未経験からWebデザイナーになるために実行した7つのこと【体験談】

未経験からWebデザイナーになる

今回は未経験からWebデザイナーになった「はぎちゃん(仮名)」さんに体験談を投稿していただきました。
はぎちゃんさんのプロフィール
  • 名前: はぎちゃん
  • 年齢  : 26歳
  • 住まい : 埼玉県
  • 最終学歴 : 大卒
  • 職歴 : 営業職→Webデザイナー

ここから体験談

未経験からWebデザイナーになることは可能です。

現在、私はWebデザイナーとしてフリーで独立していますが、専門学校時代は映像を選考していたので、Webは完全に独学です。

Web業界はスキルさえあれば、未経験でも十分に活躍ができる業界なんですね。

今回は、Webデザイン未経験だった私が、Webデザイナーに転職するまでに実行したことをまとめてみたいと思います。

簡単な自己紹介

  • クリエイティブ系の専門学校で映像や写真を学ぶ。
  • デザイン科のWebデザインを見て感銘を受ける
  • 就活の時期に趣味でWordpressの運営を始める
  • 一般の営業職で就職するが、激務 + デザインがやりたくて退職
  • Web業界に転職するため、独学で勉強
  • 業界未経験からWebデザイナーとして就職

まずはデザインの基礎を身につける

Webデザインの勉強を始める前に、デザインの原則を知っておく必要があります。

どんなデザインにも「基本的なルール」があり、それは雑誌・広告・Webなど、どの媒体でも決して変わることはありません。

正直、デザインの基礎を学ばなくても、Webデザイナーになることは可能です。

しかし、小手先の技術を身に着けただけのWebデザイナーは遅かれ早かれ淘汰されてしまいます。

他のWebデザイナーとの差別化を図るためにも、まずはデザインの原則を学びましょう。

まずはデザインの基礎を学ぶ

デザインの基礎を学ぶうちに、Webデザイナー以外の職に興味が湧いてくる可能性もあります。

MEMO
私は元々デザインが好きだったので、雑誌のレイアウトやグラフィックデザイン・フォントについての書籍を読み漁っていましたが、本当に見ておいて良かったと今になって感じます。

デザインの原則を学んでいく前準備として、まずはデザイナーなら必須のグラフィックデザインのソフトを入手しましょう。

1.デザイナー必須のソフトをダウンロードしよう

  • デザイナー必須ソフトはAdobe社の「Photoshop」「Illustrator」
  • Photoshop ⇒ 写真の合成や切り抜き・加工を行う
  • Illustrator ⇒ 写真や文字のレイアウトを行う
デザインの基礎を学んでいく段階では、Illustratorを優先的に学んでいくほうがオススメです。

