100冊読んでわかったWebデザイナーを目指す人にオススメの本12選

読み手に優しいサイトを目指します

今回は未経験からWebデザイナーになった「はぎちゃん(仮名)」さんに体験談を投稿していただきました。
はぎちゃんさんのプロフィール
  • 名前: はぎちゃん
  • 年齢  : 26歳
  • 住まい : 埼玉県
  • 最終学歴 : 大卒
  • 職歴 : 営業職→Webデザイナー
読者のみなさま、初めまして。はぎちゃんと申します。

このページでは僕がWebデザインを学ぶうえで役に立ったと思う書籍をご紹介します。

Webデザインに関する本だけでなく、クリエイティビティに刺激を与えるような本も紹介していきます。

未経験からWebデザイナーを目指すみなさまの参考になれば幸いです。

デザイン力を磨く本

ノンデザイナーズ・デザインブック

「【寄稿】未経験からWebデザイナーになった私が実行したことまとめ」という記事でも触れられていますが、どんな人にでも読んで欲しい一冊です。

デザイナーではない人に向けて書かれた本なので、図と実例を交えて初心者にも分かりやすく解説されています。

個人的にはお役所の人に読んで欲しいと考えています。(役所から送られてくる文書は非常に見辛いことが多いので)

この本にはデザインの基本的な4つの原則が書かれており、これを実践することで「プレゼンのスライド・社内文書・打ち合わせ用資料」など、日常の至る所で見やすいかつ印象的な表現ができるようになるでしょう。

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

デザイナーがどんなことを気にかけて、良いデザイン・悪いデザインをどう判断しているのか。

それを視覚的に、子どもでも分かりやすいように説明した本が「なるほどデザイン」です。

<目で見て楽しむ>と書いてあるだけあって、グラフィカルな表現で非常に分かりやすい。

デザイナー初心者から、経験者まで、デザインに興味がある人なら誰でも楽しめる内容となっており、新米デザイナーを教育する際にも役立つ一冊でしょう。

配色デザイン見本帳 配色の基礎と考え方が学べるガイドブック

「配色デザイン見本帳」では、配色の基礎と考え方がわかりやすく解説されています。

「色選び」が下手だと、それだけで「酷いデザイン」と評価されていますので、カラー知識を身につけるのはデザイナーにとって非常に重要です。

本書で記されている、色の組み合わせの注意点や参考カラーチャートなどが非常に役に立ちます。

まずは「配色の基本ルール」を学習し、気になった配色パターンを試してみることから始めましょう。

タイポグラフィの基本ルール -プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック-

「デザインの良し悪しはタイポグラフィで決まる」と言っていい程、デザイナーには、文字要素である「タイポグラフィ」についての知識が必要不可欠です。

本書ではフォントの基礎知識から、フォントの選び方など実務でも役立つ情報が網羅されているので、タイポグラフィについて学ぶならこの一冊で間違い無しでしょう。

Webデザインを学ぶ本

Web制作

HTML5 & CSS3デザインブック

HTMLとCSSでWebサイトを作るワークフローを学ぶなら、この一冊が最適でしょう。

HTMLとCSSに関しての本は相当数出版されているので、悩んでしまうと思いますが、基礎を学ぶなら本書だけで十分です。(細かな不明点はネットで調べればいいので)

