システムエンジニアとは?平均年収や将来性を解説

システムエンジニアとは

「システムエンジニアとはどんな仕事?」と悩んでいませんか?

システムエンジニア(SE)は主にシステムの設計など上流工程に携わる仕事です。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、システムエンジニアの仕事内容や今後の将来性などについて解説します。

システムエンジニアとは?仕事内容を解説

システムエンジニアの仕事内容を理解するために、まずは基本的なシステム開発の流れを把握しておきましょう。

システム開発の基本的な流れ

  • STEP.1
    要求分析
    要求分析

    お客様にどんなシステムが必要なのかヒアリングします。

  • STEP.2
    要件定義
    ヒアリングを元にお客様の要望をまとめます。
  • STEP.3
    基本設計
    要求定義を元にどのようなシステムを構築するか決めます。
  • STEP.4
    詳細設計
    プログラミングをするための細かい設計をします。
  • STEP.5
    実装(プログラミング)
    プログラミング

    実際にプログラムを作成していきます。下請けに外注することもあります。

  • STEP.6
    テスト
    制作したシステムが正常に動作するかテストします。
  • STEP.7
    運用
    実際にシステムを稼働・運用させます。

上記の流れの中でシステムエンジニアが関わるのは、「STEP.1 要求分析」〜「STEP.4 詳細設計」そして「STEP.5 テスト」です。

SEの仕事

  • クライアントの要求をヒアリングする
  • ヒアリングを元にシステム設計をする
  • プログラマーへの仕様書を作成する
  • システムに問題がないかテストする

システムエンジニアの業務内容は多岐に渡り、企業やプロジェクトによって異なることも多いです。場合によっては自分でコードを書くこともあります。

単純にコードを書くだけでなく、クライアントとの打ち合わせなどもあり、顧客の顔が見えるという部分ではやりがいのある仕事です。

システムエンジニアとプログラマーの違いは?

SEってプログラマーとはどう違うの?

田中くん

プログラマーはSEが設計した仕様書に沿ってプログラミングをする職業です。

各職種の違い

  • システムエンジニア(SE)・・・クライアントからのヒアリングをもとにシステムの設計などをする。
  • プログラマ(PG)・・・SEが設計したものをプログラミングで実現する

システム全体の設計をするのがSEで、実際に手を動かして作るのはプログラマーと考えておくとわかりやすいですね。

基本的にはプログラマーからシステムエンジニアへとキャリアアップしていくので、システムエンジニアはプログラミングの知識があります。

システムエンジニアの平均年収

システムエンジニアの平均年収

年齢平均年収男性平均年収女性平均年収
20代395万円393万円399万円
30代505万円509万円482万円

データ参考 : マイナビエージェント

システムエンジニア(プログラマー含む)の平均年収は443万円と、IT業界の中では少々低めな年収となっています。

平均年収だけで言えば『サーバーエンジニア(465万円)』や『ネットワークエンジニア(455万円)』の方が高いので、高年収を狙うならサーバーやネットワークのスペシャリストを目指してもいいかもしれません。

企業によってはSEを高待遇で採用することも多いので、同業種で高年収が見込める企業へ転職するという方法もあります。

IT・Web業界に強い転職エージェントは以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

【2018】IT・Web業界への転職で利用すべき転職エージェントランキング

システムエンジニアの将来性

システムエンジニアの将来性はどうなのかな?

田中くん

需要は増えていますが、激務なため長く続けるのは難しいかもしれません。

一般企業でも社内SEを採用することが増えており、システムエンジニアの需要自体は増加傾向にあると言えるでしょう。

しかし、システム開発は納期やトラブルが起こりやすい仕事ですので、企業によっては長時間労働の場合もあります。

そのため、加齢で体力が落ちると、働きにくくなるという見方から、将来性が低いと言われがちです。

マネジメントやコミュニケーション能力を磨くことで、将来的にプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャー(PM)を目指せるので、技術以外の能力も積極的に身につけておくと良いでしょう。

システムエンジニアに必要な知識・スキル

システムエンジニアが身につけるべきスキル

システムエンジニアは基本的なITスキル・プログラミングの能力に加え、クライアントと接する機会も多いため、コミュニケーション能力も必要とされます。

プログラミングを直接的に行うのはプログラマーの仕事ですが、システムエンジニアは仕様書を作るため、プログラミングの知識は必須です。

システムエンジニアになるために資格は必須ではありませんが、資格を取得しておくことで転職や業務上で大きなアピールポイントとなります。

IT技術者の登竜門でもある基本情報技術者試験をはじめ、「Linux技術者認定」や「オラクルマスター」といったベンダー試験を所持しておくと良いでしょう。

システムエンジニアが取得しておきたい資格

  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • オラクルマスター
  • Linux技術者認定

まとめ

この記事のまとめ

  • システムエンジニアはシステム設計をする仕事
  • マネジメントやコミュニケーションのスキルを身につけることでステップアップが狙える
  • 企業によって業務内容が異なり、激務の場合もあるので応募の際は注意する

システムエンジニアは長時間労働になりやすい職業ですので、ブラック企業に入社してしまわないためにも、企業選びは慎重にした方が良いでしょう。

IT業界に特化した転職エージェントならば、何度も企業訪問を重ねているため、現場の状況も把握しやすいです。

自分でホワイト企業を見つけるのが困難という人は積極的に利用してみると良いでしょう。

【2018】IT・Web業界への転職で利用すべき転職エージェントランキング

あわせて読みたいコンテンツ

サーバーエンジニアとはサーバーエンジニアとは?仕事内容と将来性を転職のプロが解説

サーバーエンジニアの仕事や平均年収について解説しています。

ネットワークエンジニアとはネットワークエンジニアとは?仕事内容と将来性を転職のプロが解説

ネットワークエンジニアの仕事や平均年収について解説しています。

セキュリティエンジニアとは_サムネイルセキュリティエンジニアとは?平均年収や将来性を解説

セキュリティエンジニアの仕事や平均年収について解説しています。