【結論】Webデザイナーにおすすめの転職エージェント6選【未経験も】

webデザイナーにおすすめの転職エージェント_サムネイル

田中くん
Webデザイナーに強い転職エージェントはどこなのかな?

このページでは、こんな疑問に答えていきます。

ねこくん

#この記事を書いた人

みんなの転職アドバイザー

ねこくん

経歴

新卒でブラック企業に入社し、1年で退職。その後人材系企業にて転職支援に携わる。フリーランスとして数年活動し、現在は経営者。
さまざまな人の転職・キャリア構築をサポートしています。転職や仕事に関する相談はLINEやTwitterからお気軽にどうぞ!
@biblecareer LINE

【サクッと結論】Webデザイナーにおすすめの転職エージェント

握手

ねこくん
忙しい人向けにサクッと結論をまとめます。Webデザイナーにおすすめの転職エージェントは以下のとおりです。
実務未経験者におすすめ
ワークポート総合型だがIT業界に強い
転職決定数が多く、スピード転職向き
リクルートエージェント特化型ではないが、20万件を超える圧倒的な求人数
情報が豊富なので転職者は登録必須
Webist派遣などの取り扱いもある。
比較的新しいエージェント
経験者におすすめ
ギークリーサポートが手厚く、年収アップ率が75%
マイナビクリエイターマイナビ運営。
大手求人が豊富。ゲーム系にも強い
レバテックキャリア求人の質が高い。
年収500万円以上の高年収案件多め
複数登録がおすすめ
転職エージェントには独占求人もあるため、2~3社併用すると転職成功率がグッと上がります。登録は少々面倒ですが、担当者との相性が悪かった場合でも切り替えられるので安心です。
ねこくん
ここからは、Webデザイナーの転職での注意点などを詳しく解説していきますね!

【Webデザイナー】状況別の転職エージェントの選び方・注意点

キャリアアドバイザー

田中くん
Webデザイナーの転職ではどんなエージェントを利用すればいいのかな?
ねこくん
Webデザイナーは技術職のため、実務経験の有無で利用する転職エージェントを変えるのが理想的です。誤ったエージェントに登録してしまうと効率が悪くなってしまうので注意が必要です!
選び方を間違えると・・・
  • 未経験なのに、経験者向けの求人しか無い
  • キャリアアップをしたいのに、大手求人が無い
  • 担当者の業界知識がなくて相談できない
ねこくん
こういった状況にならないためにも、まずは転職エージェントの種類を見ていきましょう!転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2種類があります!

総合型エージェントと特化型エージェントの違い

それぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

総合型
特化型
  • 案件の幅が広い
  • 求人数が多い
  • 専門知識に弱い
  • 全国対応が多い
  • 職種の専門知識が豊富
  • 企業ごとの対策がしやすい
  • 求人数は少なめ
  • 対応エリアが狭め

業界・職種が定まっている場合は特化型を中心に利用するほうが良いのですが、未経験向きの案件が少ない場合もあるので注意が必要です。

田中くん
Webデザイナーに特化したエージェントもあるのかな?
ねこくん
ITやWeb業界に特化したエージェントならありますよ!ここからは状況別に選び方を詳しく解説していきますね。

タップでジャンプ

Web業界未経験の場合のエージェントの選び方と注意点

田中くん
業界未経験の場合はどんな転職エージェントを利用すればいい?
ねこくん
結論から言うと、業界未経験の人は求人数が多い総合型エージェントを中心に利用すべきです。

Web業界未経験の人に総合型エージェントをオススメする理由は以下の2点です。

おすすめ理由

  • 選択肢が豊富なため未経験OKの案件が見つかりやすい
  • 応募書類の添削など転職初心者向けのサポートが充実している

未経験からWeb業界を目指す場合は、未経験可の求人を効率よく探すためにも求人数を重視しましょう。

とはいえ、総合型エージェントは専門性では特化型に劣ってしまうので、Web業界に特化したエージェントも2社ほど併用するのが安心です。

ねこくん
未経験からの業界挑戦となると、応募書類や面接なども不安ですよね。そのため、求人数だけでなくサポート力も考慮する必要がありますよ!
Webデザイナーは未経験という場合
Web業界で働いていたけど、他の職種からWebデザイナーになりたいという人もいるでしょう。そういった場合は業界の知識という面ではまったくの未経験よりは有利になります。そのため、業界経験者向けのエージェントと未経験向けのエージェントを併用するのがいいですね。とはいえ、デザイナー職はスキルが重視されるため、Adobeなどソフトの知識は学んでおきたいです。

Webデザイナーからキャリアアップ転職したい場合の選び方と注意点

握手

田中くん
Webデザイナーの経験がある場合はどんな転職エージェントを利用すればいい?
ねこくん
実務経験者の場合は、年収アップ率や求人の質を基準に選んでいきましょう。

