【2018年版】ゲーム業界におすすめの転職エージェントは?

ゲーム業界におすすめのエージェント

「ゲーム業界へ転職したいけど、どうすればいいかわからない」と悩んでいませんか?

ゲーム業界はゲーム好きなら一度は入ってみたい業界ですよね。

とはいえ、未経験でも平気なのか?と心配だったり、どのように転職すればいいかわからない人も多いでしょう。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、ゲーム業界への転職方法と注意点、おすすめの転職エージェントについて解説します。

ゲーム業界は4種類に分類される

まずはゲーム業界の分類について見てみましょう。
ゲーム業界の分類って?

田中くん

2018年現在、ゲーム業界の企業は大きく分けて4種類に分類されています。

  • プラットフォーマー・・・ゲーム機本体を開発する(Microsoft、ソニー、任天堂)
  • コンシューマー系・・・PS4やNintendo Switchなどの家庭用ゲーム機中心の開発
  • Web・モバイル系・・・ソーシャルゲーム、スマホアプリ中心の開発
  • アーケード系・・・主にゲームセンターのアーケードゲーム中心の開発
コンシューマー系ゲーム会社
コンシューマー系と呼ばれる、任天堂やカプコン、セガゲームス、スクウェア・エニックスなどは主に据え置き型ゲーム機(PS4、Switchなど)を中心にゲームを開発しています。(携帯機の3DSやPS Vitaなどもありますが)
Web・モバイル系ゲーム会社
一方で、パズドラのガンホー、モンストのmixi(XFLAG)、白猫プロジェクトのコロプラなどはスマートフォンアプリを中心に開発を行っています。

また、ゲーム以外にもWebサービスを開発していたりと、IT業界とゲーム業界の垣根を取っ払ったような存在ですね。

とはいえ最近では大手もスマホゲームに取り組んでいるので、境界は無くなりつつありますね。

ほかにも、ゲーム機本体を開発している「プラットフォーマー(ソニー、任天堂、マイクロソフト)」やKONAMIやTAITOなどアーケードゲームを中心に開発を行う企業もあります。

ゲーム業界は未経験でも転職が可能

ゲーム業界って未経験でも入れるものなのかな?

田中くん

安心してください。人材不足の業界なので、熱意があれば可能性はあります。
ゲーム業界未経験だからといって諦めるのはもったいないです。

ゲームプログラマーやデザイナーに技術力が必要なのは確かですが、デバッグなどの下積みから独学でスキルを身に付け、プログラマーとして採用されるような人もいます。

実際、私の友人でも採用試験に7度落ちながらも、結果として大手ゲーム会社に入社した人がいますしね。
それはすごい熱意だね・・・

コンシューマー系とモバイル系だったらどっちが入りやすいとかある?

田中くん

入りやすいのは間違いなくモバイル系ですね。

コンシューマー系の企業は老舗が多く、技術力を求められる傾向があるため、未経験で入社するのはなかなか難しいです。

参入障壁が低いのは、人材不足と言われているソーシャルゲーム業界。

ソーシャルゲームを作っている企業は資金的に潤っている部分もありますし、未経験から入社するならWeb・モバイル系のベンチャー企業が狙い目でしょう。

ゲーム業界を目指す方におすすめの転職エージェント5選

今現在のスキルや、これまでの実績・キャリアなどを元にゲーム業界に適性があるかどうか見極めるためには「転職エージェント」を利用すべきでしょう。

転職エージェントを選ぶ場合、基本的には大手を利用するのが得策なのですが、ゲーム業界に関しては選び方が変わってきます。

ゲーム業界への転職の場合はどのように選べばいいかな?

田中くん

エージェント選びのポイント

  • 業界経験のあるキャリアアドバイザーが在籍している
  • ゲーム業界と太いパイプがある

ゲーム業界とのつながりが深い転職エージェントの方が、業界知識が豊富で各企業ごとの対策もしやすくなる傾向があります。

また、開発環境などといった専門的な相談もしやすく、エンジニアなど技術職の人こそゲーム業界に特化した転職エージェントを利用すべきでしょう。

ゲーム業界への転職にはどんなエージェントがオススメなの?

