【ReDesignerの評判・口コミ】デザイナーの転職で選ばれる理由は?

ReDesignerの評判_サムネイル

田中くん
転職でReDesignerを利用するか迷っているんだけど、評判はどうなのかな?特徴を知りたい!

このページでは、こんな疑問に答えていきます。

ねこくん

#この記事を書いた人

みんなの転職アドバイザー

ねこくん

経歴

新卒でブラック企業に入社し、1年で退職。その後人材系企業にて転職支援に携わる。フリーランスとして数年活動し、現在は経営者。
さまざまな人の転職・キャリア構築をサポートしています。転職や仕事に関する相談はLINEやTwitterからお気軽にどうぞ!
@biblecareer LINE

ReDesignerの総合評価|デザイナーにおすすめ

ReDesigner

求人対応エリア
都内中心
サービス名ReDesigner
公式サイトhttps://redesigner.jp/
運営会社株式会社グッドパッチ
対象年代年齢制限なし
対象者デザイナーの経験者
利用料金無料
公開求人数30件
非公開求人数非公開
書類添削あり
オンライン面談可能
面談場所東京都渋谷区鶯谷町3-3
VORT渋谷south
面談可能時間平日10:00~19:00

『ReDesigner』は、デザイン会社での株式会社グッドパッチが運営するデザイナー職専門の転職エージェントです。

デザイン会社ならではの、デザインの専門知識を持った「キャリアデザイナー」が在籍し、デザイナーの転職活動を完全サポートしてくれます。

メリット
  • 担当者のデザイン知識が豊富(ポートフォリオ指導が受けられる)
  • 対応が親身で丁寧
デメリット
  • 転職支援事業を始めたばかりで体制が整っていない
  • 対応エリアが都内中心

2018年に転職支援事業を始めたばかりで、「連絡がこなかった」などの口コミも見受けられるため、担当者の質は向上途中のようです。

とはいえ、ここまでデザイナー職に特化した転職エージェントは他にないので、都内中心にデザイナー職でのキャリアアップを目指す際におすすめの転職エージェントです。

公式https://redesigner.jp/

ReDesignerのメリット|評判・口コミから分析

ねこくん
実際に利用した人の評判・口コミから分かるReDesignerのメリットは以下の通りです。
ねこくん
ここからは、それぞれのメリットを口コミを見ながら解説していきます!

1.担当者のデザイン知識が豊富(ポートフォリオ指導が受けられる)

ねこくん
1つめのメリットは担当者のデザイン知識が豊富という点です。
実際に利用した人の口コミを見てみましょう。
Twitter
Twitter

ReDesignerはデザイナー職に特化しているだけあって、担当者のデザイン知識は他社よりも圧倒的に豊富です。

デザイナーは転職の際にポートフォリオが必須なので、担当者が具体的なアドバイスをしてくれるのはとても心強いですね。

田中くん
さすがデザイナー職に特化しているだけあるな〜!
ねこくん
デザイナーにここまで特化しているのは珍しいので、効果的なアドバイスが受けられそうですね。

対応が親身で丁寧

ねこくん
2つめのメリットは対応が親身で丁寧という点です。
実際に利用した人の口コミを見てみましょう。
Twitter
Twitter

ReDesignerの担当者は、Twitter上でも利用者に対してコメントしていたりと、交流が活発なのが特徴的です。

ねこくん
ほとんどのエージェントでは、どんな担当者がいるか分かりにくいので、ちょっと距離を感じやすいですよね。
田中くん
SNSで交流できるなら、キャリアデザイナーを身近に感じることができるね!

転職エージェントの口コミなどは悪評が流れやすいのですが、ReDesignerの場合は比較的高評価が多い印象です。

ReDesignerのデメリット|評判・口コミから分析

ねこくん
次に、デメリットも見ていきましょう。実際に利用した人の評判・口コミから分かるReDesignerのデメリットは以下の通りです。
デメリット
  • 転職支援事業を始めたばかりで体制が整っていない