結論から言うと、実務経験者の人は特化型で年収アップに強い転職エージェントを利用すべきです。

Webデザイナーのキャリアパスは「Webディレクター」「UI/UXエンジニア」など多岐に渡ります。

また、管理職を目指したり、Webデザイナーのスペシャリストを目指すことも可能ですので、選択肢を増やしたい場合は求人数が多いエージェントを利用するのも効果的です。

ねこくん
Webデザイナーとして経験が数年ある場合は年収アップも見込めますので、交渉力があるエージェントが心強いですよ!
フリーランスも視野に入れる場合
フリーのWebデザイナーとして実力を試してみたいという場合は「レバテッククリエイター」などで相談してみましょう。ただ、Webデザインのスキルだけで活躍していくのは難しいので、Web関連の幅広い知識を身につけましょう。

ねこくん
状況別のエージェントの選び方は以上になります。簡単にまとめてみますね!
選び方まとめ
  • 業界未経験・・・求人数が多いエージェントやサポートが丁寧なエージェントを選ぶ
  • キャリアアップ・・・年収アップ率が高く、求人の質が高いエージェントを選ぶ
ねこくん
ここからは状況別にオススメの転職エージェントを厳選してご紹介いたします!

【未経験者必読】Webデザイナーに転職する前に知っておきたい必須知識

ねこくん
実務未経験の人向けにWebデザイナーの転職で知っておきたい基礎知識を解説します!

見たいところをタップ!

Webデザインの基本的な流れ

ねこくん
転職後に思っていたのと違う・・・とならないように、基本的な仕事内容を把握しておきましょう!

Webデザイナーの仕事の流れを簡単にまとめてみました。※ 企業によって異なる部分が多いので、参考程度にしてください。

STEP.1
構成・レイアウト決め
ミーティング

クライアントの要望をもとにWebサイトの大まかなレイアウトや配色、キービジュアルなどを決めます。

STEP.2
クライアントに確認
ミーティング

Webサイトの大まかなレイアウトが決まったら、実制作に入る前にクライアントに確認します。

STEP.3
素材作成
クリエイター

構成に関してOKが出たら、次はIllustratorやPhotoshopを用いてバナー画像やアイコンなどを作成します。

STEP.4
コーディング
コーディング

HTMLやCSS、JavaScriptなどを用いてWebサイトを構築していきます。

分業が進んでいる会社だと『マークアップエンジニア』や『フロントエンドエンジニア』がこの作業を担当する場合があります。

STEP.5
クライアント確認・納品
納品

基本的には完成までに何度かクライアントのチェックが入ります。

Webデザイナーは1ピクセル単位での修正を求められるので、正確な作業が求められます。

業務内容は企業によって異なる場合が多く、レイアウトや構成は『Webディレクター』が担当し、Webデザイナーは素材の作成のみといった場合もありますので注意が必要です。

そもそもWebデザイナーは未経験からなれるの?

田中くん
そもそもWebデザイナーって未経験からなれるものなの?
ねこくん
アシスタントからの募集などもあるので未経験でもなれますよ!ただ、まったく知識がないというのは避けたいですね。

最近では『テックキャンプ デザイナー転職』のように、就職までサポートしてくれるWebデザインスクールも増えています。

お金と時間がかかってしまいますが、スクールに通うというは確実な方法でもあります。

ねこくん
ただ、アルバイト採用やアシスタント採用で業界に入れれば現場で学べるので、こちらの方がスキルアップの近道になることが多いです。

いずれの場合も自らWebデザインについて学ぶことは大切ですので、「Webデザイナーを目指す人にオススメの本12選」などを参考に学習を進めてくださいね。

WebデザイナーとUIデザイナーの違いは?

田中くん
WebデザイナーってUIデザイナーとはどう違うの?
ねこくん
どちらもデザインをするという点は共通していますが、専門性が異なります。
UI (User Interface)
ユーザー・インターフェースの略。製品とユーザーが触れる部分(アプリの画面など)を指します。

各職種の違い

  • Webデザイナー・・・基本的にはWeb媒体のデザインをする
  • UIデザイナー・・・アプリのUIデザインも行う。
ねこくん
Webサイトの見た目も「ユーザーとの接点」なのでUIと言えますが、WebデザイナーはアプリのUIを担当しないことも多いです。定義は企業によって異なりますし、曖昧なので注意しましょう。

Webデザイナーの平均年収は?

年齢平均年収
20代349万円
30代550万円

データ参考 : マイナビエージェント

20代のWebデザイナーの平均年収は低い水準ですが年収アップ率は高く、30代での平均年収は550万円となっています。

Webデザイナーは女性の平均年収が高いことが特徴的ですが、理由としては、男性の場合『Webプロデューサー』や『Webディレクター』へとキャリアアップしていくことが挙げられます。

一方、女性の場合は色彩感覚などを活かしてデザインの現場でキャリアを積む傾向があります。

ねこくん
化粧品や美容系のサイトなど、女性ならではの感性が活かせる場面が多いので、女性は特にWebデザインの現場で活躍できます。

最近でクラウドソーシングなどで簡単に外注できるようになり、Webデザイン自体の低価格化が進んでいるため、企業によって給与に差があるのは確かです。

そのため、平均年収に比べて明らかに低いと感じる場合は積極的に転職を考えるべき職種だと言えるでしょう。

Webデザイナーの将来性は?

