Webエンジニアとは?平均年収や将来性を解説

Webエンジニアとは

「Webエンジニアとはどんな仕事?」と悩んでいませんか?

Webエンジニアは主にWeb上でのシステム開発に特化したエンジニアです。

このページでは、元キャリアアドバイザーの筆者が、Webエンジニアの仕事内容や今後の将来性などについて解説します。

Webエンジニアとは?仕事内容を解説

WebエンジニアはWebサイト上で動作するアプリケーションやWebサイトの設計・開発や保守を行う職業です。

明確な線引きはされていませんが、Webエンジニアは主に「フロントエンドエンジニア」と「サーバーサイドエンジニア」の2種類に分類されます。

フロントエンド
ユーザーと直接やり取りする要素の事をフロントエンドと言います。

例えば、ウェブサイトを閲覧する際、ユーザーはブラウザを利用します。この場合は、ウェブブラウザがフロントエンドに該当します。

フロントエンドとバックエンドの違い

逆の意味で、バックエンド(サーバーサイド)という言葉があります。こちらは、主にユーザーからは見えない部分(データ処理)などを行う要素のことを指しています。

例えば、ECサイトなどで商品を探している際、関連する商品を画面表示させる。といったシステムはWebエンジニアによって構築されたプログラムによって動いています。

このようにユーザーが快適に利用できるようなシステムやサービスを作っていくのがWebエンジニアの仕事です。

フロントエンドエンジニアだからサーバーサイドをまったくやらないという訳でもなく、役割分担は各企業によって異なりますので注意しましょう。

Webエンジニアの平均年収

年齢平均年収男性平均年収女性平均年収
20代313万円317万円295万円
30代457万円489万円383万円

データ参考 : マイナビエージェント

Webエンジニア(マークアップエンジニア、フロントエンドエンジニア)の平均年収は約430万円と、エンジニアの中では低めの年収となっています。

しかし、スキルに応じて年収の伸びが大きいのがエンジニアの魅力で、企業にとって代えの利かない存在になれば、高年収が期待できます。

私の知り合いのエンジニアには1,400万円ほど貰っている人もいます。

その人はかなり仕事が速く、スキルの幅も広いのが特徴的です。

企業としても優秀なエンジニアには高い報酬を支払う傾向があり、海外などでは特にヘッドハンティングが多い職業でもあります。

Webエンジニアの将来性

Webエンジニアの将来性はどうなのかな?

田中くん

Web業界の進化スピードは早いです。生き残るためには現状維持ではなく、常に学ぶことが大切になってきます。

キャリアアップを目指すのであれば、指示された機能を実装するだけではなく、「なぜこの機能が必要なのか?」「もっと良い方法はないか?」などと常に考え、場合によってはディレクターに代替案を提示するなど、提案力を磨くと良いでしょう。

また、マネジメントについて学ぶことによってWebディレクタープロジェクトマネージャーへのステップアップもできるので、技術以外の面も磨いておくことでWeb制作の中心として欠かせない存在になることができます。

生涯に渡って技術者でいる場合は、常に最新技術について学ぶことが求められます。

Webエンジニアに必要な知識・スキル

Webエンジニアが身につけるべきスキル

フロントエンドを担当する場合、HTMLやCSS、JavaScriptなどの知識が必要です。

また、サーバーサイドを担当する場合はPHPやJava、RubyやPythonといったスキルが求められます。

いずれにせよ、さまざまな言語に触れておくことがWebエンジニアとしてのキャリアアップにつながるでしょう。

Webエンジニアになるために資格は必須ではありませんが、「HTML5プロフェッショナル認定試験」と「Webクリエイター能力認定試験」の2つの資格に関しては、転職で大きなアピールポイントとなるので、取得しておいて損はないでしょう。

Webエンジニアが取得しておきたい資格

  • HTML5プロフェッショナル認定試験
  • Webクリエイター能力認定試験
  • Oracle Certified Java Programmer
  • PHP技術者認定試験
  • Ruby技術者認定試験

まとめ

この記事のまとめ

  • WebエンジニアはWebサービスやWebアプリのシステム設計・開発・保守などをする仕事
  • フロントエンド側とサーバーサイド側に分かれる
  • スキル次第では高年収が狙える
  • 業務内容に明確な定義がないため、応募の際は業務内容を必ず確認すること

Webエンジニアの需要はどんどん増えていますが、以前と比較しても多くのスキルを持った人材が増えています。

そのため、単に言語だけのスキルセットではなく、他者と差別化できるようなスキルを身に着けておくといいでしょう。

数年前に標準だったことが今ではもう使われていないということも珍しくありませんので、最新技術について広くアンテナを張り、すばやく身につけていくことが生き残るために大切です。

あわせて読みたいコンテンツ

WebディレクターとはWebディレクターとはどんな仕事?オススメの転職エージェントもご紹介

Webディレクターの仕事内容や年収について解説しています。

WebデザイナーとはWebデザイナーとは?平均年収や将来性を解説

Webデザイナーの仕事内容や年収について解説しています。

WebプランナーとはWebプランナーとは?平均年収や将来性を解説

Webマーケターの仕事内容や年収について解説しています。