サーバーエンジニアとは?仕事内容と将来性を転職のプロが解説

サーバーエンジニアとは

「サーバーエンジニアとはどんな仕事?」「どうすればなれるの?」と悩んでいませんか?

サーバーエンジニアはサーバーの構築・運用・保守をする職業です。

ニャージェント

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、サーバーエンジニアの仕事内容や今後の将来性などについて解説します。

サーバーエンジニアとは?3つの仕事内容を解説

サーバーエンジニアの仕事

サーバーエンジニア(サーバー管理者)は、コンピューターシステムを運用するサーバー機器の構築や運用・保守、サーバーソフトの設定をする職業です。

サーバー
同一ネットワーク上の他のコンピューターに対してファイルやデータを提供したりするコンピュータ、またはそのプログラムのことを指します。

主な仕事内容

  • サーバーの設計
  • サーバーの構築
  • サーバーの運用・保守

一般的にネットワーク設計が上流工程で、構築〜保守が下流工程とされることが多いです。

上記すべての業務を1人で担当することはほとんど無く、上流工程・下流工程それぞれに担当者が配されるケースがほとんどです。

それぞれの業務内容の詳細について見ていきましょう。

1.サーバーの設計

田中くん

サーバーの構築ではどんな仕事をしていくのかな?

ニャージェント

サーバーの設計業務では、サーバーのスペックや処理能力をもとに何台のサーバーを利用し、どのような構成にするのかを検討します。

ネットワークエンジニアなどと相談し、回線の通信速度やコストなどさまざまな要素を加味したうえで、最大のパフォーマンスを引き出せるような構成を考えていきます。

また、サーバーが熱を持たないような配置や、今後のメンテナンス時に作業がしやすいようなサーバーの配置を考えなければなりません。

2.サーバーの構築

ケーブリング

サーバーの構築業務では、設計を元にサーバー機器のケーブル接続(ケーブリング)やサーバーラックに機器を設置(ラッキング)していきます。

また、OSやサーバーアプリケーションをインストール・設定することもサーバーの構築作業に含まれます。

構築後はサーバーが無事に稼働するかのテストも行います。

3.サーバーの運用・保守

運用

サーバーを運用していくうちに、機器障害やソフト障害が発生する場合があります。

その場合は正常な状態に復旧させるために、障害部分の特定などを実施し、復旧作業を行います。

また、機器の定期点検などのメンテナンスも保守業務に含まれます。

さらに、アクセス増加に伴うサーバー負荷への対応や、サーバーにエラーが起こらないように監視・セキュリティチェックなど障害を未然に防ぐこともサーバーエンジニアの重要な仕事です。

サーバーエンジニアとインフラエンジニアの違いは?

田中くん

サーバーエンジニアってネットワークエンジニアやインフラエンジニアとはどう違うの?

ニャージェント

サーバーエンジニアはサーバーに特化しています。それぞれの違いを見てみましょう。

各職種の違い

  • サーバーエンジニア・・・サーバーシステムに特化したエンジニア
  • ネットワークエンジニア・・・ネットワークシステムに特化したエンジニア
  • インフラエンジニア・・・ネットワークからサーバーまで幅広い範囲に対応するエンジニア

インフラエンジニアに関して明確な定義はありませんが、インフラエンジニアの求人を見るとサーバーやネットワークの幅広い知識を持った人が求められています。

サーバーエンジニアの平均年収

サーバーエンジニアの平均年収3

年齢平均年収男性平均年収女性平均年収
20代418万円411万円438万円
30代501万円503万円491万円

データ参考 : マイナビエージェント

サーバーエンジニアの平均年収は465万円と、IT業界の中では平均的な年収となっています。

ニャージェント

あくまで平均年収なので参考程度にしておきましょう。

サーバーエンジニアの将来性

田中くん

サーバーエンジニアの将来性はどうなのかな?