田中くん
Webデザイナーの将来性はどうなのかな?
ねこくん
将来性に不安が残りますが、よりマルチなスキルを身につけることで長期的な活躍ができる職業です。

Webスクールなどが増えるにつれて、Webデザイナーになる敷居は大きく下がり、競争も激化しています。

wix
また、無料でそれなりのWebサイトが作れるサービス(Wixなど)が出てきたため、案件の単価は低下傾向にあります。

そのため、Webデザイナーとして年収アップを目指す場合は、プログラミングやマーケティングなどWeb関連の幅広い知識を身につけましょう。

ねこくん
近年はWebサイトに動画を用いることも増えてきたので、映像の知識を持っておくと武器になりますね!

Webデザイナーに必要な知識・スキル

Webデザイナーに必要なスキル

田中くん
Webデザイナーになるのに資格は必須なのかな?どんなスキルが必要?
ねこくん
資格よりもデザインの基礎知識やデザインソフトを使いこなすスキル・経験が重視されますよ!

Webデザイナーに資格は必須ではありませんが、未経験から知識を身につけたい場合や基本を身につけたい場合には、Photoshop/Illustratorクリエイター能力認定試験やウェブデザイン技能検定を受けてみることをおすすめします。

ねこくん
また、Webデザイナーとして欠かせないスキルやマインドとしては以下のようなものがあります。

スキル・マインド

  • デザインの基礎知識
  • デザインソフトのスキル
  • コミュニケーション能力
  • ユーザー目線に立つ

実務未経験者の方にオススメの転職エージェント3つ

ねこくん
ここからは未経験からWebデザイナーを目指す人にオススメの転職エージェントを厳選3つご紹介いたします。ざっくり特徴をまとめてみました。
業界未経験者におすすめ
ワークポート総合型だがIT業界に強い。
転職決定数が多く、スピード転職向き
リクルートエージェント特化型ではないが、20万件を超える圧倒的な求人数。
情報が豊富なので転職者は登録必須。
Webist派遣などの取り扱いもある。
比較的新しいエージェント
併用は必須
担当者との相性が悪かった場合や、各社の独占求人を逃さないためにも必ずエージェントを2~3社併用しましょう
田中くん
それぞれに特徴があるみたいだね!重視するポイントによって使い分けたいな。
ねこくん
そうですね!ここからは各エージェントのメリットやデメリットを1社ずつ解説していきますね。

タップでジャンプ

ワークポート|特化型では無いがIT・Webに強い

ワークポート
求人対応エリア
全国
サービス名ワークポート(WORKPORT)
公式サイトhttps://www.workport.co.jp/
運営会社株式会社ワークポート
対象年代年齢制限なし
対象者全業種・職種
利用料金無料
公開求人数26,292件
非公開求人数非公開
書類添削あり
面接指導あり
面談可能時間平日(9:00~21:30)
土日は応相談
電話面談可能
ワークポートの拠点
東京
(大崎)
東京都品川区大崎1-2-2
アートヴィレッジ大崎
セントラルタワー9F・6F
東京
(秋葉原)
東京都千代田区岩本町2-15-10
ニュー山本ビル7F
東京
(立川)
東京都東京都立川市曙町2-8-29
村野ビル7F
横浜神奈川県横浜市西区北幸1-11-11
NMF横浜西口ビル 6F
埼玉埼玉県さいたま市大宮区大門町3-82
大宮大門町MIIビル 6F
千葉千葉県千葉市中央区弁天1-15-3
リードシー千葉駅前ビル 7F
仙台宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-22
宮城野センタービル4F
名古屋愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13
いちご丸の内ビル 8F
京都京都府京都市下京区真苧屋町207番地
ネオフィス七条烏丸 4F
大阪大阪府大阪市中央区平野町2-3-7
アーバンエース北浜ビル14F
神戸兵庫県神戸市中央区京町69
三宮第一生命ビルディング 11F
岡山岡山県岡山市北区本町6-30
第一セントラルビル2号館5F
広島広島県広島市中区紙屋町2-2-2
紙屋町ビル9F
福岡福岡県福岡市中央区天神1丁目3−38
天神121ビル7F

ワークポート』は、「株式会社ワークポート」が運営する転職エージェントです。

ワークポートは10年以上に渡ってIT分野専門の転職エージェントを行ってきましたが、2014年に総合型に幅を広げました。

そのため、IT・Webといった分野では圧倒的な取引実績を誇ります。

ワークポートは、リクナビNEXT主催『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア主催『doda Valuable Partner Award2017』にて、数ある転職エージェントの中から「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれており、マッチングに優れたエージェントだと言えるでしょう。

