Webマーケターとはどんな仕事?オススメの転職エージェントもご紹介

Webマーケターとは

「Webマーケターとはどんな仕事?」「どうすればなれるの?」と悩んでいませんか?

Webマーケターは、Webサイトやサービスで収益を上げるためにはかかせない存在です。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、Webマーケターとはどんな職業なのか、Webマーケターへの転職にオススメのサービスなどを解説します。

Webマーケターとはサービスやサイトへの集客を促進する仕事

Webマーケターとはサービスやサイトへの集客を促進する仕事

Webマーケターはどんな仕事をするの?

田中くん

簡単に言えば、Webサイトにどのように集客するか?を考える職業です。

Webマーケターの業務内容は多岐に渡りますが、一般的な業務は以下のようなものがあります。

  • Webコンテンツの充実
  • 検索順位で上位表示を目指すSEO対策
  • リスティング広告
  • Facebook、TwitterなどのSNSを用いた宣伝

簡単にWebマーケターの業務内容を説明すると、「運営するWebサイトやサービスにさまざまな方法で集客し、購買やアクション(登録など)に繋げる」というのがWebマーケターの仕事でしょう。
近年ではIT関連企業以外でも、オウンドメディア(自社メディア)を持ち、インターネット上でサービスを宣伝する傾向があります。

こうした流れが強まる中で、Webマーケターという職業が特に重要視されるようになってきました。

Webマーケターの平均年収

Webマーケターの平均年収

データ参考 : 転職会議

Webマーケターの平均年収はどれくらいなんだろう?

田中くん

転職会議のデータによると、平均年収は441万円です。

Web業界では標準的な給与水準ですね。

勤務先がWebマーケティングにどれだけ注力しているかで大きく年収が変わる職業なので、しっかりと経験を積んでキャリアアップを重ねていけば年収700万程度は目指せる職業です。

WebマーケターにはマーケティングとWebの知識の両方が必要

WebマーケターにはWebとマーケティング両方の知識が必要

Webマーケターにはどのようなスキルが必要なの?

田中くん

基本的なWebに関する知識と、マーケティングの知識は必須だと言えるでしょう。

前述しましたが、Webマーケターの仕事はさまざまな施策を行い、Webサイトやサービスを認知させ、集客し、そして購買やアクションへとつなげることです。

まずは、どの施策がベストなのか検討しなければいけませんが、その時にWebプロモーションの知識などが必要になります。

そしてその施策が狙い通りの数字を出せているのか検証し、改善しなければなりません。

ユーザーの滞在時間や、購入ボタンのクリック率といった数字を見て、色々な切り口からデータを分析することで成果を出していくので、この「分析」というプロセスを楽しむことが大切でしょう。

Webマーケターは未経験からでもなることが可能

Webマーケターは業界未経験でも大丈夫なのかな?

田中くん

Webマーケターを求める企業は非常に増えているので、未経験でも狙い目な職種です。

WebマーケターはWebデザイナーやWebエンジニアとは違い、Webに特化した高度な専門的知識はそこまで求められないので、未経験でもなることが可能な職種です。

マーケティング経験者や分析などに強ければWebマーケターとして業界に入りやすいので、未経験だからと諦める前に一度チャレンジしてみるべきでしょう。

注意
業界に特化した転職エージェントの中には、業界経験がある人しか利用できないエージェントもあります。転職エージェントを利用する前に、未経験可の求人があるか確認すべきでしょう。

詳細は後述しますが、Web業界に特化した転職エージェントの中でも『ギークリー 』は未経験可の求人が豊富です。

Webマーケターへの転職におすすめの転職エージェント4選

Webマーケターの転職事情はどうなのかな?

田中くん

マーケティングや分析など、他業界での経験も活かせる職種だぞ。

志望企業がどのようなWebマーケティングに取り組んでいるか詳細に知りたい人は、専門性が高い業界特化型の転職エージェントを利用すべきです。

また、ある程度の求人数から選ぶためにも求人数が最も多い最大手の『リクルートエージェント』や『doda』を利用しつつ、IT・Web業界に強い転職エージェントのいずれかを併用する形が最も効率がいいでしょう。

以下にWebマーケターを目指すうえでオススメ転職エージェントの特徴をまとめました。
各エージェントの特徴
マイナビクリエイターIT・Web・ゲーム会社に特化。大手に強い、年収アップをしたい人に
ワークポートIT・Web業界に強い。スピーディな転職が可能で中小企業も網羅
ギークリーIT・Web・ゲーム業界に特化。未経験可の求人もあり、転職初心者向け
リクルートエージェント特化型ではないが、15万件を超える圧倒的な求人数。転職者は登録必須。

各転職エージェントにはそれぞれ長所と短所があるため、なるべく複数の転職エージェントに登録して、自分にマッチしているか見極めるようにしましょう。

求人数求人の質サポート力
マイナビクリエイター
ワークポート
ギークリー
リクルートエージェント

ここからは、Webマーケターを目指すうえでオススメの転職エージェントを厳選してご紹介します。

年収アップを目指す人にオススメ「マイナビクリエイター」


対応エリア
東京・大阪・愛知・福岡近郊
マイナビクリエイター』は、大手人材広告企業である「株式会社マイナビ」が運営する、Web・IT・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

