履歴書の健康状態の書き方は?空欄はNG!例文つきで解説

履歴書の健康状態_サムネイル

履歴書の健康状態の欄になにを書けばいいか悩んでいませんか?

市販の履歴書の中には「健康状態」を書くものもあり、あなたが健康に業務を行えるかどうかを企業側が判断する重要なポイントになります。

ニャージェント

このページでは元キャリアアドバイザーの筆者が、履歴書の健康状態の書き方や注意点について解説します。

履歴書に健康状態を書く欄がある理由は?

田中くん

どうして履歴書には健康状態を記入する欄があるのかな?

ニャージェント

健康状態から業務をするうえで問題がないか、長く働いてくれそうかを判断するためにあります。

肉体労働を志望しているのに、関節などに病気を抱えている場合など、会社側として採用できないケースを避けるために「健康状態」の欄は活用されます。

田中くん

健康状態に問題があると、採用されなくなっちゃうのかな・・・

ニャージェント

明らかに業務に支障をきたす場合は採用を見送られる可能性がありますが、必ずしも不採用になるとは言い切れません。

採用

あなたの性格や人柄が魅力的であれば、たとえ持病や怪我があっても他の部署で採用という形もありえるでしょう。

健康状態を明らかにすることで不採用になってしまう可能性もありますが、あなたが快適に働くためにも正直に記載する方が望ましいですね。

ウソはもちろんNG

故意に健康状態を隠していた場合、内定取り消しや懲戒解雇の対象となる場合もありますので、必ず正直に記載しましょう。入社後に「健康診断書」の提出を求める企業もありますので、隠し通すのには無理があります。

空欄はNG!健康な場合の健康状態欄の書き方

田中くん

健康で特に問題がない場合はどう書けばいいかな?空欄でも良いの?

ニャージェント

現在、健康な状態で問題なく勤務が可能という場合は「良好」と書きましょう。

田中くん

以前に怪我や病気をしていた場合はどう?

ニャージェント

判断の基準は「現在、問題なく働けるかどうか」です。もう完治していたり、通院していても業務に問題がない場合は「良好」で大丈夫ですよ。

こんな場合も「良好」でOK

  • 風邪など数日中で治るもの
  • 薬を飲めば問題ないもの
  • 貧血や生理痛など
  • 現在は完治しているもの
判断ポイントは業務に支障があるかどうか

一般的には問題がなくとも、職種によっては業務に支障がある持病もあります。例えば調香師などは香りを扱う職業ですので、「鼻炎」などは記載しておいた方が好ましいでしょう。

このように応募する職業に応じて判断するようにしましょう。

持病・通院などがある場合の健康状態欄の書き方

田中くん

問題なく働けるぐらいに良好だけど、今も持病があったり通院している場合はどう書けば良いのかな?

ニャージェント

いくつかパターン別に見ていきましょう。

業務中に通院が必要(業務に支障はない)

良好(業務に支障はありませんが、月に1回持病の〇〇の検査のため通院の必要があります。)

業務時間内に通院が必要な場合は、頻度や曜日、時間帯を記載しておきましょう。

業務時間外に通院していて、業務内容にも支障がない場合は「良好」で問題ありません。

業務に制限が出る場合など

良好(学生時代にサッカーで膝の皿を割ってしまい、しゃがむのが困難なため、重い荷物を運ぶことができません)

デスクワークなどの仕事で重い荷物を持つことはほとんどありませんが、問題がなくとも記載しておくことで、持病を悪化させる仕事を避けられる可能性もあります。

ニャージェント

少しでも不安がある場合は記載しておきましょう!

うつ病や精神疾患の場合は?

田中くん

うつ病や精神疾患の場合はどうするべき?書くと良いイメージを持たれないような・・・

ニャージェント

確かに敬遠されがちではあります。とはいえ、精神疾患が業務に影響するかどうかは働いてからでないとわからないポイントですよね。対応は以下の3パターンがあります

  • 「業務に支障がない持病」のように明言を避ける
  • 通院は休日や業務時間外にいくようにして「良好」と書く
  • 健康状態の記入欄が無い履歴書を使用する

持病と記載した場合は必ず面接で詳細を聞かれてしまいますので、個人的なオススメは健康状態の記入欄が無い履歴書の利用です。

ニャージェント

いずれにせよ、精神的に不安がある状態で働き始めるのは良くありません。必ず慎重に判断しましょう。

過去に病気などが理由で退職している場合は?

田中くん

過去に病気が理由で退職しているんだけど、正直に書くべき?

ニャージェント

すでに完治しており、業務に問題がない場合は「良好」で大丈夫ですよ!

過去に病気や怪我が理由で退職した場合でも、現在は問題がないなら「良好」でOKです。

面接で聞かれた場合にのみ正直に答えましょう。

まとめ

この記事のまとめ
  • 健康状態欄は応募者が業務に問題なく携われるかを判断するためにある
  • 業務に支障がなければ「良好」でOK
  • 基本的に良好でも、業務時間内に通院が必要な場合は記載する
  • 困った場合は健康状態の欄がない履歴書を使用するのも手段の1つ
ニャージェント

ほとんどの人は「良好」という表記になるはずです。そうでなければ働かないほうが良い場合もありますので、今の健康状態をしっかりと把握しておきましょう。

田中くん

まずは健康な身体を作るのが働くうえでの第一歩だね!

あわせて読みたいコンテンツ

履歴書の書き方全般について解説しています。

履歴書の書き方_サムネイル【転職初心者必見】プロが教える!書類選考を突破する履歴書の書き方