ねこくん
ワークポートのメリット・デメリットは以下の通りです。
デメリット
  • スピード感を重視するあまり、質より量になっている
  • 事務的なやりとりが多い
メリット
  • IT・Web系の転職に強い
  • スピード感のある転職活動が可能
  • 他社に比べて登録が簡単

スピード感に関しては賛否両論ですが、IT・Web業界を志望している人の満足度は高い傾向にあるので、IT・Web業界を目指すなら必ず利用するべきエージェントです。

公式https://www.workport.co.jp/

リクルートエージェント|求人数No.1

リクルートエージェント
求人対応エリア
全国
サービス名リクルートエージェント
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
運営会社株式会社リクルートキャリア
対象年代年齢制限なし
対象者全業種・職種
利用料金無料
公開求人数163,526件
非公開求人数154,345件
書類添削あり
面接指導あり
面談可能時間平日(10:00~19:30)
土(10:00~18:00)
日(10:00~17:00)
電話面談可能
リクルートエージェントの拠点
東京
(丸の内)
東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
東京
(立川)
東京都立川市曙町2-34-7
ファーレイーストビル7F
横浜神奈川県横浜市西区高島2-19-12
スカイビル 16階
埼玉埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5
大宮ソニックシティビル 25階
千葉千葉県千葉市中央区新町1000番地
センシティタワー 7階
北海道北海道札幌市中央区北四条西5-1
アスティ45ビル 10階)
仙台宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1
仙台トラストタワー 11F
宇都宮栃木県宇都宮市大通り4-1-18
宇都宮大同生命ビル 1F
静岡静岡県静岡市駿河区南町18-1
サウスポット静岡 5階
名古屋愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
JRセントラルタワーズ42階・43階
京都京都府京都市下京区四条通室町東
入函谷鉾町88K・I四条ビル 4階
大阪大阪府大阪市北区角田町8-1
梅田阪急ビルオフィスタワー 31F
神戸兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10
井門三宮ビル 4階
岡山岡山県岡山市北区駅元町1-6
岡山フコク生命駅前ビル 4階
広島広島県広島市中区八丁堀14-4
JEI広島八丁堀ビル 10階
福岡福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3
リクルート天神ビル 6階

リクルートエージェント』は、「株式会社リクルートキャリア」が運営する総合型転職エージェントです。

Web業界に特化している訳ではありませんが、リクルートエージェントは求人案件・内定決定数ともに業界NO.1の転職エージェントなので、保有案件のジャンルは幅広いです。

2018年は4万7000名の転職成功を実現しており、圧倒的な転職支援実績を誇ります。

メリット
  • 求人数が圧倒的に多い
  • 幅広いジャンルの求人取扱いがある
  • 地方へのUターン転職にも利用できる
デメリット
  • 担当者の質にムラがある
  • 流れ作業のように感じることがある

対応が流れ作業になってしまうのは、多くの求職者を抱えている大手なので仕方ない部分でもあります。

とはいえ、リクルート経由でしか応募できない企業などもあるので、情報収集だけでも登録してみる価値はあるでしょう。

公式https://www.r-agent.com/

Webist(ウェビスト)|派遣などの求人も

Webist
求人対応エリア
全国(東京がほとんど)
サービス名Webist
公式サイトhttps://webist-cri.com/
運営会社株式会社クリーク・アンド・リバー社
対象者Web業界を志望する人
対象年代20~49歳
利用料金無料
公開求人数5,089件
非公開求人数非公開
書類添削あり
面接指導あり
面談可能時間平日(10:00~20:00)
電話面談可能
面談可能な拠点
東京東京都港区新橋四丁目1番1号
新虎通りCORE
大阪大阪府大阪市中央区南船場3丁目5番8号
オーク心斎橋ビル8階

Webist』はクリエイターの人材事業を展開しているクリーク・アンド・リバーが運営するWeb・広告/出版業界に特化した転職エージェントです。

未経験歓迎求人も多く、公式サイトでのコラムでも未経験からWebデザイナーになった人のインタビューも掲載されています。

そのため、業界経験のあり/なし問わずWeb業界志望なら利用しやすいエージェントです。

メリット
  • 雇用形態の選択肢が広い
  • イベントやセミナーが豊富
  • 大手・有名企業の求人が多い
デメリット
  • すべてが正社員求人という訳ではない
  • 求人がほとんど東京

求人がほとんど東京都というデメリットがあり、雇用形態は派遣や契約社員、請負など様々です。(もちろん正社員もあります)