田中くん

以下にオススメの転職エージェントをまとめてみました。
各エージェントの特徴
マイナビクリエイター人材大手マイナビ運営。大手に強く、ポートフォリオ指導などのサポートも充実
ワークポート転職決定数が多く、特にソーシャルゲームなどに強い。
レバテックキャリアサービスの質が高いと評判。800万~1000万クラスの高年収層にも対応。
ギークリー求人満足度が非常に高く、未経験求人にも強い。
リクルートエージェント特化型ではないが、10万件を超える圧倒的な求人数。転職者は登録必須。

各転職エージェントにはそれぞれ長所と短所があるため、なるべく複数の転職エージェントに登録して、自分にマッチしているか見極めるようにしましょう。

総合型のリクルートエージェントを除いて比較すると以下のようになります。
求人数求人の質サポート力
マイナビクリエイター
ギークリー
ワークポート
レバテックキャリア

ギークリーは、求人の質・サポート力に定評がありますが、「マイナビクリエイター」に比べると大手に(特にコンシューマー系ゲーム企業)に弱いです。

そのため、ゲーム業界を狙っているのであれば、大手なら「マイナビクリエイター」ソーシャルゲーム系なら「ギークリー」と使い分けるのが良いでしょう。

ここからは各エージェントについての詳細を見ていきます。

補足ですが、当サイトでご紹介している転職エージェントはすべて無料でサービスを利用可能なのでご安心ください。

ソーシャルゲーム系の企業はIT・Web系?
近年、IT・Web系企業とソーシャルゲーム系企業の垣根が無くなっていることもあり、求人検索などでもゲーム系企業がIT・Web系企業に分類されていることが多いです。

そのため、「IT・Webに強い=ソーシャルゲームやアプリ系にも強い」と認識する方がチャンスを逃さずに済むでしょう。

マイナビクリエイター[ゲーム業界を目指すなら登録必須]

総合評価
(4.5)
求人数
(4.0)
求人の質
(5.0)
担当者の質
(4.0)
提案力
(4.0)
対応エリア
首都圏、大阪近郊、愛知近郊、福岡近郊(案件はほとんど首都圏)
拠点一覧
  1. 北海道オフィス
  2. 東京オフィス
  3. 横浜オフィス
  4. 名古屋オフィス
  5. 京都オフィス
  6. 大阪オフィス
  7. 神戸オフィス
  8. 九州オフィス

マイナビクリエイターは、大手人材広告企業である「株式会社マイナビ」が運営する、Web・IT・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

クリエイター専門の転職エージェントとして、マイナビのコネクションをフル活用した転職サポートが大きな強みです。

マイナビクリエイターのメリット・デメリットは以下のとおりです。
デメリット
  1. 公開求人数が少ない
  2. 熱心な担当者が苦手な場合は合わない
メリット
  1. 高い専門性を持ったキャリアアドバイザーが在籍
  2. 量より質の高いマッチング力
  3. 大手へのキャリアアップに強い
  4. ポートフォリオ作成のサポートが手厚い

業界に特化しているだけあって、IT・Web・ゲーム業界への高い専門性を持ったキャリアアドバイザーが多いです。

また、量より質を重視しているため、手厚いサポートが魅力的です。

ポートフォリオ作成指導なども行っているため、デザイナーなどポートフォリオの作成が必要な職種ほどマッチするでしょう。

熱心な担当者が合わないという声もありますが、それが良かったという意見もあるため、ここは相性次第ですね。

とはいえ、ゲーム系に特化した転職エージェントは少ないため、ゲーム業界を志望するなら登録をおすすめします。

\ 簡単1分、オンライン申し込み /

無料でマイナビクリエイターに相談する

Web・ゲーム業界志望のクリエイターにおすすめ

より詳しいサービス紹介は以下の記事をご覧ください。

コレだけ読めば大丈夫!マイナビクリエイターの評判・口コミを徹底分析

ワークポート[ソーシャルゲーム系を目指す人におすすめ]

総合評価
(4.0)
求人数
(4.0)
求人の質
(4.0)
担当者の質
(3.5)
提案力
(4.0)
対応エリア
全国
拠点一覧
  1. 東京本社
  2. 五反田オフィス
  3. 埼玉オフィス
  4. 横浜オフィス
  5. 仙台オフィス
  6. 大阪オフィス
  7. 福岡オフィス
  8. 名古屋オフィス
  9. 神戸オフィス