そのくらいHTML / CSSの基礎知識が網羅されているので、Webデザイナーの卵はぜひ購入しておきましょう。

Photoshop / Illustrator 逆引きデザイン事典

PhotoshopやIllustratorといったソフトウェアの知識を得るために、書籍を利用するのは正直オススメできません。

なぜなら、手を動かさないと身につかないことが多いからです。

操作方法に関して学ぶ場合は「Adobeラーニング」の動画講座や、「オンラインブートキャンプ」で学ぶのがオススメ。

とはいえ、一度学んだことでも「あれってどうやるんだっけ・・・」と思うこともしばしばあるので、逆引きで利用できる解説書をおすすめします。

本書では、〜がしたいという疑問点から逆引きで索引できるのが良いところ。

一冊持っておくと、ふとした時に辞書として使えるので便利な一冊です。

確かな力が身につくJavaScript「超」入門

プログラミングの本といえば、難しい言葉を羅列したゴリゴリの専門書というイメージですが、本書はそのような入門書とは一線を画しています。

いきなりコードを学び始めるのではなく、まずは大枠「Javascriptの仕組み」「枠組み」を学び、簡単なプログラムを作成していくという流れ。

大枠を先に学ぶことができるので理解度が深まりますし、習得スピードが大幅にアップするでしょう。

これからJavascriptを始める人にはオススメの一冊。

Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門

Web制作者の間では有名な「ドーナツ本」。

「プログラミングの本で初めて挫折せずに読めた」と評判が高いだけあって、初心者でもかなり分かりやすく解説されています。

とはいえ、詳細まで理解するというよりは、jQueryを使うとどんな表現が可能なのか知ることが大切です。

サンプルファイルも付属しているので、Web制作の参考にしてみましょう。

少々価格が高い気もしますが、ブランクがある方やjQuery初挑戦の方にオススメの一冊です。

あなたのクリエイティビティを刺激する本

クリエイティビティを刺激

ナショナル ジオグラフィック

こちらは雑誌ですが、美しい写真をメインに世界中の様々な問題やテクノロジーについて知ることが出来ます。

ナショナル ジオグラフィックに載っている写真のクオリティは非常に高く、本誌に掲載されることは多くの写真家にとって最高の栄誉だと言われています。

デザイナーをやっていると、素材写真もついでに撮ってくれない?という依頼が多々あります。

そんな時に写真のスキルを身につけておくと、仕事の幅が広がります。

普段から構図のセンスなどを磨き、世界情勢を知るためにも本誌を読んでおくと役立つでしょう。

WIRED

こちらも雑誌ですが、なんといっても内部の紙面構成が非常に美しいです。

見ているだけでレイアウトの勉強になりますが、取り扱っている内容も素晴らしい。

最新テクノロジーを中心とした、サイエンス・エンターテインメント・医療などをテーマにしており、クリエイターが新しい表現方法やアイデアを得るのに最適な一冊です。

注意
2017年12月9日に発売したVOL.30をもって刊行を休止してしまいました・・・

RE DESIGN―日常の21世紀

「RE DESIGN」は、「リ・デザイン展」をもとに編集された著書で、デザインの本質に迫る一冊です。

「既存のもの = 既にデザインされたもの」をデザインし直す(リ・デザイン)という発想がとても面白い。

普段何気なく使用しているものでも、デザイナーの着眼点によって大きく変貌をとげるのは、クリエイティビティに刺激を与えてくれます。

リ・デザインによって更に使いやすくなったりするのも、驚きの1つ。

なぜ、長年このデザインなのか?という視点を持つことが出来るのは非常に大切で、「デザインによって改善できることは想像以上に多いぞ」と気付かされたのを覚えています。


特にこのトイレットペ―パーのリ・デザインが印象に残っています。丸型から四角にすることで、収納スペースの無駄も省けますし、紙の無駄遣いも防ぐことができます。

デザインの本質を学んだり、新たな視点を取り入れたい時に読んでみるべき名著です。

まとめ

今回は、Webデザイナーを目指すにあたってオススメの本を紹介してきました。

「いいデザインを知らなければ、いいデザインは生み出せない」

これは僕の上司に言われた言葉なのですが、まさにその通りです。

手を動かすのも大事ですが、常日頃からインプットを行う習慣をつけることがWebデザイナーを目指すための第一歩です。

今回の記事が読者のみなさまの参考になれば幸いです。

あわせて読みたいコンテンツ

未経験からWebデザイナーになった体験談です。これからWebデザイナーを目指す人の参考になると思います。

未経験からWebデザイナーになる未経験からWebデザイナーになるために実行した7つのこと【体験談】