Webistはリニューアルされたのが2018年と最近で、まだまだ利用者数も少ない穴場のエージェントと言えます。

メインで利用するには少し頼りないですが、東京勤務で他社と併用する形なら情報収集に役立つでしょう。

公式https://webist-cri.com/


ねこくん
未経験向けのエージェントは以上になります。簡単にまとめてみますね!
業界未経験者におすすめ
  1. ワークポート|特化型では無いがIT・Webに強い
    https://www.workport.co.jp/
  2. リクルートエージェント|求人数No.1
    https://www.r-agent.com/
  3. Webist|派遣などの求人も
    https://webist-cri.com/
複数登録がおすすめ
転職エージェントは3社程度登録すると転職成功率がグッと上がります。登録は少々面倒ですが、いくつか併用することで自分に合うエージェントを効率よく探しましょう。
例えば、求人数がNo.1の『リクルートエージェント』やIT・Webに強い『ワークポート』など、転職エージェントごとに特徴があるので、できる限り登録して比較することが転職成功につながります。

Webデザイナー経験者にオススメの転職エージェント3つ

ねこくん
ここからはWeb業界経験者がWebデザイナーを目指す場合にオススメの転職エージェントを厳選3つご紹介いたします。ざっくり特徴をまとめてみると以下のようになります。
経験者におすすめ
ギークリーサポートが手厚く、年収アップ率が75%
マイナビクリエイターマイナビ運営。
大手求人が豊富
レバテックキャリア求人の質が高い。
年収500万円以上の高年収案件多め
併用は必須
担当者との相性が悪かった場合や、各社の独占求人を逃さないためにも必ずエージェントを2~3社併用しましょう
ねこくん
ここからは各エージェントのメリットやデメリットを1社ずつ解説していきますね。

タップでジャンプ

ギークリー|サポートが手厚く、マッチングの精度が高い

ギークリー
求人対応エリア
東京/神奈川/埼玉/千葉
サービス名Geekly(ギークリー)
公式HPhttps://geekly.co.jp/
運営会社株式会社Geekly
対象年代20代~50代
対象者IT・WEB・ゲーム業界
を志望の人
利用料金無料
公開求人数約8,800件
※2019年12月時点
非公開求人数約10,000件
※2019年12月時点
面談場所東京都渋谷区渋谷1-11-8
渋谷パークプラザ4F
面談可能時間平日・土日
(11:00~19:30)
電話面談可能

ギークリー』は、株式会社ギークリーが運営する、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

ギークリーは、リクルートキャリア社が主催する転職エージェントランキング「リクナビNEXT GOOD AGENT RANKING」において、2019年度上半期の総合満足度部門で第1位を獲得した実績を持ちます。(2019年4月時点)

求人の質やマッチングの精度、サポート体制にこだわりがあり、顧客満足度が非常に高いのが特徴です。

メリット
  • 紹介求人の満足度が高い
  • マッチングの精度が高い
  • 75%が年収アップしており、交渉力が高い
デメリット
  • 地方の転職には弱い
  • ワークポートなどに比べると求人数が少ない

デメリットとしては、『ワークポート』や『リクルートエージェント』に比べると求人数が少ない点と、首都圏以外の転職には弱い点が挙げられます。

とはいえ、特化型転職エージェントとしては求人数も多いほうですし、年収アップ率が高いので、IT・Web業界で年収アップを狙う人は利用すべきエージェントです。

公式https://geekly.co.jp/

マイナビクリエイター|大手求人が豊富

マイナビクリエイター
求人対応エリア
東京/大阪/愛知/福岡近郊(ほとんどが東京)
サービス名マイナビクリエイター
公式HPhttps://mynavi-creator.jp
運営会社株式会社マイナビワークス
対象年代年齢制限なし
(20代~30代中心)
対象者IT・WEB・ゲーム業界
で転職したい人
利用料金無料
公開求人数1,956件
非公開求人数非公開
書類添削あり
面接指導あり
面談可能時間平日
(9:15~17:45)
面談場所東京都新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー27F
電話面談可能

マイナビクリエイター』は、大手人材広告企業である「株式会社マイナビ」が運営する、Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

クリエイター専門の転職エージェントとして、マイナビのコネクションをフル活用した転職サポートが大きな強みです。

メリット
  • 高い専門性を持ったキャリアアドバイザーが在籍
  • 量より質の高いマッチング力
  • 大手へのキャリアアップに強い
  • ポートフォリオ作成のサポートが手厚い
デメリット
  • 公開求人数が少ない
  • 熱心な担当者が苦手な場合は合わない

業界に特化しているだけあって、Web・ゲーム業界への高い専門性を持ったキャリアアドバイザーが多いです。

また、量より質を重視しているため、1人1人への手厚いサポートが魅力的です。

ポートフォリオ作成指導や作成支援ツールの提供なども行っているため、ポートフォリオの作成が必要なWebデザイナーとの相性は抜群でしょう。

公式https://mynavi-creator.jp

レバテックキャリア|求人の質が高い

レバテックキャリア
対応エリア
東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/奈良/兵庫/福岡/滋賀
サービス名レバテックキャリア
公式HPhttps://career.levtech.jp
運営会社レバテック株式会社
対象年代20代~40代
対象者IT・WEB業界志望の人
利用料金無料
公開求人数3,781件
非公開求人数非公開
書類添削あり
面接指導あり
面談可能時間平日(10:00~20:00)
土(10:00~16:00)
電話面談可能
レバテックキャリアの拠点
東京東京都渋谷区渋谷2-24-12
渋谷スクランブルスクエア 24F・25F
横浜神奈川県横浜市神奈川区金港町3-1
コンカード横浜3F
大阪大阪府大阪市北区堂島1-5-30
堂島プラザビル8F
福岡福岡県福岡市中央区天神1-1-1
アクロス福岡 12F

