Webアナリストとはどんな仕事?オススメの転職エージェントもご紹介

Webアナリストとは_サムネイル

「Webアナリストとはどんな仕事?」「どうすればなれるの?」と悩んでいませんか?

WebアナリストはWebサイトやサービスで利益を生み出していくには欠かせない存在です。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、Webアナリストとはどんな職業なのか、Webアナリストへの転職にオススメのサービスなどを解説します。

Webアナリストはツールを用いてアクセス解析などをする仕事

Webアナリストはツールを用いてアクセス解析などをする仕事

Webアナリストはどんな仕事をするの?

田中くん

さまざまなツールを用いてWebサイトやサービスの解析を行う仕事です。

Webアナリストは、ツールを用いてWebサイトやサービスのアクセス解析をし、分析して具体的なサイト改善案を提案する職業です。

日本ではWeb解析士とも呼ばれていますね。

インターネットが発達し、ユーザーがWebサイトやサービスでどのように行動するかが売上に直結する場合が多くあります。

そのため、ユーザーが利用しやすく、利益が伸びるようなWebサイトやサービス作りをしていく事が重要視されるようになりました。

その結果、生まれたのがWebサイトの分析に特化したWebアナリストという職業です。

業務内容は業界によって異なる。日本ではWebディレクターが兼任する場合も多い

一概にWebアナリストと言っても、業界によって業務内容は大きく異なります。

例えば、ECやメーカーでは、Web上のデータだけでなく市場の状況や顧客のフィードバックに基づいた分析をしなければなりません。

一方、Webメディアや広告代理店などでは、リスティング広告やメディアに掲載中の広告のクリック率やキャンペーンの効果測定などを行います。

海外ではWebアナリストという職業が確立されていますが、日本の場合はWebアナリストの求人はまだまだ少ない傾向にあります。

日本では分析に関して『Webディレクター』や『Webマーケター』が担当することも多いので、注意が必要でしょう。

Webアナリストの平均年収は400~450万

Webアナリストの平均年収

Webアナリストの年収ってどれくらいが見込めそう?

田中くん

前述しましたが、WebディレクターやWebマーケターが兼任する場合も多いので、かなりバラつきが見られます。

Webアナリストの平均年収は400~450万と言われており、Web系の業種の中では給与水準が高い職業です。

ただ、Webディレクターが兼任する場合が多い職業なので、求められるスキルは高い職業でしょう。

Webアナリストには高度な情報分析能力が必要

身につけるべきスキル

Webアナリストに求められるのは、高度な情報分析能力と、GoogleAnalyticsを始めとした分析ツールの知識、そしてデータをまとめるためのExcelやGoogleスプレッドシートの知識です。

Webサイトから得た情報を分析し、改善すべき点を発見できる情報分析能力がまず必須でしょう。

Excelでデータを取りまとめることが多いので、関数やピボットテーブルを始め、マクロやVBAも使いこなせると尚良いですね。

ロジカルシンキングと数値分析に長けていると、より理論的に分析し、最適な改善案を考えだすことが出来るでしょう。

Webアナリストへの転職時に持っておくと有利な資格4つ

Webアナリストに持っておくと有利な資格

Webアナリストに資格は必須ではありませんが、資格を取得しておくと知識や実力をアピールできます。

資格というのは第三者からの評価ですので、クライアント側にも信頼して貰えますね。

主にWebアナリスト関連の資格が主になりますが、Microsoftのベンダー試験や、Google Analyticsの認定資格を取得しておくと転職時にも役立つでしょう。

  • ウェブ解析士
  • Webアナリスト検定
  • Google Partners認定資格「Analytics」
  • Microsoft Office Specialist Excel

Webアナリストへの転職におすすめの転職エージェント4選

Webアナリストの転職事情はどうなのかな?

田中くん

Webアナリスト専門の職種は国内だと求人が少ないので根気よく探す必要があります。

Webアナリストという職種自体の求人は少ないので、WebディレクターやWebマーケターの業務内容に「アクセス解析」などの分析業務が無いか探してみましょう。

志望業界が定まっているならば、業界に特化した転職エージェントの方が専門的なアドバイスを得やすいので、Webアナリストの求人を探しつつも、WebディレクターやWebマーケターの求人も広く網羅した方が転職成功に繋がるでしょう。

そこで、Webアナリストへの転職を目指すならば、求人数が最も多い最大手の『リクルートエージェント』や『doda』を利用しつつ、IT・Web業界に強い転職エージェントのいずれかを併用する形が最も効率がいいでしょう。

以下にオススメ転職エージェントの特徴をまとめたぞ。
各エージェントの特徴
レバテックキャリア
IT・Web業界に特化、エンジニアの人におすすめ
ワークポートIT・Web業界に強い。スピーディな転職が可能で中小企業も網羅
ギークリーIT・Web・ゲーム業界に特化。未経験可の求人もあり、転職初心者向け
リクルートエージェント特化型ではないが、15万件を超える圧倒的な求人数。転職者は登録必須。

