Webプロデューサーとはどんな仕事?オススメの転職エージェントもご紹介

Webプロデューサーとは

「Webプロデューサーとはどんな仕事?」「どうすればなれるの?」と悩んでいませんか?

Webプロデューサーといえば、Web業界で花形の職業ですので、このポジションを目指す人も多いでしょう。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、Webプロデューサーとはどんな職業なのか、Webプロデューサーへの転職にオススメのサービスなどを解説します。

WebプロデューサーはWebサイト制作全体を統括する仕事

Webプロデューサーはどんな仕事をするの?

田中くん

主にWeb制作において全体を見る仕事です。

Webプロデューサーは、Web制作においてクライアントとの料金の交渉や打ち合わせなどを行い、Web制作全体を統括する職業です。

Webプロデューサーはクライアントとの交渉がメインの業務ですが、会社によって裁量はさまざまで自ら企画を持ち込む場合もあります。

既存のサイトの運用や新規サイトの立ち上げによっても業務は異なりますが、一般的には以下のような業務を行います。

  • 年間予算の策定
  • 運用方針の決定
  • マーケティング調査
  • コンセプト設計
  • 収益・予算・人員計画の立案
  • プロモーション戦略の立案

お金が絡むポジションなので、他のWebの職種よりも経営者視点を持ち、数字や交渉に強くなる必要があります。

Webプロデューサーは果たすべき役割と責任も非常に大きいですが、その分やりがいもある職業です。

Webプロデューサーは全体の統括、Webディレクターは現場の統括

Webディレクターとはどう違うの?

田中くん

簡単に言えば、全体を見ているのがプロデューサー、現場の統括がディレクターです。

統括するという面では『Webディレクター』と同じですが、担当する範囲は大きく違うので注意しましょう。

  • Webプロデューサー・・・予算やプロジェクト全体の管理
  • Webディレクター・・・実際の制作現場の全体を管理

現場の統括がWebディレクターで、プロジェクト全体の統括はプロデューサーという認識でいいでしょう。

制作メンバーや外注スタッフをを選定するのもWebプロデューサーの仕事です、まさにWebサイト制作の舵取り役ですね。

Webディレクターの仕事内容に関しての詳細は『Webディレクターとはどんな仕事?』で解説していますので、あわせてご参考下さい。

WebディレクターとはWebディレクターとはどんな仕事?オススメの転職エージェントもご紹介

Webプロデューサーの平均年収は400~700万

Webディレクターの平均年収

年齢平均年収男性平均年収女性平均年収
20代377万円383万円371万円
30代516万円534万円477万円

データ参考 : マイナビエージェント

Webディレクターの年収ってどれくらいが見込めそう?

田中くん

マイナビエージェントのデータによると、平均は446万円です。(Webディレクター含む)

Web系の業種の中ではかなり給与水準が高い職業ですね。

Web制作事業における全責任を負うポジションであることが多いので、これほど高い給与水準となっています。

Webプロデューサーには経営者的思考が必要

Webプロデューサーの場合、他のWeb系職種とは業務上での考え方が違います。
考え方が違うってどういうことかな?

田中くん

Webプロデューサーに求められるのは、コミュニケーション能力やマネジメント能力・リーダーシップなどさまざまですが、最も大切なのが「経営者的思考」です。

デザイナーやエンジニア、現場を統括するディレクターなどは、いかにクオリティの高いWebサイトを作れるかという点を重視しますが、Webプロデューサーの場合は視点が大きく変わります。

プロデューサーの場合はWebサイトをビジネスとして捉え、いかに集客し、どのように収益へと繋げるか考えなければなりません。

また、収益を出すためにどういった施策を行うのかといった判断力も重要です。

事業計画を立案し、収益の見込みが立ちそうか判断する、まさに経営者のような仕事でもあります。

Webプロデューサーへの転職におすすめの転職エージェント4選

Webプロデューサーの転職事情はどうなのかな?

田中くん

Webプロデューサーになるには、プランナーやディレクターなどからステップアップしていくのが一般的。

Webプロデューサーの下に複数のWebディレクターが付く形の企業が多いので、Webプロデューサーの求人数は全体的に少ないです。

志望業界が定まっているならば、業界に特化した転職エージェントの方が専門的なアドバイスを得やすいですが、Webプロデューサーの仕事は経営寄りなので、転職エージェントの専門性はそこまで重要ではないでしょう。

そこで、Webプロデューサーへの転職を目指すならば、求人数が最も多い最大手の『リクルートエージェント』や『doda』を利用しつつ、IT・Web業界に強い転職エージェントのいずれかを併用する形が最も効率がいいでしょう。

以下にオススメ転職エージェントの特徴をまとめました。
各エージェントの特徴
マイナビクリエイターIT・Web・ゲーム会社に特化。大手に強い、年収アップをしたい人に
ワークポートIT・Web業界に強い。スピーディな転職が可能で中小企業も網羅
ギークリーIT・Web・ゲーム業界に特化。未経験可の求人もあり、転職初心者向け
リクルートエージェント特化型ではないが、15万件を超える圧倒的な求人数。転職者は登録必須。

各転職エージェントにはそれぞれ長所と短所があるため、なるべく複数の転職エージェントに登録して、自分にマッチしているか見極めるようにしましょう。

求人数求人の質サポート力
マイナビクリエイター
ワークポート
ギークリー
リクルートエージェント

ここからは、Webプロデューサーを目指すうえでオススメの転職エージェントを厳選してご紹介します。

年収アップを目指す方にオススメ「マイナビクリエイター」


対応エリア
東京・大阪・愛知・福岡近郊
マイナビクリエイター』は、大手人材広告企業である「株式会社マイナビ」が運営する、Web・IT・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