レバテックキャリア』は、レバレジーズ株式会社が運営するIT・Web業界に特化した転職エージェントです。

技術職に特に強いため、IT・Web業界志望の中でもエンジニアやデザイナーと相性が良いエージェントでしょう。

メリット
  • コンサルタントの業界知識が豊富
  • エンジニアの転職に強い
  • 一人ひとりを大事にする転職支援
  • 年収500万円以上の案件が豊富
デメリット
  • 求人数が少ない
  • 熱心な担当者が苦手な場合は合わない

全体の求人数は『ギークリー』など他の特化型エージェントに劣りますが、コンサルタントは業界知識が豊富なので、言語や開発環境と言った技術的な話も通用しやすいでしょう。

そたのめ、高年収を狙う人や専門的な相談をしたい人にはおすすめできるエージェントです。

公式https://career.levtech.jp


ねこくん
キャリア向けのエージェントは以上になります。簡単にまとめてみますね!
経験者におすすめ
  1. ギークリー|サポートが手厚く、マッチングの精度が高い
    https://geekly.co.jp/
  2. マイナビクリエイター|大手求人が豊富
    https://mynavi-creator.jp
  3. レバテックキャリア|求人の質が高い
    https://career.levtech.jp
複数登録がおすすめ
転職エージェントは3社程度登録すると転職成功率がグッと上がります。登録は少々面倒ですが、いくつか併用することで自分に合うエージェントを効率よく探しましょう。
例えば、求人数がNo.1の『リクルートエージェント』やサポートが丁寧な『パソナキャリア』など、転職エージェントごとに特徴があるので、できる限り登録して比較することが転職成功につながります。

Webデザイナーが転職エージェントを使うべき理由

田中くん
どうして転職エージェントを利用すべきなの?普通の転職サイトじゃダメなのかな?
ねこくん
必ずしもダメという訳ではありませんが、Web業界はブラックも多いので、可能な限り転職のプロに相談しましょう!
後悔
Web業界は会社によって働き方がまったく異なることが多いです。給与が安く、サービス残業が多い企業もあります。

転職サイトに掲載されている求人は甘い言葉が並んでいることが多く、入社後に「話が違う」と感じるケースもあります。

ねこくん
一方、転職エージェントでは希望条件に沿って紹介してくれるため、ブラック企業に引っかかりにくいというメリットがありますよ!

転職エージェントでは、具体的に以下のようなサポートを無料で受けられます。

サポートしてくれる
  • キャリア相談
  • 希望条件にあった求人紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • ポートフォリオの指導(エージェントによる)
  • 推薦状であなたの魅力を伝えてくれる
  • 面接対策
  • 面接日程の調整
  • 給与・入社時期の調整
  • 退職・入社サポート
  • 入社後のアフターフォロー
田中くん
無料でこんなにサポートしてくれるんだね!
ねこくん
はい!エージェントを使い倒して、効率よく転職活動を進めていきましょう!

Web業界の転職エージェントを最大限に活用する方法

ねこくん
次に、転職エージェントを最大限に活用する方法を解説します!

自分に合った転職エージェントを見つけても、活用できなければ意味がないので事前にチェックしておきましょう。

1.複数のエージェントに登録していることを伝える

転職エージェントの併用は各社の非公開求人を比較できるため成功に不可欠です。

もし複数のエージェントを利用している場合、必ず事前に伝えるようにしましょう。

転職エージェントの仕組み
転職エージェントは企業へ人材を紹介し、半年~1年ほど勤務を継続した後に成功報酬として紹介料をもらうビジネスモデルです。

自社で利益を出すためにも、エージェント側からすると他社に移って欲しくはないというのが本音です。

ねこくん
事前に伝えておくと、他社で内定して欲しくない!という思いからサポートが手厚くなる可能性もありますからね。

また、事前に話しておくことで、他社で内定が出たときもスムーズに伝えられますし「他社ではこんな条件の求人があったけど?」など比較した質問も可能になります。

2.スキルや経験を嘘なく伝える

ねこくん
キャリアアドバイザーからすると、誤った情報を伝えられた場合、適切な転職先を紹介することが困難になってしまいます。
悩む
うつ病で休職した過去や、これまであまり目立った仕事をしていない・・・という場合でも正直に伝えましょう。