各転職エージェントにはそれぞれ長所と短所があるため、なるべく複数の転職エージェントに登録して、自分にマッチしているか見極めるようにしましょう。

求人数求人の質サポート力
レバテックキャリア
ワークポート
ギークリー
リクルートエージェント

ここからは、Webアナリストを目指すうえでオススメの転職エージェントを厳選してご紹介します。

レバテックキャリア / 首都圏のIT技術者におすすめ

レバテックキャリア

『レバテックキャリア』は、レバレジーズ株式会社が運営するIT・Web業界に特化した転職エージェントです。

エンジニア経験者向けの求人が多いため、エンジニアでキャリアアップしたい方には向いています。

レバテックキャリアは年間3,000回以上の企業訪問を重ねており、コンサルタントの業界知識が豊富なので、言語や開発環境と言った技術的な話も通用しやすいでしょう。

実際の現場の環境や最新技術などに関しても相談したい場合は利用すべき転職エージェントです。

スピード転職をしたい人にオススメ「ワークポート」


対応エリア
全国
ワークポート』は、株式会社ワークポートが運営する総合型転職エージェントです。

ワークポートは10年以上に渡ってIT分野専門の転職エージェントを行ってきましたが、2014年に総合型に幅を広げました。

そのため、IT・インターネット分野では圧倒的な取引実績を誇り、リクナビNEXTの発表による2016年転職決定数ランキングでも堂々の1位を獲得しています。

ワークポートのメリット・デメリットは下記の通りです。

  •  高い専門性を持ったキャリアアドバイザーが在籍
  •  スピーディな転職活動が可能
  •  IT・Web業界の求人が多い
  •  対応が事務的
  •  質の悪い求人が混じっている可能性

対応は事務的という評判が多いですが、レスポンスの早さに定評があり、急ぎの転職活動をしたい人にはオススメできます。

IT・Web業界を志望している方の満足度は特に高い傾向にあるので、IT・Web業界を目指すなら必ず利用するべきエージェントです。

※ より詳しい解説は『これだけ読めば安心!ワークポートの評判を初心者向けに1から解説』をご参考ください。

親身なサポートで転職初心者にオススメ「ギークリー」


対応エリア
首都圏中心

ギークリー』は、株式会社ギークリーが運営する、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

ギークリーは、リクルートキャリア社が主催する転職エージェントランキング「リクナビNEXTエージェントNetwork」において、総合満足度部門で第3位を獲得した実績を持ちます。

求人の質やマッチングの精度、サポート体制にこだわりがあり、顧客満足度が非常に高いのが特徴です。

ギークリーのメリット・デメリットは下記の通りです。

  •  紹介求人の満足度が高い
  •  転職初心者への手厚いサポート
  •  業界未経験者でも利用可能
  •  地方求人が少ない

また、未経験からの業界転職支援も充実しているため、未経験から業界を目指す方にも親身に相談を受けてくれるでしょう。

業界経験者にはキャリアアップの提案を行う一方で、未経験から業界を目指す方にとっては強い味方となる存在です。

Web・IT・ゲーム業界を志望しており、丁寧なサポートを期待するなら利用すべきでしょう。

※ より詳しい解説は『ギークリーの評判を転職初心者向けに1から解説』をご参考ください。

転職を考えるすべての人にオススメ『リクルートエージェント』

リクルートエージェントのメイン画像

対応エリア
全国
リクルートエージェントは「株式会社リクルートキャリア」が運営する、求人案件数・内定決定数ともに業界NO.1の総合型転職エージェントです。

広告・マスコミ業界に特化しているという訳ではありませんが、2016年は3万2000名もの転職成功を実現しており、転職活動を始めるならば必ず利用すべきエージェントでしょう。

転職業界内でもリクルートエージェントの求人保有数は定評があり、幅広い業種・職種に対応しているため、ポジションに関わらず受け皿がとても広いのが特徴です。

求人数や求人の質は「他社と圧倒的な差がある」という声も多く、利用者の満足度は非常に高いです。

広告業界でも職種によっては特化型よりも多いことがあるので、情報収集のためにリクルートエージェントに登録しつつも、サポートが不安であれば他のエージェントを併用するのが望ましいですね。

※ より詳しい解説は『リクルートエージェントは利用すべき?転職初心者向けに1から解説』をご参考ください。

まとめ

Webアナリストへの転職は、Webサイトやサービスに関して深い知識があり、分析が得意な方なら転職しやすいでしょう。

分析した結果から改善案を提案し、Webサイトやサービスに反映させ、数字として結果を出すのがWebアナリストの仕事。

今後も需要がある職業ですが、国内ではWebアナリスト専門職という求人はなかなか見つけにくいかもしれません。

そのため、Webアナリストのスペシャリストを目指すのであれば、海外への転職も視野に入れたほうが良いでしょう。

※ 上記以外の転職エージェントに関する評判は、「IT・Web業界への転職で利用すべき転職エージェントランキング」でご紹介しています。ぜひご覧ください。

あわせて読みたいコンテンツ

WebディレクターとはWebディレクターとはどんな仕事?オススメの転職エージェントもご紹介

Webディレクターの仕事内容や年収について解説しています。

WebデザイナーとはWebデザイナーとは?平均年収や将来性を解説

Webデザイナーの仕事内容や年収について解説しています。

WebプランナーとはWebプランナーとは?平均年収や将来性を解説

Webマーケターの仕事内容や年収について解説しています。