転職支援事業を始めたばかりで体制が整っていない

ねこくん
1つめのデメリットは対応が体制が整っていないという点です。
実際に利用した人の口コミを見てみましょう。
Twitter

ReDesignerは2018年5月23日にサービスを開始したばかりなので、担当者の経験なども浅いようです。

また、運営会社のグッドパッチはこれまで人材事業をしていた訳でもないので、人材紹介のノウハウという部分では他社よりも不安があります。

田中くん
なるほど。求人数も公開されていないから、どれくらいあるのか少し不安だね。

ねこくん
口コミからわかるReDesignerのメリット・デメリットは以上です。最後にもう一度おさらいしておきましょう!
メリット
  • 担当者のデザイン知識が豊富(ポートフォリオ指導が受けられる)
  • 対応が親身で丁寧
デメリット
  • 転職支援事業を始めたばかりで体制が整っていない
田中くん
ReDesignerの大きな特徴はデザイナーに特化しているという点だよね!
ねこくん
そうですね!デザイナーに特化しているエージェントは他にないので、デザイナーの場合は相談だけでも使ってみるといいですね。

とはいえ、サービスがスタートしてから日が浅いため、まだまだ発展途上のエージェントです。

求人数も公開されていませんし、対応エリアも都内のみということで、これからの成長に期待できるエージェントではありますが、最優先で使うべきではないというのが現在の評価です。

公式https://doda.jp/

【成功率を高める】ReDesingerと併用がおすすめの転職エージェント

ねこくん
転職成功率を高めるためにも、ReDesignerの弱みを補完するような転職エージェントを併用しましょう!
併用のメリット
  • 各エージェントごとの比較ができる
  • 各社の独占求人をチェックできる
  • 担当者との相性が悪かった場合、別のエージェントで進められる
田中くん
そもそも併用なんてしていいの?
ねこくん
リスクヘッジのために併用する人がほとんどですので安心してください!併用がNGというルールもありません。
ReDesignerの弱み
  • 担当者の経験が浅い
  • 求人数が不明
  • 求人は都内が中心

『ReDesigner』は、デザイナー職に特化している珍しいエージェントなので、デザイナーの転職では利用したいエージェントです。

一方で、担当者の経験が浅かったり、求人数が不明というデメリットもあるので、デザイナー職に強みを持つ他のエージェントを併用しましょう。

併用がおすすめ
マイナビクリエイターIT・Web・ゲーム業界に特化
ポートフォリオ指導がある
マスメディアン広告・マスコミ業界に特化
宣伝会議グループの運営
doda業界に特化しているわけではないが
デザイナー職の取り扱いが多い

ReDesignerの登録から転職成功までの流れ

ねこくん
実際にReDesignerを利用する前に、どんな流れで転職活動が進んでいくのか把握しておきましょう。

転職エージェント利用の流れ

STEP.1
公式WEBサイトから登録
ReDesignerの登録画面

ReDesignerの登録所要時間は5~10分程度です。
公式サイト(https://redesigner.jp/)にアクセスして、基本情報を入力していきます。
入力内容に間違いがないように注意しましょう。

STEP.2
担当者と面談日程の調整
担当者からの連絡

登録後は数日以内に担当者からメールで連絡が届きます。

ヒアリング内容はざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 転職時期(未定でもOK)
  • 希望年収
  • 希望する業界・職種など

所要時間は5~10分程度で、次にキャリアカウンセリングの日程調整に入ります。

※エージェントによっては初回のヒアリングを面談時に行うこともあります。

STEP.3
担当者とキャリアカウンセリング
キャリアカウンセリング

予約していた時間にエージェントの拠点を訪問し、カウンセリングを受けます。(時間・場所の都合が合わない場合はオンライン面談)

初回の面談で話すことは多いのは下記のテーマです。

  • これまでのキャリア・経験
  • 強みになるポイント
  • そもそも転職すべきか
  • どんな企業が選択肢になるか
  • 通勤時間や残業の有無など希望条件のすり合わせ
STEP.4
求人紹介を受ける
求人紹介

希望条件にあった求人を紹介してもらえます。

各社に独占求人があるため、複数社に登録して求人を見比べるようにしましょう。

STEP.5
履歴書・職務経歴書など応募書類の添削
キャリアカウンセリング

志望企業が決まったら、応募書類の添削をしてもらえます。

サポートの程度はエージェントによりますが、手厚い場合は書類添削のための時間が設けられたり、複数回添削してくれることがあります。

STEP.6
志望企業への応募(書類選考)
書類選考の通過

応募書類が完成したら実際に企業へ応募します。担当者が推薦文を添えてくれるので、あなたの魅力が志望企業に伝わりやすくなります。また、ReDesignerではポートフォリオの指導も受けることができます。