キャリアアドバイザーはあなたに「いい転職先を見つけてほしい」と考えていますので、状況に応じた対応が可能になります。

体験談
「このソフトは実務経験があります」という相談者。内定後、実は学生時代に少し触った程度だったということが発覚。即戦力を求めていた企業からは内定取り消しになるという事態がありました。
ねこくん
内定取り消しなどになると「あなた、企業、担当者」全員にとってマイナスしかないので、必ず経歴やスキルに嘘はつかないようにしましょう。

3.希望条件をしっかり伝える

ねこくん
自分の希望条件がハッキリしていないと、キャリアアドバイザーもどんな案件を紹介していいか困ってしまいます。

業界・職種の他に、ある程度の希望条件を明確にしておくことは大切です。

明確にしておくといいこと
  • 今後どういった仕事につきたいのか
  • 希望勤務地
  • 希望年収(希望と最低ライン:400万以上~など)
  • 年間休日や残業の有無

こういった条件を初回の面談や電話連絡で伝えておけば、キャリアカウンセリングがスムーズに進みます。

「希望条件や求める価値観がわからない」という人は一度自己分析をしてみましょう。エージェントによっては自己分析をサポートしてくれる場合もあります。

4.レスポンスは早めに。スケジュールを守る

担当者からの連絡

ねこくん
書類の提出などのスケジュールを守り、素早くメールの返信などをすることで自分と担当者にとって大きなメリットがありますよ!
メリット
  • 担当者に誠実に仕事ができる人という印象を与えられる
  • 担当者はあなたを約束事が守れる人として企業に推薦できる
  • スケジュールを守ることでお互いスムーズに進めることができる

キャリアアドバイザーは多くの転職希望者の対応をしているため、レスポンスが悪い人は後回しになりがちです。

スムーズに転職活動を進めるためにも連絡はこまめにしましょう。(少なくとも2週間に1度は連絡を取る)

5.担当者との相性が悪い場合はすぐに切り替える

ねこくん
人間同士のやりとりなので、どうしても担当者との相性が悪い場合があります。
良いアドバイザーと悪いアドバイザーの特徴は下記の通りです。
良いアドバイザー
  • 求人や転職の押し付けをしない
  • 希望条件に合った求人を紹介してくれる
  • キャリアプランを親身に考えてくれる
  • 志望業界・職種に関しての深い知識がある
  • あなたの良いところを企業に伝える力がある
  • 年収・面接日程などの交渉力がある
悪いアドバイザー
  • キャリアカウンセリングが浅い、ヒアリングをしない
  • 内定が出やすい求人ばかり提案する
  • 連絡が遅い
  • 調整力がなく、面接のブッキングが起こったりする
  • 業界や職種に関しての知識が薄い

良い・悪いアドバイザーには上記のような特徴がありますが、ほかにも性格の不一致などの可能性もあります。

信頼できない担当者の元で転職活動を進めるのは、失敗に繋がるだけでなく、大きな時間のロスになります。

担当者には情を移さずに、相性が悪いと感じたらすぐに担当者を変更するか、他のエージェントに切り替えましょう。

6.必ず主導権は自分が持つ

STOP

ねこくん
キャリアアドバイザーは転職のプロですが、言われるがままに転職を決めるというのはよくありません。

キャリアアドバイザーのアドバイスがすべて正しいというわけではありませんので、企業に応募する際などは必ず自分で決断するようにしましょう。

流されて転職をすると転職失敗につながりやすくなるだけではなく、「あのアドバイザーのせいで・・・」というように他人に責任転嫁することになります。

ねこくん
自分の人生なので自分で責任を負うというスタンスで転職活動をするのが転職エージェントを使い倒すコツです!

7.面接後にフィードバックの確認を依頼する

面接

面接終了後には必ず担当者に企業側からのフィードバックをもらうようにお願いしましょう。

具体的に確認するポイントは以下の2つです。

  • 企業側が評価したポイント
  • 企業側が懸念したポイント
ねこくん
簡単にいえば、面接で企業側がどこを評価して、どこが心配だったのかを知りましょうということですね!
田中くん
企業側からの意見が聞けると、次の面接への修正ができるね!

ひとりで転職活動をしていると、企業側からのフィードバックはもらえないので、エージェントを利用しているからこそのメリットです。

もし面接で落ちてしまったとしても、フィードバックをもらって修正することで次の面接での内定率をアップさせることができますよ!

注意
守秘義務を設けている企業の場合はフィードバックをもらえないことも。(金融や外資系に多め)
また、フィードバックをしない決まりのエージェントもあるので注意しましょう。

田中くん
あくまで転職するのは自分だから、責任をもって活動したいね!
ねこくん
転職エージェントはあくまでサポートをしてくれる存在なので、本人の気持ちが転職成功には1番大事な要素ですね。エージェントを活用するポイントをおさらいしましょう!