ワークポートは、「株式会社ワークポート」が運営する転職エージェントです。

ワークポートは10年以上に渡ってIT分野専門の転職エージェントを行ってきましたが、2014年に総合型に幅を広げました。

そのため、IT・Webといった分野では圧倒的な取引実績を誇ります。

ワークポートは、リクナビNEXT主催『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア主催『doda Valuable Partner Award2017』にて、数ある転職エージェントの中から「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれており、マッチングに優れたエージェントだと言えるでしょう。

ワークポートのメリット・デメリットは以下のとおりです。
デメリット
  1. スピード感を重視するあまり、質より量になっている
  2. 事務的なやりとりが多い
メリット
  1. IT・Web系の転職に強い
  2. スピード感のある転職活動が可能
  3. 他社に比べて登録が簡単

スピード感に関しては賛否両論ですが、IT・Web業界を志望している方の満足度は非常に高い傾向にあるので、IT・Web業界を目指すなら必ず利用するべきエージェントです。

\ 登録時に履歴書・職務経歴書不要 /

無料でワークポートに相談する

ソーシャルゲーム業界志望の人におすすめ

より詳しいサービス紹介は以下の記事をご覧ください。

これだけ読めば安心!ワークポートの評判を初心者向けに1から解説

ギークリー(Geekly) [質を求める方・未経験の方におすすめ]

総合評価
(4.5)
求人数
(4.0)
求人の質
(4.0)
担当者の質
(4.5)
提案力
(4.5)
対応エリア
東京、神奈川、埼玉、千葉
拠点
東京都渋谷区渋谷1-17-2 ヒューリック渋谷宮下公園ビル 6F

ギークリー(Geekly)は、株式会社ギークリーが運営する、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

ギークリーは、リクルートキャリア社が主催する転職エージェントランキング「リクナビNEXTエージェントNetwork」において、総合満足度部門で第3位を獲得した実績を持ちます。

求人の質やマッチングの精度、サポート体制にこだわりがあり、顧客満足度が非常に高いのが特徴です。

また、未経験からの業界転職支援も充実しているため、未経験から業界を目指す方にも親身に相談を受けてくれるでしょう。

ギークリーのメリット・デメリットは以下のとおりです。
デメリット
  1. 地方の転職には弱い
  2. ワークポートなどに比べると求人数が少ない
メリット
  1. 紹介求人の満足度が高い
  2. 未経験からの業界就職に対応
  3. 転職初心者でも安心のサポート

デメリットとしては、ワークポートリクルートエージェントに比べると求人数が少ない点と、首都圏以外の転職には弱い点が挙げられます。

とはいえ、特化型転職エージェントとしては求人数も多い方ですし、サポート体制が整っているので、転職初心者や未経験から業界を目指す人にはオススメの転職エージェントです。

\ 登録時に履歴書・職務経歴書不要 /

無料でギークリーに相談する

未経験からの業界転職を目指す人におすすめ

より詳しいサービス紹介は以下の記事をご覧ください。

ギークリーの評判を転職初心者向けに1から解説

レバテックキャリア [エンジニアやデザイナーにおすすめ]

総合評価
(4.0)
求人数
(4.0)
求人の質
(4.0)
担当者の質
(4.0)
提案力
(4.0)
対応エリア
東京、神奈川、千葉、大阪、京都、兵庫、福岡
拠点一覧
  1. 東京本社
  2. 大阪支社
  3. 福岡支社

レバテックキャリアは、IT・Web業界に特化した転職エージェントです。

転職業界内でも評判がいい質の高いサービスが魅力で、4,000社以上の転職支援実績を誇ります

よくある職種検索だけでなく、PHP、javaなどといったスキル別に求人を探せるのがとても便利ですね。

非公開求人も多いため、ゲーム業界志望の中でも、エンジニアやデザイナーの方に特に向いているエージェントでしょう。

レバテックキャリアのメリット・デメリットは以下のとおりです。
デメリット
  1. エンジニア・クリエイター以外の求人数が少ない
  2. 熱心な担当者が苦手な場合は合わない
メリット
  1. コンサルタントの業界知識が豊富
  2. エンジニアの転職に強い
  3. 一人ひとりを大事にする転職支援
  4. IT・Web業界とのつながりが深い