ニャージェント

クラウド化が進む中で求められる知識が変わりつつあります。ネットワークエンジニアと同様に、クラウド関連の知識があれば今後の視野が広がります。

AWS(Amazon Web Services)やAzure、Google Cloud Platformといったクラウドの普及によって、サーバやネットワークといったインフラ部分が外部に移行しています。

クラウド

そのような背景もあり、今後は従来のサーバー構築業務は減少していくことが考えられます。

クラウドでは容易にサーバーやネットワークシステムの構成を変更することができるので、今後構築されるサーバー、ネットワークシステムはクラウドであることがほとんどでしょう。

そのため、クラウド時代にサーバーエンジニアとして生き残っていくためには、仮想サーバーや仮想ネットワークについての知識が必要です。

サーバーエンジニアに必要な知識・スキル

身につけるべきスキル
サーバーエンジニアに必須資格はありませんが、OSやサーバー機器などの深い知識が求められるため、ベンダー系の資格を取得しておくと良いでしょう。

OS関連だとMCSAなどのマイクロソフト認定資格プログラムやLPIC(Linux技術者認定資格)などがおすすめです。

また、ネットワーク関連の資格であるCCNA(シスコ認定ネットワーク アソシエイト)などを取得しておくと、幅広い分野において案件探しを有利に進めることができるでしょう。

サーバーエンジニアが取得しておきたい資格

  • LPIC(Linux技術者認定試験)
  • MCSA(マイクロソフト認定ソリューション アソシエイト)
  • CCNA(シスコ認定ネットワーク アソシエイト)
  • CCNP(シスコ認定ネットワーク プロフェッショナル)
  • ITパスポート
  • 基本情報技術者

サーバーエンジニアへの転職におすすめの転職エージェント4選

田中くん

サーバーエンジニアの転職事情はどうなのかな?

ニャージェント

今でも求人は多数ありますが、クラウド関連の知識があればさらに選択の幅は広がります。

サーバーエンジニアの求人は比較的多いですが、最近はインフラエンジニアとしての求人も目立ちます。

そのため、サーバーエンジニアとしての知識や、前述したクラウド環境についての知識があれば選択肢は広くなるでしょう。

志望業界が定まっているならば、業界に特化した転職エージェントの方が専門的なアドバイスを得やすいです。

そこで、サーバーエンジニアへの転職を目指すならば、求人数が最も多い最大手の『リクルートエージェント』や『doda』を利用しつつ、IT・Web業界に強い転職エージェントのいずれかを併用する形が最も効率がいいでしょう。

各エージェントの特徴
レバテックキャリア
IT・Web業界に特化、エンジニアの人におすすめ
ワークポートIT・Web業界に強い。スピーディな転職が可能で中小企業も網羅
ギークリーIT・Web・ゲーム業界に特化。未経験可の求人もあり、転職初心者向け
リクルートエージェント特化型ではないが、15万件を超える圧倒的な求人数。転職者は登録必須。

各転職エージェントにはそれぞれ長所と短所があるため、なるべく複数の転職エージェントに登録して、自分にマッチしているか見極めるようにしましょう。

求人数求人の質サポート力
レバテックキャリア
ワークポート
ギークリー
リクルートエージェント

ここからは、サーバーエンジニアを目指すうえでオススメの転職エージェントを厳選してご紹介します。

レバテックキャリア / 首都圏のIT技術者におすすめ

総合評価
(4.0)
求人数
(4.0)
求人の質
(4.0)
担当者の質
(4.0)
提案力
(4.0)
対応エリア
東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、奈良、兵庫、福岡、滋賀

拠点一覧

  • 東京本社
  • 横浜支社
  • 大阪支社
  • 名古屋支社
  • 福岡支社

各拠点の詳細な住所などは以下の記事にまとめています。

レバテックキャリアの面談場所レバテックキャリアの面談場所・拠点一覧まとめ【2019最新版】

レバテックキャリアは、IT・Web業界に特化した転職エージェントです。

転職業界内でも評判がいい質の高いサービスが魅力で、4,000社以上の転職支援実績を誇ります

よくある職種検索だけでなく、PHP、javaなどといったスキル別に求人を探せるのがとても便利ですね。

非公開求人も多いため、ゲーム業界志望の中でも、エンジニアやデザイナーの方に特に向いているエージェントでしょう。

ニャージェント

レバテックキャリアのメリット・デメリットは以下のとおりです。

デメリット
  • エンジニア・クリエイター以外の求人数が少ない
  • 熱心な担当者が苦手な場合は合わない
メリット
  • コンサルタントの業界知識が豊富
  • エンジニアの転職に強い
  • 一人ひとりを大事にする転職支援
  • IT・Web業界とのつながりが深い