【図解】Web業界に強い転職エージェント利用の流れ

ねこくん
実際に転職エージェントを利用する前に、どんな流れで転職活動が進んでいくのか把握しておきましょう。

転職エージェント利用の流れ

STEP.1
公式WEBサイトから登録
エージェントに登録

『転職サイト』や『転職エージェント』『派遣』など複数のサービスを展開している企業もあるので、事前にどのサービスなのか確認しておきましょう。

サービス登録時には履歴書や職務経歴書が不要なケースが多いです。

STEP.2
担当者と面談日程の調整
担当者からの連絡

登録後は数日以内に担当者から電話やメールで連絡が届きます。最近ではSkypeやLINEでやり取りができるエージェントも増えています。

ヒアリング内容はざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 転職時期(未定でもOK)
  • 希望年収
  • 希望する業界・職種など

所要時間は5~10分程度で、次にキャリアカウンセリングの日程調整に入ります。

※エージェントによっては初回のヒアリングを面談時に行うこともあります。

STEP.3
担当者とキャリアカウンセリング
キャリアカウンセリング

予約していた時間にエージェントの拠点を訪問し、カウンセリングを受けます。(時間・場所の都合が合わない場合は電話面談)

初回の面談で話すことは多いのは下記のテーマです。

  • これまでのキャリア・経験
  • 強みになるポイント
  • そもそも転職すべきか
  • どんな企業が選択肢になるか
  • 通勤時間や残業の有無など希望条件のすり合わせ
STEP.4
求人紹介を受ける
求人紹介

希望条件にあった求人を紹介してもらえます。

各社に独占求人があるため、複数社に登録して求人を見比べるようにしましょう。

STEP.5
履歴書・職務経歴書など応募書類の添削
キャリアカウンセリング

志望企業が決まったら、応募書類の添削をしてもらえます。

サポートの程度はエージェントによりますが、手厚い場合は書類添削のための時間が設けられたり、複数回添削してくれることがあります。

エージェントによってはポートフォリオの指導をしてくれることもあります。

STEP.6
志望企業への応募(書類選考)
書類選考の通過

応募書類が完成したら実際に企業へ応募します。担当者が推薦文を添えてくれるので、あなたの魅力が志望企業に伝わりやすくなります。(転職エージェントならではのメリット)

応募後は遅くとも2週間ほどで選考結果が出ます。

STEP.7
面接対策を受ける
相談

志望企業の採用担当者がどんな人を好むのかなど、これまでの傾向からアドバイスをしてもらいます。

また、今のスキルや経験からどのようにアピールすれば効果的か指導してくれます。

希望すれば模擬面接を受けられるケースが多いので活用しましょう。

STEP.8
担当者に日程を調整してもらい、希望企業での面接
面接

希望日程に沿って担当者が企業側と面談日程の調整をしてくれます。

面接練習を活かして効果的にアピールしましょう。

面接に落ちてしまった場合でも、担当者が企業側からフィードバックを受けているケースが多いため、次の面接時の参考にすることができます。

STEP.9
内定獲得。担当者に給与交渉や入社日の調整をしてもらう
内定獲得

担当者が希望条件をもとに給与交渉や入社日の調整をしてくれます。

入社日は会社側との相談次第で臨機応変に対応できる場合が多いので、必ず希望を担当者に伝えましょう。

STEP.10
退職手続き〜入社
退職

もし退職時にトラブルがあったり、入社後に不安なことがあれば担当者に相談することも可能なので最後まで安心です。

エージェントによっては入社後に定期的な声がけがある場合もあります。

【まとめ】Webデザイナーにおすすめの転職エージェント

ねこくん
今回は、Webデザイナーへの転職を目指す人に向けてオススメの転職エージェントをご紹介しました!
田中くん
どのエージェントも無料で利用できるから気軽に利用できるね!

せっかく魅力的な転職エージェントを選んでも、担当キャリアアドバイザーの質によって転職活動の成功が左右されては元も子もありません。

ねこくん
リスクを回避するためにも、なるべく複数の転職エージェントに登録し、合わなければ他社と気軽に利用するのが良いですね。
最後に、今回ご紹介したエージェントをおさらいしておきます!
実務未経験者におすすめ
  1. ワークポート|特化型では無いがIT・Webに強い
    https://www.workport.co.jp/
  2. リクルートエージェント|求人数No.1
    https://www.r-agent.com/
  3. Webist|派遣などの求人も
    https://webist-cri.com/
経験者におすすめ
  1. ギークリー|サポートが手厚く、マッチングの精度が高い
    https://geekly.co.jp/
  2. マイナビクリエイター|大手求人が豊富
    https://mynavi-creator.jp
  3. レバテックキャリア|求人の質が高い
    https://career.levtech.jp

上記の転職エージェントをうまく有効活用して、ぜひ転職活動をスムーズに進めて下さいね。

もっとエージェントを知りたいなら
上記以外の転職エージェントに関しては、『転職エージェントおすすめランキング』で紹介しています。
ねこくん
あなたの転職が成功することを祈っています!
もしなにか不安なことや質問がございましたら、 LINE @biblecareerから気軽にご質問くださいね。