転職初心者必見!履歴書の証明写真で押さえておくべき基本的なマナー

履歴書の証明写真マナー

履歴書の写真をどのように作っていいか悩んでいませんか?

スピード写真でササッと撮って済ませてしまうという人も多いでしょう。

しかし、証明写真はあなたの印象を決める大事な写真でもあります。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、履歴書に貼る写真の基本的なマナーについて解説します。

もし、あなたが履歴書の写真について悩んでいるならば、最後までこの記事を読んでいただきたいです。

そうすれば、証明写真の基本的なマナーを学ぶことができ、応募先に好印象を与える履歴書の完成に近づくでしょう。

証明写真で押さえておくべき7つの基本的マナー

証明写真の基本的なマナーから知りたいなぁ

田中くん

まずは、証明写真の基本的なマナーから見ていきます。

写真は良い印象を残すために重要な役割を果たしますので、基本的なマナーを守りつつ、あなたをより輝かせる証明写真を撮りましょう。

証明写真の基本マナー
  1. 服装と髪型は面接と同様のものにする
  2. サイズは縦4cm×横3cmの縦長
  3. 必ずカラー写真
  4. 背景は白・薄いグレー・青のいずれかにする
  5. 3ヶ月以内に撮影したものを使う
  6. 写真の裏面に名前を記載する
  7. 貼る時は両面テープか糊を使う

服装と髪型は面接と同様のものにする

写真の実際の印象に差が出ないよう、服装と髪型は面接と同じものにしましょう。

基本的にはスーツを着ます。女性は髪の毛が長ければを結びましょう。

男性もなるべく面接と同じネクタイをつけた方が印象が統一されます。

サイズは縦4cm×横3cmの縦長

履歴書の証明写真貼り付け枠は基本的に縦4cm×横3cmの縦長で構成されています。

その枠に綺麗に収まるようにこのサイズにしましょう。

大きいサイズで作ってしまって、無理やりこのサイズにカットしてしまう人もいるのですが、背景に対して顔のサイズのバランスが崩れてしまうので避けたほうが無難です。

注意

証明写真としてふさわしくないので、スナップ写真などを切って貼るのはいけません。

必ずカラー写真にする

採用担当者が見たいのは応募者の雰囲気や印象ですので、 証明写真にふさわしいのはカラー写真です。

必ずモノクロ写真ではなくカラー写真で撮影をしましょう。

背景は白・薄いグレー・青のいずれかにする

写真館やスピード写真では、いくつかの中から背景色を選ぶことができる場合もあります。

スーツが黒や紺色といった濃い色の場合は白か薄いグレー、青のいずれかの背景色にしましょう。

MEMO
ライトグレーのスーツの場合は、白やグレーの背景だとぼやけた印象になりがちです。そのため、青の背景色を選ぶようにしましょう。

青はあまり濃い青ではなく、薄い水色に近いものが背景色に適しており、顔の表情も分かりやすい写真になります。

白は最も自然な印象の写真に仕上がりますが、商品写真のように背景から人物がくっきり浮き立ちすぎる場合もあります。

白の背景が不自然な場合は、明るすぎない薄いグレーを選ぶと良いでしょう。

3ヶ月以内に撮影したものを使う

証明写真は、必ず3ヶ月以内に撮影したものを使うようにしましょう。

3ヶ月以内のものであったとしても、 髪型や体型などがかなり変わってしまった場合は撮り直してください。

写真は今のあなたを写すものです。採用担当者に与える印象は統一させましょう。

写真の裏面に名前を記載する

忘れがちですが、写真の裏面に自分の名前を書くのはマナーの1つです。

採用担当者は多くの書類を扱いますので、ときには履歴書の証明写真が剥がれてしまうことがあります。

そんなとき、裏に名前が書かれていないと誰の顔写真かわからなくなってしまいます。

その時に備えて写真の裏面には油性ペンやボールペンで名前を書くようにしましょう。

こういったトラブルに備えておくことも大切なことです。

貼る時は両面テープか糊を使う

証明写真を貼る時は両面テープか糊を使います。

市販の履歴書を購入すると、両面テープがついていたりするので、それを利用するのが好ましいでしょう。

また、糊で貼る時は汚くならないように注意して貼るようにしましょう。

セロハンテープは使わない
セロハンテープを使用すると浮き上がってしまい、見栄えが良くないです。

可能ならばスピード写真よりも写真館で撮影するべき

写真館でも証明写真作成のサービスがあるけど、どうなのかな?

田中くん

スピード写真は手軽ですが、写真館ではクオリティの高い写真が撮影できます

証明写真を作成する方法は以下の2通りの方法があります。

  • 駅などにあるスピード写真を利用
  • 写真館でプロに撮影してもらう

出来る限り証明写真はスピード写真よりも写真館で撮影するべきです。

なぜなら、確実に写真館の方が良い写真が撮れるからです。

実は、履歴書で最も重要なのは証明写真です。

写真は履歴書のなかでも唯一のビジュアル情報であるため、証明写真が応募者全体のイメージにつながります。

採用担当者は容姿で判断しようというのではなく、写真から雰囲気や印象を見ているのです。

そのため、失敗のない証明写真を撮影するためには写真館で撮影した方が良いです。

写真館で証明写真を撮ってもらうメリット

写真館で撮影するメリットは以下の5点です。

  1. 姿勢や表情などプロのアドバイスがもらえる
  2. 光の当て方など綺麗に写る調整をしてくれる
  3. 複数枚から好みの写真を選択させてくれる
  4. 顔の気になるところに微調整の修正を加えてくれる
  5. データを残してもらい何枚でも追加で印刷してもらえる
プロの指導を受けながら撮影できるのは魅力的だね!

田中くん

スピード写真だと上手く取れているかも自分で判断しなければいけないですからね・・・

写真館で証明写真撮影をするデメリットは価格

 スピード写真写真館
価格700円ほど3,800円ほど(ヘアメイクなし)

価格についていうと、スピード写真ならば700円程度で済むでしょう。

写真館で撮るのならば、店舗によりますが10枚セット3,800円ほどです。

やっぱりプロのカメラマンを使うだけあって料金は高めだね!

田中くん

ですが、ここはお金をかけても良いポイントだと思います。

転職は人生を変える大きなターニングポイントです。

3000円の差で面接官に良い印象を与える写真が撮れるのならば、それ以上に良いことはないでしょう。

まとめ

写真を写真館で撮るかどうかについてですが、個人的には写真館での撮影をおすすめします。

1回撮影して頂ければわかりますが、綺麗に修正してくれたり、光を当ててくれたり、表情についてアドバイスをしてくれたりします。

写真のクオリティはスピード写真とは雲泥の差なので、お金に余裕がある人はぜひ利用してみてください。

最高の証明写真を貼った履歴書で書類選考を乗り越えよう!

田中くん

あわせて読みたいコンテンツ

履歴書の書き方_サムネイル【転職初心者必見】プロが教える!書類選考を突破する履歴書の書き方

転職時に効果的な履歴書の書き方について解説しています。

履歴書は手書きとパソコンどっちで作るべき?プロが有利な書き方を伝授!

履歴書を手書きかPCのどちらで作成すればいいか解説しています。