応募後は遅くとも2週間ほどで選考結果が出ます。

STEP.7
面接対策を受ける
相談

志望企業の採用担当者がどんな人を好むのかなど、これまでの傾向からアドバイスをしてもらいます。

また、今のスキルや経験からどのようにアピールすれば効果的か指導してくれます。

希望すれば模擬面接を受けられるケースが多いので活用しましょう。

STEP.8
担当者に日程を調整してもらい、希望企業での面接
面接

希望日程に沿って担当者が企業側と面談日程の調整をしてくれます。

面接練習を活かして効果的にアピールしましょう。

面接に落ちてしまった場合でも、担当者が企業側からフィードバックを受けているケースが多いため、次の面接時の参考にすることができます。

STEP.9
内定獲得。担当者に給与交渉や入社日の調整をしてもらう
内定獲得

担当者が希望条件をもとに給与交渉や入社日の調整をしてくれます。

入社日は会社側との相談次第で臨機応変に対応できる場合が多いので、必ず希望を担当者に伝えましょう。

STEP.10
退職手続き〜入社
退職

もし退職時にトラブルがあったり、入社後に不安なことがあれば担当者に相談することも可能なので最後まで安心です。

エージェントによっては入社後に定期的な声がけがある場合もあります。

ReDesignerを最大限に活用する方法

ねこくん
次に、ReDesignerを最大限に活用する方法を解説します!

ReDesignerを利用し始めても活用できなければ意味がないので事前にチェックしておきましょう。

1.複数のエージェントに登録していることを伝える

転職エージェントの併用は各社の非公開求人を比較できるため成功に不可欠です。

もし複数のエージェントを利用している場合、必ず事前に伝えるようにしましょう。

転職エージェントの仕組み
転職エージェントは企業へ人材を紹介し、半年~1年ほど勤務を継続した後に成功報酬として紹介料をもらうビジネスモデルです。

自社で利益を出すためにも、エージェント側からすると他社に移って欲しくはないというのが本音です。

ねこくん
事前に伝えておくと、他社で内定して欲しくない!という思いからサポートが手厚くなる可能性もありますからね。

また、事前に話しておくことで、他社で内定が出たときもスムーズに伝えられますし「他社ではこんな条件の求人があったけど?」など比較した質問も可能になります。

2.スキルや経験を嘘なく伝える

ねこくん
キャリアアドバイザーからすると、誤った情報を伝えられた場合、適切な転職先を紹介することが困難になってしまいます。
悩む
うつ病で休職した過去や、これまであまり目立った仕事をしていない・・・という場合でも正直に伝えましょう。

キャリアアドバイザーはあなたに「いい転職先を見つけてほしい」と考えていますので、状況に応じた対応が可能になります。

体験談
「このソフトは実務経験があります」という相談者。内定後、実は学生時代に少し触った程度だったということが発覚。即戦力を求めていた企業からは内定取り消しになるという事態がありました。
ねこくん
内定取り消しなどになると「あなた、企業、担当者」全員にとってマイナスしかないので、必ず経歴やスキルに嘘はつかないようにしましょう。

3.希望条件をしっかり伝える

ねこくん
自分の希望条件がハッキリしていないと、キャリアアドバイザーもどんな案件を紹介していいか困ってしまいます。

業界・職種の他に、ある程度の希望条件を明確にしておくことは大切です。

明確にしておくといいこと
  • 今後どういった仕事につきたいのか
  • 希望勤務地
  • 希望年収(希望と最低ライン:400万以上~など)
  • 年間休日や残業の有無

こういった条件を初回の面談や電話連絡で伝えておけば、キャリアカウンセリングがスムーズに進みます。

「希望条件や求める価値観がわからない」という人は一度自己分析をしてみましょう。エージェントによっては自己分析をサポートしてくれる場合もあります。

4.レスポンスは早めに。スケジュールを守る

担当者からの連絡

ねこくん
書類の提出などのスケジュールを守り、素早くメールの返信などをすることで自分と担当者にとって大きなメリットがありますよ!
メリット
  • 担当者に誠実に仕事ができる人という印象を与えられる
  • 担当者はあなたを約束事が守れる人として企業に推薦できる
  • スケジュールを守ることでお互いスムーズに進めることができる

キャリアアドバイザーは多くの転職希望者の対応をしているため、レスポンスが悪い人は後回しになりがちです。

スムーズに転職活動を進めるためにも連絡はこまめにしましょう。(少なくとも2週間に1度は連絡を取る)