レバテックキャリアのコンサルタントは業界知識が豊富なので、言語や開発環境と言った技術的な話も通用しやすいでしょう。

一方で、求人数は他社に劣る部分があるので、求人数を重視する方は同じくIT・Web業界に強い『ワークポート』を利用するべきですね。

とはいえ、サポートがしっかりしているため、転職初心者の方や、サポート力を重視する方にはオススメできる転職エージェントです。

\ 登録時に履歴書・職務経歴書不要 /

無料でレバテックキャリアに相談する

エンジニア・クリエイターにおすすめ

ニャージェント

より詳しいサービス紹介は以下の記事をご覧ください。

レバテックキャリアの評判をプロがわかりやすく解説

スピード転職をしたい人にオススメ「ワークポート」

総合評価
(4.0)
求人数
(4.0)
求人の質
(4.0)
担当者の質
(3.5)
提案力
(4.0)
対応エリア
全国

拠点一覧

  • 東京本社
  • 五反田オフィス
  • 埼玉オフィス
  • 横浜オフィス
  • 仙台オフィス
  • 大阪オフィス
  • 福岡オフィス
  • 名古屋オフィス
  • 神戸オフィス

各拠点の詳細な住所などは以下の記事にまとめています。

ワークポートの面談場所ワークポートの面談場所・拠点一覧まとめ【2019最新版】

ワークポートは、「株式会社ワークポート」が運営する転職エージェントです。

ワークポートは10年以上に渡ってIT分野専門の転職エージェントを行ってきましたが、2014年に総合型に幅を広げました。

そのため、IT・Webといった分野では圧倒的な取引実績を誇ります。

ワークポートは、リクナビNEXT主催『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア主催『doda Valuable Partner Award2017』にて、数ある転職エージェントの中から「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれており、マッチングに優れたエージェントだと言えるでしょう。

ニャージェント

ワークポートのメリット・デメリットは以下のとおりです。

デメリット
  • スピード感を重視するあまり、質より量になっている
  • 事務的なやりとりが多い
メリット
  • IT・Web系の転職に強い
  • スピード感のある転職活動が可能
  • 他社に比べて登録が簡単

スピード感に関しては賛否両論ですが、IT・Web業界を志望している方の満足度は非常に高い傾向にあるので、IT・Web業界を目指すなら必ず利用するべきエージェントです。

\ 登録時に履歴書・職務経歴書不要 /

無料でワークポートに相談する

ソーシャルゲーム業界志望の人におすすめ

ニャージェント

より詳しいサービス紹介は以下の記事をご覧ください。

これだけ読めば安心!ワークポートの評判を初心者向けに1から解説

親身なサポートで転職初心者にオススメ「ギークリー」

総合評価
(4.5)
求人数
(4.0)
求人の質
(4.0)
担当者の質
(4.5)
提案力
(4.5)
対応エリア
東京、神奈川、埼玉、千葉

郵便番号〒150-0002
住所東京都渋谷区渋谷1-17-2
ヒューリック渋谷宮下公園ビル6F
電話番号03-6418-9113
営業時間平日(10:00~22:00)
土曜(11:00~15:00)
アクセス
・JR「渋谷駅」宮益坂出口より徒歩5分
・東京メトロ「渋谷駅」13番出口より徒歩1分

ギークリー(Geekly)は、株式会社ギークリーが運営する、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

ギークリーは、リクルートキャリア社が主催する転職エージェントランキング「リクナビNEXTエージェントNetwork」において、総合満足度部門で第3位を獲得した実績を持ちます。

求人の質やマッチングの精度、サポート体制にこだわりがあり、顧客満足度が非常に高いのが特徴です。

また、未経験からの業界転職支援も充実しているため、未経験から業界を目指す方にも親身に相談を受けてくれるでしょう。

ニャージェント

ギークリーのメリット・デメリットは以下のとおりです。

デメリット
  • 地方の転職には弱い
  • ワークポートなどに比べると求人数が少ない
メリット
  • 紹介求人の満足度が高い
  • 未経験からの業界就職に対応
  • 転職初心者でも安心のサポート

デメリットとしては、ワークポートリクルートエージェントに比べると求人数が少ない点と、首都圏以外の転職には弱い点が挙げられます。

とはいえ、特化型転職エージェントとしては求人数も多い方ですし、サポート体制が整っているので、転職初心者や未経験から業界を目指す人にはオススメの転職エージェントです。