クリエイター専門の転職エージェントとして、マイナビのコネクションをフル活用した転職サポートが大きな強み。

マイナビクリエイターのメリット・デメリットは下記の通りです。

  •  高い専門性を持ったキャリアアドバイザーが在籍
  •  量より質の高いマッチング力
  •  大手へのキャリアアップに強い
  •  公開求人数が少ない
  •  熱心な担当者が苦手な場合は合わない
業界に特化しているだけあって、IT・Web・ゲーム業界への高い専門性を持ったキャリアアドバイザーが多いです。

また、量より質を重視しているため、手厚いサポートが魅力的です。

ポートフォリオ作成指導なども行っているため、ポートフォリオの作成が必要な場合のあるエディター職はマッチするでしょう。

熱心な担当者が合わないという声も聞きますが、ここは相性次第でしょう。

Web・ゲーム系で映像エディターを目指すなら登録をおすすめします。

※ より詳しい解説は『コレだけ読めば大丈夫!マイナビクリエイターの評判・口コミを徹底分析』をご参考ください。

スピード転職をしたい人にオススメ「ワークポート」


対応エリア
全国
ワークポート』は、株式会社ワークポートが運営する総合型転職エージェントです。

ワークポートは10年以上に渡ってIT分野専門の転職エージェントを行ってきましたが、2014年に総合型に幅を広げました。

そのため、IT・インターネット分野では圧倒的な取引実績を誇り、リクナビNEXTの発表による2016年転職決定数ランキングでも堂々の1位を獲得しています。

ワークポートのメリット・デメリットは下記の通りです。

  •  高い専門性を持ったキャリアアドバイザーが在籍
  •  スピーディな転職活動が可能
  •  IT・Web業界の求人が多い
  •  対応が事務的
  •  質の悪い求人が混じっている可能性

対応は事務的という評判が多いですが、レスポンスの早さに定評があり、急ぎの転職活動をしたい人にはオススメできます。

IT・Web業界を志望している方の満足度は特に高い傾向にあるので、IT・Web業界を目指すなら必ず利用するべきエージェントです。

※ より詳しい解説は『これだけ読めば安心!ワークポートの評判を初心者向けに1から解説』をご参考ください。

親身なサポートで転職初心者にオススメ「ギークリー」


対応エリア
首都圏中心

ギークリー』は、株式会社ギークリーが運営する、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

ギークリーは、リクルートキャリア社が主催する転職エージェントランキング「リクナビNEXTエージェントNetwork」において、総合満足度部門で第3位を獲得した実績を持ちます。

求人の質やマッチングの精度、サポート体制にこだわりがあり、顧客満足度が非常に高いのが特徴です。

ギークリーのメリット・デメリットは下記の通りです。

  •  紹介求人の満足度が高い
  •  転職初心者への手厚いサポート
  •  業界未経験者でも利用可能
  •  地方求人が少ない

また、未経験からの業界転職支援も充実しているため、未経験から業界を目指す方にも親身に相談を受けてくれるでしょう。

業界経験者にはキャリアアップの提案を行う一方で、未経験から業界を目指す方にとっては強い味方となる存在です。

Web・IT・ゲーム業界を志望しており、丁寧なサポートを期待するなら利用すべきでしょう。

※ より詳しい解説は『ギークリーの評判を転職初心者向けに1から解説』をご参考ください。

転職を考えるすべての人にオススメ『リクルートエージェント』

リクルートエージェントのメイン画像

対応エリア
全国
リクルートエージェントは「株式会社リクルートキャリア」が運営する、求人案件数・内定決定数ともに業界NO.1の総合型転職エージェントです。

広告・マスコミ業界に特化しているという訳ではありませんが、2016年は3万2000名もの転職成功を実現しており、転職活動を始めるならば必ず利用すべきエージェントでしょう。

転職業界内でもリクルートエージェントの求人保有数は定評があり、幅広い業種・職種に対応しているため、ポジションに関わらず受け皿がとても広いのが特徴です。

求人数や求人の質は「他社と圧倒的な差がある」という声も多く、利用者の満足度は非常に高いです。

広告業界でも職種によっては特化型よりも多いことがあるので、情報収集のためにリクルートエージェントに登録しつつも、サポートが不安であれば他のエージェントを併用するのが望ましいですね。

※ より詳しい解説は『リクルートエージェントは利用すべき?転職初心者向けに1から解説』をご参考ください。

まとめ

WebマーケターはWebサイトやサービスで収益を生み出すためには欠かせない存在です。

しかし、Webマーケターが担当する業務の範囲は企業によって異なるので注意しましょう。

そのため、業務内容について直接企業に問い合わせたり、転職エージェントに聞いてみることで「こんなハズじゃなかった」というミスを防げるでしょう。

※ 上記以外の転職エージェントに関する評判は、「IT・Web業界への転職で利用すべき転職エージェントランキング」でご紹介しています。ぜひご覧ください。

あわせて読みたいコンテンツ

WebディレクターとはWebディレクターとはどんな仕事?オススメの転職エージェントもご紹介

Webディレクターの仕事内容や年収について解説しています。

WebデザイナーとはWebデザイナーとは?平均年収や将来性を解説

Webデザイナーの仕事内容や年収について解説しています。

WebプロデューサーとはWebプロデューサーとはどんな仕事?オススメの転職エージェントもご紹介

Webプロデューサーの仕事内容や年収について解説しています。