当者の質
(5.0)
提案力
(4.0)
総合評価
(4.5)

マイナビエージェントの運営母体であるマイナビは新卒市場に強いため、若手が欲しい企業が求人募集をする傾向にあります。

そのため20代や若年層におすすめの転職エージェントだと言えるでしょう。

デメリットは求人数が少ない点。

利用を開始したけど、希望条件を満たす案件が見つからなかった・・・という声もありました。

その弱点を補うため、求人数が多い大手エージェントとの併用がオススメです。

サポート自体は丁寧で好印象という声が多いので、若年層でサポートを重視する人との相性は良いでしょう。

マイナビエージェントで無料相談

まとめ

この記事のまとめ

  • リクルートエージェントは平日に時間が取れない人、求人数重視の人にオススメ
  • マイナビエージェントはサポート重視、若年層にオススメ
  • マイナビエージェントは求人数に難があるため、リクルートエージェントとの併用が有効
マイナビエージェントは求人数が少ないから、大手との併用が効率的だね。

田中くん

いずれにせよ、どちらも無料ですので試しに利用してみて、自分にマッチした方を本格的に使うのが良いでしょう。
リクルートエージェントhttps://www.r-agent.com/
マイナビエージェントhttps://mynavi-agent.jp/

あわせて読みたいコンテンツ

DODAとリクルートエージェントはどちらを利用すべき?リクルートエージェントとDODAはどちらを使うべき?転職のプロが徹底比較

大手転職エージェントのリクルートエージェントとdodaを比較しています。