ソフトを利用する前に、Adobe公式ページの体験版を試してみるのが良いですね。

基本的な操作方法はAdobe TVの動画講座で学びましょう。

私の場合は動画講座に加え、以下の逆引き解説書を辞書代わりに利用して学びました。

とはいえ、全くの初心者ですと複雑な操作方法の段階で諦めてしまいがちですよね。

私も何度か挫けそうになったのでその気持ちはよく分かります。

そのため、基本的なスキルを身につける段階だけでもスクールに通うと効率がいいかもしれません。

主婦の人や仕事で時間がとれない方には「オンラインブートキャンプ」がオススメです。

2.お気に入りのデザインを見つけよう

出典 : 無印良品

「お気に入りのデザイン」を見つけることが、目標設定やモチベーションの維持、そしてデザイナーとしてのレベルアップに不可欠です。

Webデザインに限らず、グラフィックデザインなどでもいいのですが、目標とするデザインを見つけておくと、勉強意欲がアップします。

私は原研哉さんのシンプルかつ余白を大胆に取るデザインが好きで、よくチェックしていましたね。

参考 WORKSHARA DESIGN INSTITUTE

3.デザインの原則・ルールを学ぼう

デザインを学んでいくうえで、とても大事なポイントです。ジャンル問わずデザインに必須の知識を学んでいきましょう。

一見、誰にでもできそうで適当に見えるデザインでも、しっかりとルールに則っているからこそ美しく見えるものです。

デザインの基礎について学ぶ本は多く出版されていますが、私の一番のオススメは「ノンデザイナーズ・デザインブック」です。

デザイナー向けではない人に書かれた書籍のため、初心者の人でも分かりやすく読み進められるでしょう。

ここに書かれている原則を実践するだけで、デザインスキルは大幅に向上します。

4.お気に入りのデザインを真似てみよう

デザインの基礎を学んだら、先ほどの「お気に入りのデザイン」を真似てみましょう。

どれも「デザインの基本的な原則」に則って作られていると思います。

IllustratorやPhotoshopを使って、どんどん模倣作品を作っていきましょう。

「パクリじゃん!」とお思いかもしれませんが、上達への近道は模倣にあります。

気に入ったデザインを真似してみる

実際に自分の作品を作る時は、さまざまな知識を詰め込んでオリジナリティ溢れる作品を作らなければなりません。

その場合にアイデアの種となる「デザインの引き出し」が少ないと苦労します。

できる限りいろいろなジャンルにトライして引き出しを増やしましょう。

Webデザイン(プログラミング)を学ぼう

5.ドットインストールやProgateでHTML・CSSの基礎を勉強

progate

最近は、わざわざスクールに通わなくても無料でプログラミングを勉強できる良い時代です。

実際に私が利用していたのは、「ドットインストール」というサイトで、動画で基礎から学ぶことが可能です。

参考 3分動画でマスターするプログラミング学習サイトドットインストール

また、最近「これはすごいな」と思ったオンライン学習サイトが「Progate」というサイト。

応用編は月額980円ですが、基礎は無料で学ぶことができます。リアルタイムでデザインが反映していくのは学んでいて面白いですよね。

注意
注意点としては、必ず「手を動かしながら」やることです。

動画を見て学んだ気になるのが一番危険ですので、しっかりと覚えましょう。

6.基本的なワークフローを学ぶため、Webサイトを作ってみる

Web制作

基礎的な知識を学ぶことが出来たら、いよいよWebサイトを作ってみましょう。

とはいえ、「どこから手を付けていいかわからない」という人がほとんどだと思います。

そこでまずは書籍に載っているコードを写し書きしていきましょう。

実際に私が使用していた書籍はかなり古いので、最近の本で分かりやすかったものは「HTML&CSS3 デザインブック」です。

本を参考に作っていくのは簡単ですが「なぜこうなるんだろう?」と常に問いかけながら進めていくと、Webデザインスキルが格段にアップします。

ここまでくれば、基本的なワークフローは分かってくると思います。

7.自分の好きなサイトを作ろう。

ここからは、学んだ事を思い出しながら自分好みのWebサイトをデザインしていきましょう。

バナーやグローバルナビのデザインなどは悩むポイントの1つですし、サイトのデザイン全体を考え出すのは非常に難しいです。

そこで役立つのが日々のストックです。

デザインのストックを常に増やす

「このWebページかっこいいな」「このグローバルナビはオシャレだな」というように気に入った箇所があるWebサイトは、どんどんブックマークしておきましょう。

幅広くアンテナを張り、吸収していくことがWebデザイナーには欠かせません。

まとめ

ここまで長々と書いてきましたが、Webデザイン業をやっていて思うことを最後に書いておきますね。

この記事のまとめ

  • 個性は大事だが、基礎はもっと大事
  • 良質なインプットは良質な作品づくりに欠かせない
  • 時代遅れのデザイナーは生き残れない
  • 楽しむことが上達への近道

未経験からWebデザイナーを目指すことは難しいと考える人も多いのですが、努力次第でなんとかなるもんです。

悩んで足踏みしている時間がもったいないので、まずは行動してみることが大事ですね。

あわせて読みたいコンテンツ

以下の記事では、私がWebデザイナーを目指す人におすすめの書籍をまとめていますので、あわせてご覧ください。

読み手に優しいサイトを目指します100冊読んでわかったWebデザイナーを目指す人にオススメの本12選