レバテックキャリアのコンサルタントは業界知識が豊富なので、言語や開発環境と言った技術的な話も通用しやすいでしょう。

一方で、求人数は他社に劣る部分があるので、求人数を重視する方は同じくIT・Web業界に強い『ワークポート』を利用するべきですね。

とはいえ、サポートがしっかりしているため、転職初心者の方や、サポート力を重視する方にはオススメできる転職エージェントです。

\ 登録時に履歴書・職務経歴書不要 /

無料でレバテックキャリアに相談する

エンジニア・クリエイターにおすすめ

より詳しいサービス紹介は以下の記事をご覧ください。

レバテックキャリアの評判をプロがわかりやすく解説

リクルートエージェント [すべての転職人におすすめ]

総合評価
(5.0)
求人数
(5.0)
求人の質
(4.5)
担当者の質
(5.0)
提案力
(4.0)
対応エリア
全国
  • 北海道支社(札幌)
  • 東北支社(仙台)
  • 東京本社(東京・丸の内)
  • 宇都宮支社(宇都宮)
  • さいたま支社(大宮)
  • 千葉支社(千葉)
  • 西東京支社(東京・立川)
  • 横浜支社(横浜)
  • 静岡支社(静岡)
  • 名古屋支社(名古屋)
  • 大阪支社(大阪)
  • 京都支社(京都)
  • 神戸支社(神戸)
  • 中四国支社 岡山オフィス(岡山)
  • 中四国支社 広島オフィス(広島)
  • 福岡支社(福岡)

リクルートエージェントは、「株式会社リクルートキャリア」が運営する、総合型転職エージェントです。

リクルートエージェントは求人案件・内定決定数ともに業界NO.1の転職エージェントです。

2017年は3万9000名の転職成功を実現しており、最早国内では知らない人がいないのではないかと言う程の知名度を誇りますよね。

転職業界内でも、リクルートエージェントの求人保有数や支援サービスの質などは誰もが認めるものです。

リクルートエージェントのメリット・デメリットは以下のとおりです。
デメリット
  1. 担当者の質にムラがある
  2. 流れ作業のように感じることがある
メリット
  1. 求人数が圧倒的に多い
  2. 幅広いジャンルの求人取扱いがある
  3. 地方へのUターン転職にも利用できる

求人数や求人の質は「他社と圧倒的な差がある」という声も多く、満足度は非常に高いです。

リクルート経由でしか応募できない独占求人などもあるので、情報収集だけでも登録してみる価値はあるでしょう。

対応が流れ作業になってしまうのは、多くの求職者を抱えている大手なので仕方ない部分ですね。

リクルートエージェントには多くのキャリアアドバイザーが在籍していますが、その担当者との相性によって評価に差があります。

担当者によって質の差が大きかったり、応募数にノルマを課されたという評判は多く見受けられたので、他社と併用するのがベストでしょう。

\ 登録時に履歴書・職務経歴書不要 /

無料でリクルートエージェントに相談する

業界最大手。20万件を超える圧倒的求人数

より詳しいサービス紹介は以下の記事をご覧ください。

リクルートエージェントは利用すべき?転職初心者向けに1から解説

まとめ

それぞれのエージェントに特徴があるから、自分に合いそうなものをしっかりと見極めたいね。

田中くん

転職エージェントの選び方は、案件数とサポート力、どちらを重視するかで変わってきます。

業界未経験の方はサポート力を、業界経験者の方は求人数が多い転職エージェントを利用するのがオススメです。

各エージェントの特徴
マイナビクリエイター人材大手マイナビ運営。大手に強く、ポートフォリオ指導などのサポートも充実
ワークポート 転職決定数が多く、特にソーシャルゲームなどに強い。
レバテックキャリアサービスの質が高いと評判。800万~1000万クラスの高年収層にも対応。
ギークリー求人満足度が非常に高く、未経験求人にも強い。
リクルートエージェント 特化型ではないが、10万件を超える圧倒的な求人数。転職者は登録必須。

上記の転職エージェントをうまく有効活用して、ぜひ転職活動をスムーズに進めて下さいね。

あなたの転職が成功することを祈っています。