クリエイター専門の転職エージェントとして、マイナビのコネクションをフル活用した転職サポートが大きな強み。

マイナビクリエイターのメリット・デメリットは下記の通りです。

  •  高い専門性を持ったキャリアアドバイザーが在籍
  •  量より質の高いマッチング力
  •  大手へのキャリアアップに強い
  •  公開求人数が少ない
  •  熱心な担当者が苦手な場合は合わない
業界に特化しているだけあって、IT・Web・ゲーム業界への高い専門性を持ったキャリアアドバイザーが多いです。

また、量より質を重視しているため、手厚いサポートが魅力的です。

ポートフォリオ作成指導なども行っているため、ポートフォリオの作成が必要な場合のあるエディター職はマッチするでしょう。

熱心な担当者が合わないという声も聞きますが、ここは相性次第でしょう。

Web・ゲーム系で映像エディターを目指すなら登録をおすすめします。

※ より詳しい解説は『コレだけ読めば大丈夫!マイナビクリエイターの評判・口コミを徹底分析』をご参考ください。

スピード転職をしたい人にオススメ「ワークポート」


対応エリア
全国
ワークポート』は、株式会社ワークポートが運営する総合型転職エージェントです。

ワークポートは10年以上に渡ってIT分野専門の転職エージェントを行ってきましたが、2014年に総合型に幅を広げました。

そのため、IT・インターネット分野では圧倒的な取引実績を誇り、リクナビNEXTの発表による2016年転職決定数ランキングでも堂々の1位を獲得しています。

ワークポートのメリット・デメリットは下記の通りです。

  •  高い専門性を持ったキャリアアドバイザーが在籍
  •  スピーディな転職活動が可能
  •  IT・Web業界の求人が多い
  •  対応が事務的
  •  質の悪い求人が混じっている可能性

対応は事務的という評判が多いですが、レスポンスの早さに定評があり、急ぎの転職活動をしたい人にはオススメできます。

IT・Web業界を志望している方の満足度は特に高い傾向にあるので、IT・Web業界を目指すなら必ず利用するべきエージェントです。

※ より詳しい解説は『これだけ読めば安心!ワークポートの評判を初心者向けに1から解説』をご参考ください。

親身なサポートで転職初心者にオススメ「ギークリー」


対応エリア
首都圏中心

ギークリー』は、株式会社ギークリーが運営する、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

ギークリーは、リクルートキャリア社が主催する転職エージェントランキング「リクナビNEXTエージェントNetwork」において、総合満足度部門で第3位を獲得した実績を持ちます。

求人の質やマッチングの精度、サポート体制にこだわりがあり、顧客満足度が非常に高いのが特徴です。

ギークリーのメリット・デメリットは下記の通りです。

  •  紹介求人の満足度が高い
  •  転職初心者への手厚いサポート
  •  業界未経験者でも利用可能
  •  地方求人が少ない

また、未経験からの業界転職支援も充実しているため、未経験から業界を目指す方にも親身に相談を受けてくれるでしょう。

業界経験者にはキャリアアップの提案を行う一方で、未経験から業界を目指す方にとっては強い味方となる存在です。

Web・IT・ゲーム業界を志望しており、丁寧なサポートを期待するなら利用すべきでしょう。

※ より詳しい解説は『ギークリーの評判を転職初心者向けに1から解説』をご参考ください。

転職を考えるすべての人にオススメ『リクルートエージェント』

リクルートエージェントのメイン画像

対応エリア
全国
リクルートエージェントは「株式会社リクルートキャリア」が運営する、求人案件数・内定決定数ともに業界NO.1の総合型転職エージェントです。

広告・マスコミ業界に特化しているという訳ではありませんが、2016年は3万2000名もの転職成功を実現しており、転職活動を始めるならば必ず利用すべきエージェントでしょう。

転職業界内でもリクルートエージェントの求人保有数は定評があり、幅広い業種・職種に対応しているため、ポジションに関わらず受け皿がとても広いのが特徴です。

求人数や求人の質は「他社と圧倒的な差がある」という声も多く、利用者の満足度は非常に高いです。

広告業界でも職種によっては特化型よりも多いことがあるので、情報収集のためにリクルートエージェントに登録しつつも、サポートが不安であれば他のエージェントを併用するのが望ましいですね。

※ より詳しい解説は『リクルートエージェントは利用すべき?転職初心者向けに1から解説』をご参考ください。

まとめ

WebプロデューサーはWeb制作には欠かせない存在です。

Web制作会社で経験を積んで、もっと上流工程に携わりたい場合はWebプロデューサーを目指すと良いでしょう。

しかし、Web業界ではディレクターとプロデューサーを明確に区別していない会社も多々あります。

そのため、業務内容について直接企業に問い合わせたり、転職エージェントに聞いてみることで「こんなハズじゃなかった」というミスを防げるでしょう。

※ 上記以外の転職エージェントに関する評判は、「IT・Web業界への転職で利用すべき転職エージェントランキング」でご紹介しています。ぜひご覧ください。

あわせて読みたいコンテンツ

WebディレクターとはWebディレクターとはどんな仕事?オススメの転職エージェントもご紹介

Webディレクターの仕事内容や年収について解説しています。

WebデザイナーとはWebデザイナーとは?平均年収や将来性を解説

Webデザイナーの仕事内容や年収について解説しています。

WebプランナーとはWebプランナーとは?平均年収や将来性を解説

Webマーケターの仕事内容や年収について解説しています。