5.担当者との相性が悪い場合はすぐに切り替える

ねこくん
人間同士のやりとりなので、どうしても担当者との相性が悪い場合があります。
良いアドバイザーと悪いアドバイザーの特徴は下記の通りです。
良いアドバイザー
  • 求人や転職の押し付けをしない
  • 希望条件に合った求人を紹介してくれる
  • キャリアプランを親身に考えてくれる
  • 志望業界・職種に関しての深い知識がある
  • あなたの良いところを企業に伝える力がある
  • 年収・面接日程などの交渉力がある
悪いアドバイザー
  • キャリアカウンセリングが浅い、ヒアリングをしない
  • 内定が出やすい求人ばかり提案する
  • 連絡が遅い
  • 調整力がなく、面接のブッキングが起こったりする
  • 業界や職種に関しての知識が薄い

良い・悪いアドバイザーには上記のような特徴がありますが、ほかにも性格の不一致などの可能性もあります。

信頼できない担当者の元で転職活動を進めるのは、失敗に繋がるだけでなく、大きな時間のロスになります。

担当者には情を移さずに、相性が悪いと感じたらすぐに担当者を変更するか、他のエージェントに切り替えましょう。

6.必ず主導権は自分が持つ

STOP

ねこくん
キャリアアドバイザーは転職のプロですが、言われるがままに転職を決めるというのはよくありません。

キャリアアドバイザーのアドバイスがすべて正しいというわけではありませんので、企業に応募する際などは必ず自分で決断するようにしましょう。

流されて転職をすると転職失敗につながりやすくなるだけではなく、「あのアドバイザーのせいで・・・」というように他人に責任転嫁することになります。

ねこくん
自分の人生なので自分で責任を負うというスタンスで転職活動をするのが転職エージェントを使い倒すコツです!

7.面接後にフィードバックの確認を依頼する

面接

面接終了後には必ず担当者に企業側からのフィードバックをもらうようにお願いしましょう。

具体的に確認するポイントは以下の2つです。

  • 企業側が評価したポイント
  • 企業側が懸念したポイント
ねこくん
簡単にいえば、面接で企業側がどこを評価して、どこが心配だったのかを知りましょうということですね!
田中くん
企業側からの意見が聞けると、次の面接への修正ができるね!

ひとりで転職活動をしていると、企業側からのフィードバックはもらえないので、エージェントを利用しているからこそのメリットです。

もし面接で落ちてしまったとしても、フィードバックをもらって修正することで次の面接での内定率をアップさせることができますよ!

注意
守秘義務を設けている企業の場合はフィードバックをもらえないことも。(金融や外資系に多め)
また、フィードバックをしない決まりのエージェントもあるので注意しましょう。

田中くん
あくまで転職するのは自分だから、責任をもって活動したいね!
ねこくん
転職エージェントはあくまでサポートをしてくれる存在なので、本人の気持ちが転職成功には1番大事な要素ですね。エージェントを活用するポイントをおさらいしましょう!

【まとめ】都内でキャリアアップしたいデザイナーにおすすめ

この記事のまとめ
  • ReDesignerはデザイナー職に特化したエージェント
  • 基本的には業界経験者がターゲット(未経験不可ではない)
  • デザイナーのキャリアアップにおすすめ
  • コンサルタントはデザイナー職に対しての知識は深い
  • サービスを開始したばかりの転職エージェントなので、連絡が遅かったりと未熟な面も

ReDesignerはTwitterなどのSNSでも評判がほとんど見つかりませんし、まだまだ利用者の少ない穴場のエージェントだと言えるでしょう。

業界経験者がターゲットですので、未経験から業界転職というのは難しいかもしれませんが、デザイナー志望なら情報収集だけでも登録しておく価値はあるエージェントです。

ねこくん
とはいえ、ReDesignerのみで転職活動を続けるのはリスクがありますので、以下のエージェントを2~3社併用すると、相性が悪かった場合でも安心です!
併用がおすすめ
マイナビクリエイターIT・Web・ゲーム業界に特化
ポートフォリオ指導がある
マスメディアン広告・マスコミ業界に特化
宣伝会議グループの運営
doda業界に特化しているわけではないが
デザイナー職の取り扱いが多い
ねこくん
あなたの転職が成功することを祈っています!
もしなにか不安なことや質問がございましたら、 LINE @biblecareerから気軽にご質問くださいね。