\ 登録時に履歴書・職務経歴書不要 /

無料でギークリーに相談する

未経験からの業界転職を目指す人におすすめ

ニャージェント

より詳しいサービス紹介は以下の記事をご覧ください。

ギークリーの評判を転職初心者向けに1から解説

転職を考えるすべての人にオススメ『リクルートエージェント』

総合評価
(5.0)
求人数
(5.0)
求人の質
(4.5)
担当者の質
(5.0)
提案力
(4.0)
対応エリア
全国

 拠点一覧

  • 北海道支社(札幌)
  • 東北支社(仙台)
  • 東京本社(東京・丸の内)
  • 宇都宮支社(宇都宮)
  • さいたま支社(大宮)
  • 千葉支社(千葉)
  • 西東京支社(東京・立川)
  • 横浜支社(横浜)
  • 静岡支社(静岡)
  • 名古屋支社(名古屋)
  • 大阪支社(大阪)
  • 京都支社(京都)
  • 神戸支社(神戸)
  • 中四国支社 岡山オフィス(岡山)
  • 中四国支社 広島オフィス(広島)
  • 福岡支社(福岡)

各拠点の詳細な住所などは以下の記事にまとめています。

リクルートエージェントの面談場所リクルートエージェントの面談場所・拠点一覧まとめ【2019最新版】

リクルートエージェント』は、「株式会社リクルートキャリア」が運営する、総合型転職エージェントです。

リクルートエージェントは求人案件・内定決定数ともに業界NO.1の転職エージェントです。

2017年は3万9000名の転職成功を実現しており、最早国内では知らない人がいないのではないかと言う程の知名度を誇りますよね。

転職業界内でも、リクルートエージェントの求人保有数や支援サービスの質などは誰もが認めるものです。

ニャージェント

リクルートエージェントのメリット・デメリットは以下のとおりです。

デメリット
  • 担当者の質にムラがある
  • 流れ作業のように感じることがある
メリット
  • 求人数が圧倒的に多い
  • 幅広いジャンルの求人取扱いがある
  • 地方へのUターン転職にも利用できる

求人数や求人の質は「他社と圧倒的な差がある」という声も多く、満足度は非常に高いです。

リクルート経由でしか応募できない独占求人などもあるので、情報収集だけでも登録してみる価値はあるでしょう。

対応が流れ作業になってしまうのは、多くの求職者を抱えている大手なので仕方ない部分ですね。

リクルートエージェントには多くのキャリアアドバイザーが在籍していますが、その担当者との相性によって評価に差があります。

担当者によって質の差が大きかったり、応募数にノルマを課されたという評判は多く見受けられたので、他社と併用するのがベストでしょう。

\ 登録時に履歴書・職務経歴書不要 /

無料でリクルートエージェントに相談する

業界最大手。20万件を超える圧倒的求人数

ニャージェント

より詳しいサービス紹介は以下の記事をご覧ください。

リクルートエージェントは利用すべき?転職初心者向けに1から解説

まとめ

この記事のまとめ
  • サーバーエンジニアはサーバーの設計・構築・運用・保守をする仕事
  • クラウド化が進んでいるので、今後は仮想化技術についての知識が必要になってくる
  • ネットワークに関しての知識も身につければインフラエンジニアとしても活躍できる

どの職業にも言えることですが、特にIT業界の職種は常に勉強し続けることが大切です。

IT業界の発展スピードはとても速いので、技術者として生き残っていくには常に新しい技術に関してアンテナを張り、習得していくことが重要になります。

※ 上記以外の転職エージェントに関する評判は、「IT・Web業界への転職で利用すべき転職エージェントランキング」でご紹介しています。ぜひご覧ください。

あわせて読みたいコンテンツ

ネットワークエンジニアとはネットワークエンジニアとは?仕事内容と将来性を転職のプロが解説

サーバーエンジニアの仕事や平均年収について解説しています。

システムエンジニアとはシステムエンジニアとは?平均年収や将来性を解説

システムエンジニア(SE)の仕事や平均年収について解説しています。

ITコンサルタントとはITコンサルタントとは?平均年収や将来性を解説

ITコンサルタントの仕事や平均年収について解説しています。